« 「客引きのみかじめ料払え」 山口組系組幹部ら4人、恐喝未遂容疑で逮捕(21日) | トップページ | コンビニ内のごみ箱に乳児 千葉、病院に運ばれ無事(21日) »

2011年10月21日 (金)

被害総額19億円、盗難車を解体作業場に持ち込み売買 ウガンダ人ら56人摘発(21日)

盗んだ自動車の売買を繰り返すなどしたとして、千葉県警などは21日、窃盗や盗品等有償譲り受けなどの疑いで、ウガンダ人を中心とする窃盗グループ56人を摘発したと発表した。県警によると、被害は千葉など周辺5都県で計約1600台、総額約19億円相当に上る。共犯の日本人グループが車を盗み、ウガンダ人が経営する「ヤード」と呼ばれる自動車解体作業場に持ち込んで売買していた。

 県警によると、摘発されたのはウガンダ人15人、ナイジェリア人1人、日本人40人。ヤードを経営していたウガンダ人は、主犯格のウガンダ人の男(43)=盗品等有償譲り受けなどの罪で服役中=を頼って来日。男から盗難車の売買について指南を受けた後に独立経営していた。

 一方、窃盗の実行犯役だった日本人らは経済的に困窮していたため、知り合ったウガンダ人や仲間内で誘われて犯行に加担。ヤード側から車種の注文を受けて車を盗んだり、自ら盗難車を持ち込んだりしていた。

 取り扱われていた車種は「ユニック車」と呼ばれるクレーン付きトラックや、トヨタ製「ハイエース」が多く、摘発を免れるために一度ヤードで解体するなどしてアフリカに輸出していた可能性が高いという。

 平成21年1月に千葉県木更津市内で、盗難車を運転していたヤード経営者のウガンダ人の男(35)が逮捕された際、県警が男の背後関係などを捜査したところ、窃盗グループの存在が浮上した。

Msn_s1_9 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111021/crm11102117150021-n1.htm

 

« 「客引きのみかじめ料払え」 山口組系組幹部ら4人、恐喝未遂容疑で逮捕(21日) | トップページ | コンビニ内のごみ箱に乳児 千葉、病院に運ばれ無事(21日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53049484

この記事へのトラックバック一覧です: 被害総額19億円、盗難車を解体作業場に持ち込み売買 ウガンダ人ら56人摘発(21日):

« 「客引きのみかじめ料払え」 山口組系組幹部ら4人、恐喝未遂容疑で逮捕(21日) | トップページ | コンビニ内のごみ箱に乳児 千葉、病院に運ばれ無事(21日) »