« やっと会えた愛犬、忘れてなかった 福島の被災者(9日) | トップページ | 岡山女性殺害:逮捕容疑者の車庫からノコギリ(9日) »

2011年10月 9日 (日)

首相、拉致家族に「解決するならいつでも訪朝」(9日)

 野田首相は8日、官邸で北朝鮮による拉致被害者家族会の15人と面会した。政府の拉致問題対策本部事務局や家族会によると、首相は「私が(北朝鮮に)行くことで拉致を含めた諸懸案が解決するならいつでも行く」と決意を述べた。

 

 制裁については「制裁しないとは一言も言っていない」として、「あらゆる方策を検討したい」と語った。

 家族会が訪朝や制裁を要望し、首相が答えた。面会後、拉致被害者・田口八重子さんの兄で、家族会代表の飯塚繁雄さん(73)は「条件さえ整えばということだが、自らが(訪朝の)条件を作っていかなければならないという覚悟もあった」と期待を寄せた。増元るみ子さんの弟の増元照明さん(56)も「これまでの2人の総理と違って実のある言い方だった」と話した。

 

« やっと会えた愛犬、忘れてなかった 福島の被災者(9日) | トップページ | 岡山女性殺害:逮捕容疑者の車庫からノコギリ(9日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/52944118

この記事へのトラックバック一覧です: 首相、拉致家族に「解決するならいつでも訪朝」(9日):

« やっと会えた愛犬、忘れてなかった 福島の被災者(9日) | トップページ | 岡山女性殺害:逮捕容疑者の車庫からノコギリ(9日) »