« 郵便局員逮捕:高齢の顧客から300万円強盗容疑…唐津(29日) | トップページ | 路上強盗で会社員大けが(29日)横浜市 »

2011年10月29日 (土)

東京都、東日本大震災の影響で約2カ月遅れとなる総合防災訓練を実施 7,400人以上が参加(29日)

Sp2011102918_531

東京都は、東日本大震災の影響でおよそ2カ月遅れとなる総合防災訓練を、29日の午前中から実施している。
東日本大震災で自衛隊や警察などが被災地へ派遣されていたことなどから、およそ2カ月遅れでの実施となった訓練は、首都直下地震が起きたという想定で行われている。
訓練には、都職員や自衛隊、警察、消防などの防災機関をはじめ、地元の関係者など合わせて7,400人以上が参加して行われている。
参加者は「だいぶ欠点というのが、そういったのがわかりましたから、次は生かせると思います」と話した。
小金井市の公園では、都の防災訓練として初めて、事前に被害状況や必要となる物資の量などの情報を知らない状態で物資の支給や救助活動などをする「ブラインド訓練」が行われた。
また同じく、初めての取り組みとして、津波対策が行われ、都内にあるおよそ50の水門が一時的に閉鎖されたほか、中央区の晴海地区では、堤防の役割を果たす「陸こう」と呼ばれるゲートが閉鎖され、住民を避難誘導する訓練が行われた。

Logo4_2

 

« 郵便局員逮捕:高齢の顧客から300万円強盗容疑…唐津(29日) | トップページ | 路上強盗で会社員大けが(29日)横浜市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都、東日本大震災の影響で約2カ月遅れとなる総合防災訓練を実施 7,400人以上が参加(29日):

« 郵便局員逮捕:高齢の顧客から300万円強盗容疑…唐津(29日) | トップページ | 路上強盗で会社員大けが(29日)横浜市 »