« 埼玉県内で東日本大震災発生以降、電気工具が盗まれる被害が急増 転売目的か(3日) | トップページ | 競技用自転車愛好家が集まる東京・品川区の大井ふ頭で交通違反相次ぐ 警視庁が摘発へ(3日) »

2011年10月 3日 (月)

大牟田4人連続殺害、母親と次男の死刑確定へ(3日)

福岡県大牟田市で2004年9月に起きた4人連続殺人事件で、強盗殺人罪などに問われた無職北村真美(52)、次男の井上(旧姓北村)

孝紘

(

たかひろ

)

(27)両被告の上告審判決が3日、最高裁第2小法廷であった。

 須藤正彦裁判長は死刑とした1、2審判決を支持し、両被告の上告を棄却した。両被告の死刑が確定する。

 判決によると、両被告は、真美被告の夫で元暴力団組長の実雄(67)(1、2審で死刑判決を受け上告中)、長男孝(30)(同)両被告と共謀し、04年9月18日、知人の無職高見小夜子さん(当時58歳)と長男の大学生龍幸さん(同18歳)、その友人の高校生原純一さん(同17歳)を相次いで殺害。その2日前には孝紘、孝両被告が、高見さんの次男の高校生

穣吏

(

じょうじ

)

さん(同15歳)を殺害するなどした。

 

« 埼玉県内で東日本大震災発生以降、電気工具が盗まれる被害が急増 転売目的か(3日) | トップページ | 競技用自転車愛好家が集まる東京・品川区の大井ふ頭で交通違反相次ぐ 警視庁が摘発へ(3日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大牟田4人連続殺害、母親と次男の死刑確定へ(3日):

« 埼玉県内で東日本大震災発生以降、電気工具が盗まれる被害が急増 転売目的か(3日) | トップページ | 競技用自転車愛好家が集まる東京・品川区の大井ふ頭で交通違反相次ぐ 警視庁が摘発へ(3日) »