« 風評被害で不動産取引激減 業者「年越せない」(1日) | トップページ | ビルで男性の変死体 神戸(2日) »

2011年10月 1日 (土)

全国初、暴力団排除条例違反容疑で逮捕(1日)

今年5月、熊本市内の飲食店から用心棒代として現金を受け取っていた暴力団組員の男ら2人が、熊本県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕されました。全国の自治体が制定した、この条例による逮捕者は全国で初めてです。

 逮捕されたのは、熊本市に住む指定暴力団・道仁会系の組員、中島和生容疑者(45)と宮田一行容疑者(41)の2人です。

 熊本北警察署によりますと、中島容疑者らは今年5月7日、熊本市花畑町で飲食店を経営していた30代の女性から、造花のリース代の名目で用心棒代として5000円を受け取った疑いです。2人は、「組の活動資金のためにやった」と容疑を認めているということです。

 全国の自治体で制定された暴力団への利益供与を禁じる、この条例での逮捕者は全国で初めてです。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4840720.html

 

« 風評被害で不動産取引激減 業者「年越せない」(1日) | トップページ | ビルで男性の変死体 神戸(2日) »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国初、暴力団排除条例違反容疑で逮捕(1日):

« 風評被害で不動産取引激減 業者「年越せない」(1日) | トップページ | ビルで男性の変死体 神戸(2日) »