« 独自に「自転車免許」制度化…愛知や岐阜の高校(26日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2011年10月26日 (水)

男児暴行死:8カ月で体重激減 「世話が面倒」父供述(26日)

埼玉県春日部市で5歳の男児が死亡し、父親で元パチンコ店アルバイト、吉田幸生容疑者(27)ら2人が暴行容疑で逮捕された事件で、死亡した今年8月までの約8カ月間で体重が激減していたことが、関係者の話で分かった。吉田容疑者らは「世話をするのが面倒くさかった」と供述しているといい、育児放棄が暴行にエスカレートした可能性もある。県警は保護責任者遺棄や傷害致死の疑いもあるとみて調べている。

 吉田容疑者の長男響ちゃんが死亡した際、体重は10キロ弱しかなく、平均的な5歳児の半分程度だったという。

 春日部市によると、職員が09年3月に容疑者宅を訪ねた際に、3歳だった響ちゃんの体重を量ったところ平均に近い13.5キロだった。また、10年12月に訪問した職員が響ちゃんを抱きかかえた際も体重が減っている様子はなく元気だった。あざなども見あたらなかったという。吉田容疑者らは調べに対し、コンビニのおにぎりやパンなどを1日2回響ちゃんに与えていたと説明しているという。

 一方、響ちゃんが住むマンションの複数の住民は泣き声が今年に入りひどくなったと話している。女性(64)は「7、8月は『入れて、入れて』という声が特にひどかった」、男性会社員(66)も「今年に入りこれまでにないくらいの声で泣いていた」と語った。

 響ちゃんは幼稚園などに通っていなかったため、市職員が小学校への入学準備のため今年5月と7月に吉田容疑者宅を訪問したが、不在だったという。【飼手勇介、田口雅士、山本愛】

毎日新聞 2011年10月26日 15時00分(最終更新 10月26日 15時00分)

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111026k0000e040079000c.html

 

« 独自に「自転車免許」制度化…愛知や岐阜の高校(26日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男児暴行死:8カ月で体重激減 「世話が面倒」父供述(26日):

« 独自に「自転車免許」制度化…愛知や岐阜の高校(26日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »