« ストーカー容疑3度目逮捕 尼崎の男、同じ女性を見張る(5日) | トップページ | 床下に相続した金の延べ棒210本 7億円脱税の罪起訴(5日) »

2011年10月 5日 (水)

「父は韓国人拉致を指揮」脱北者詳述(5日)

石川県沖で小舟で漂流中に保護された脱北者9人のうち、40代男性が「祖父は白南雲(ペクナムン)最高人民会議議長(故人)で、父は対南工作機関幹部だった」と政府の聴取に話していたことが4日、分かった。「父は韓国人拉致を指揮する立場だったが、粛清され、地方に飛ばされた」とも説明したという。

 9人は同日、滞在先の長崎県大村市の法務省施設から空路、韓国に移送された。脱北の動機について「食べるには不自由しなかったが、北朝鮮の閉鎖的な体制に希望が持てなくなった。子供の将来の教育を考え、韓国を目指した」と語っており、韓国当局も脱北の経緯を詳しく聴く方針。

 日本人拉致については「父親からも話を聞いたことがない」と説明しているという。

 白議長の孫といった説明について、政府関係者は「そう話しているだけで裏付けは取れていない。韓国当局の調査を待つ必要がある」としている。

 政府関係者によると、この男性は、9人のうち責任者を名乗る人物。北朝鮮内でも一握りのエリート一家だったと強調。父親は韓国人を多数拉致し、工作員として韓国に再潜入させる工作を指導する立場だったと説明したという。

 父が粛清にあった後、男性は北朝鮮北部の漁大津(オデジン)で軍管轄のイカ漁などをして生計を立て「金に困るような状態ではなかった」という。だが、ひそかにラジオで海外放送を聞いたり、韓国ドラマを見たり、中朝国境地域で携帯電話を使ったりして海外の情報を詳しく知るようになり、脱北を決断したという。

 白議長は日本の大学で学んだ経済学者で北朝鮮の初代教育相などを歴任。1979年に86歳で死亡した。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« ストーカー容疑3度目逮捕 尼崎の男、同じ女性を見張る(5日) | トップページ | 床下に相続した金の延べ棒210本 7億円脱税の罪起訴(5日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/52912380

この記事へのトラックバック一覧です: 「父は韓国人拉致を指揮」脱北者詳述(5日):

« ストーカー容疑3度目逮捕 尼崎の男、同じ女性を見張る(5日) | トップページ | 床下に相続した金の延べ棒210本 7億円脱税の罪起訴(5日) »