« 21歳女性の部屋に1日2回も侵入…30歳出頭(26日) | トップページ | 女性被告に不必要に接触 巡査部長を3カ月減給 高知県警(26日) »

2011年10月26日 (水)

女子学生死体遺棄事件から2年に(26日)

島根県浜田市の女子大学生の遺体が広島県の山の中で見つかった事件は、女子大学生の行方が分からなくなってから、26日で2年になり、警察は、JR松江駅などで事件の経過や遺留品について書かれたチラシを配り、事件解決への情報を寄せてほしいと呼びかけました。

浜田市の島根県立大学1年だった平岡都さん(当時19歳)は、おととし10月26日に行方が分からなくなり、その後、広島県内の山中で遺体の一部が見つかりました。島根・広島両県警の合同捜査本部は、これまでに寄せられた2100件余りの情報などを基に、延べ10万人の警察官を投入して捜査を進めていますが、これまで犯人に結びつく有力な情報は得られていません。行方不明から2年の26日、警察は、今月新たに公開した、電話帳を配るのに使われる袋の遺留品について紹介するチラシを、JR松江駅前などで道行く人に配り、事件解決への情報を寄せてほしいと呼びかけました。島根県警察本部の高瀬隆之本部長は、「遺体に付着していた袋を特定し、手応えを感じながら捜査を進めているが、事件が長期化していることは重く受け止めなくてはならない。必ず容疑者を逮捕して、遺族の無念、県民の期待に応えたい」と話しています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111026/k10013516811000.html

 

« 21歳女性の部屋に1日2回も侵入…30歳出頭(26日) | トップページ | 女性被告に不必要に接触 巡査部長を3カ月減給 高知県警(26日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子学生死体遺棄事件から2年に(26日):

« 21歳女性の部屋に1日2回も侵入…30歳出頭(26日) | トップページ | 女性被告に不必要に接触 巡査部長を3カ月減給 高知県警(26日) »