« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 青パトで巡回、街の犯罪6割減少(15日) »

2011年10月15日 (土)

時計店に車突入、3分で600万円相当奪い去る 大阪(15日)

15日午前3時10分ごろ、大阪市淀川区十三東3丁目の時計店から「泥棒に入られた」と110番通報があった。車がぶつかってシャッターがこじ開けられ、店内の陳列棚から指輪やネックレスなど計約30点、計約600万円相当がなくなっていた。府警は窃盗容疑で調べている。

 淀川署によると、時計店は2階が住居になっており、事件当時は経営者の女性(79)と息子(51)が寝ていた。「ドーン」という物音で息子が下におりると、白いバンがシャッターに接触して止まっており、すぐに走り去った。この間は3分ほどだったという。

 シャッターの支柱が何らかの器具でねじ曲げられ、隙間ができていた。犯人はここから侵入したとみられ、最も手前の陳列棚だけガラスが割られていた。

続きは朝日新聞デジタルでご覧いただけます

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 青パトで巡回、街の犯罪6割減少(15日) »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時計店に車突入、3分で600万円相当奪い去る 大阪(15日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 青パトで巡回、街の犯罪6割減少(15日) »