« 広島市安佐南区のパチンコ店駐車場で女性遺体発見 そばにいた男性から事情聴く(25日) | トップページ | 衆院標的サイバー攻撃 「捜査に国境の壁」発信源特定難しく(26日) »

2011年10月26日 (水)

衆院サーバーに不正アクセス 議員のPC踏み台か メールなど盗み見の恐れ(26日)

衆院議員のパソコンが外部からの攻撃を受け、コンピューターウイルスに感染し、衆院のサーバーが不正アクセスを受けていたことが25日、分かった。サーバー内には国会議員に割り当てられた電子メールのデータなどが保存され、盗み見された恐れがある。衆院は対策本部を設置し、情報流出の解明に乗り出した。防衛産業へのサイバー攻撃が相次いでいるが、同様の攻撃を受けた可能性もある。ただ、8月に被害が発覚していたものの、対応が遅れ危機管理意識の甘さを露呈した。

 衆院事務局によると、ウイルス感染は8月28日頃に判明。サーバーの管理委託を受けた業者が「不正アクセスの痕跡がある」と事務局に通報した。経路を調べたところ、衆院議員3人に貸与したノートパソコンがウイルスに感染していた。議員のパソコンからサーバー自体にウイルスが転移した可能性もある。

 議員側がメールに添付されたウイルスを不用意に開いたことが原因とみられ、大規模な感染拡大を防ぐため、議員のパソコンとサーバー1台をネットワークから切り離したという。

 サーバーには衆院議員や公設秘書、事務局職員の計約2660人分のIDやパスワード、メールなどが保存されている。藤村修官房長官は25日の記者会見で「違法行為が確認されれば、警察が厳正に対処していく」と語った。

 衆院議院運営委員会の庶務小委員会(松野頼久委員長)は対策本部を設置し、各議員にパスワードの変更などを促す方針を決めた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111025/crm11102515180028-n1.htm

 

« 広島市安佐南区のパチンコ店駐車場で女性遺体発見 そばにいた男性から事情聴く(25日) | トップページ | 衆院標的サイバー攻撃 「捜査に国境の壁」発信源特定難しく(26日) »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆院サーバーに不正アクセス 議員のPC踏み台か メールなど盗み見の恐れ(26日):

« 広島市安佐南区のパチンコ店駐車場で女性遺体発見 そばにいた男性から事情聴く(25日) | トップページ | 衆院標的サイバー攻撃 「捜査に国境の壁」発信源特定難しく(26日) »