« 山口の高校に爆破予告電話 生徒が一時避難(11日) | トップページ | 逮捕の夫の農協職員「車で遺体運んだ」 横浜の女性遺体(11日) »

2011年10月11日 (火)

刑の一部執行猶予法案提出へ(11日)

法務省は、初犯で3年以下の懲役刑や禁錮刑を受けた被告人などを対象に、裁判官の裁量で刑の一部の執行を猶予し、服役期間を短くすることができる制度の導入を目指しており、必要な法案を次の臨時国会に提出する方針です。

法務省は、今の制度では、刑事事件の被告人が比較的軽い罪でも実刑判決を受けて服役するケースもあり、よりきめ細かな対応が必要だという指摘があることを踏まえ、裁判官の裁量で刑の一部の執行を猶予し、服役する期間を短くすることができる新たな制度の導入を目指しています。新たな制度は、初犯で3年以下の懲役刑や禁錮刑を受けた被告人や、覚せい剤などの薬物使用で罪に問われ、同様に3年以下の懲役刑や禁錮刑を受けた被告人などが対象です。このうち、薬物使用の被告人については、薬物との関係を断ち切り、再犯を防ぐための指導監督が必要だとして、執行を猶予している期間は保護観察とすることにしています。法務省は、次の臨時国会に、制度の導入に必要な刑法の改正案などを提出する方針です。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111011/k10013167491000.html

 

« 山口の高校に爆破予告電話 生徒が一時避難(11日) | トップページ | 逮捕の夫の農協職員「車で遺体運んだ」 横浜の女性遺体(11日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刑の一部執行猶予法案提出へ(11日):

« 山口の高校に爆破予告電話 生徒が一時避難(11日) | トップページ | 逮捕の夫の農協職員「車で遺体運んだ」 横浜の女性遺体(11日) »