« ストーカー行為の疑い、小学校教諭逮捕(24日) | トップページ | 帰宅男性が殴られ骨折 横浜市の路上で強盗(24日) »

2011年10月24日 (月)

“防犯カメラの死角教えた”(24日)

東京・立川市の警備会社の営業所からおよそ6億円が奪われた事件で、逮捕された元契約社員は「犯行グループに防犯カメラの位置などを伝え、カメラに映らない場所を教えた」と供述していることが、警視庁への取材で分かりました。犯行に使われた車は防犯カメラの死角となる場所に止められていて、警視庁は詳細な内部情報を基に綿密に計画を練っていたとみて調べています。

ことし5月、東京・立川市の「日月警備保障」の営業所で現金およそ6億円が奪われた事件では、元暴力団員など合わせて18人が逮捕されていて、今月21日には警備会社の元契約社員で美容師の東松孝容疑者(44)が営業所の内部情報を漏らしたとして新たに強盗傷害などの疑いで逮捕されました。警視庁によりますと、東松容疑者は、これまでの調べに対して「去年の秋、犯行グループに営業所の見取り図を書いて渡した」などと供述しているということです。その後の調べに対し「防犯カメラの位置や角度を伝え、カメラに映らない場所を教えた」と供述していることが、警視庁への取材で分かりました。こうした情報は、主犯格の元暴力団員を通じて実行役の男らに伝えられたということで、事件当日、犯行に使われた車は、防犯カメラからは死角となる路上に止められていました。警視庁は、詳細な内部情報を基に綿密に計画を練っていたとみて調べています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111024/k10013467921000.html

 

« ストーカー行為の疑い、小学校教諭逮捕(24日) | トップページ | 帰宅男性が殴られ骨折 横浜市の路上で強盗(24日) »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “防犯カメラの死角教えた”(24日):

« ストーカー行為の疑い、小学校教諭逮捕(24日) | トップページ | 帰宅男性が殴られ骨折 横浜市の路上で強盗(24日) »