« “支援の輪”を広げて…犯罪被害者の全国大会開催(27日) | トップページ | 至近距離で発砲、首に命中 北九州の会社役員射殺(27日) »

2011年11月27日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日単位・レベル)

警察は何をしとるのか

【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20111121112127

茨城県内でまた、新たな手口の振り込め詐欺が発生した。取締当局は、何をしているのか!どうも捜査が後手後手になっているような気がしてならない。

 茨城県警取手署が明らかにしたところによると、同県取手市の61歳の女性が振り込め詐欺の被害に遭い、長男を名乗る男に約2400万円をだまし取られたという。

 男は10月14日~11月25日にかけて、借金返済などの名目で約20回にわたり現金を要求。指定した銀行口座に振り込ませたり、都内のコインロッカーに預けさせたりした。結局、被害者が長男にメールをして振り込め詐欺と分かった=産経新聞電子版

 銀行振り込めなら口座を止めれば良い。しかし、都内のコインロッカーに預けさせたというのが気になる。バイク便などを使用したのか、被害者がコインロッカーまで出向いたのかこの原稿では分からないが、いずれにせよ、警察はモタモタしている暇はない。口座凍結でだめなら携帯があるだろう。携帯の通信を止めろ

 振り込め詐欺が振り込めでなく「取りに来る詐欺」から「持ち込み詐欺」に進化している。

 首都東京の体感治安は東京・小平市で強盗傷害事件があったのに続いて27日には東京都世田谷区桜丘の洋菓子店「ヴォアラ」に男が押し入り、レジ内にあった現金約75万円を奪い逃走したが男性店員3人に約40メートル先の路上で取り押さえられた。犯人は64歳の無職男だった。よって「レベル2(ブルー)」の現状とする。

 それにしても北九州市は食品の針混入事件に発砲事件とレベルは悪化しているのが心配だ。

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

« “支援の輪”を広げて…犯罪被害者の全国大会開催(27日) | トップページ | 至近距離で発砲、首に命中 北九州の会社役員射殺(27日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« “支援の輪”を広げて…犯罪被害者の全国大会開催(27日) | トップページ | 至近距離で発砲、首に命中 北九州の会社役員射殺(27日) »