« 2011年10月23日 | トップページ | 2011年10月25日 »

2011年10月24日

2011年10月24日 (月)

押し入れの木箱に遺体、川崎のアパート (24日)

24日午前、川崎市のアパートの押し入れから木箱に入った性別不明の遺体が見つかりました。警察は、死体遺棄事件の可能性が高いとみて、捜査を始めました。

 24日午前10時半ごろ、川崎市中原区のアパート2階の部屋で、「荷物を運ぼうとしたら異臭がした」と引っ越し業者から110番通報がありました。

 警察などが駆けつけたところ、和室の押し入れから木箱に入った性別不明の遺体が見つかりました。遺体は袋のようなものに入れられ腐敗が進んでいて、死後少なくとも数か月は経っているということです。

 この部屋には70代の男性と40代の息子が住んでいましたが、家賃が滞納されていて連絡がとれないことなどから、24日、業者が部屋の片付けに訪れていたということです。

 警察は、25日に司法解剖をして身元の特定を急ぐとともに、死体遺棄事件の可能性が高いとみて、調べています。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4859792.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車盗の男、川に飛び込み不明…聴取中に逃走(24日)

24日午前10時30分頃、帯広市の帯広署から、窃盗容疑で任意の事情聴取を受けていた40歳代の男が走って逃げた。

  男は500メートル離れた十勝大橋から、約15メートル下の十勝川に飛び込んだとみられ、同署は行方を捜している。

 発表によると、男は午前9時50分頃、市内で自転車に乗っていたところを署員から職務質問を受け、自転車は盗んだものだと認めた。署員は男に任意同行を求め、パトカーで署に到着すると、すきを見て表玄関から逃走したという。

 同署によると、川の水深は3~5メートル。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性の遺体遺棄容疑で男を逮捕 長野・別荘地の事件(24日)

長野県南牧村の別荘分譲地で沖縄県出身の男性(当時37)が遺体で見つかった事件で、長野県警捜査1課と佐久署などは24日、さいたま市南区内谷3丁目、会社員江崎拓史容疑者(47)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 県警によると、江崎容疑者は男性が住んでいた東京都豊島区西池袋4丁目のマンションの名義人で、交際していたとみられるという。捜査関係者によると、男性は東京・上野や池袋の風俗店に勤務していた。県警は、男性が死亡した経緯も調べる。

 県警の調べでは、江崎容疑者は9月上旬、男性の遺体を同村海ノ口の別荘分譲地に遺棄した疑いがある。県警は、江崎容疑者による単独犯行の疑いが強いとみている。

続きは朝日新聞デジタルでご

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

法定利息の400倍以上 無登録の貸金業容疑で男8人逮捕 警視庁(24日)

高金利で無登録の貸金業を営んだとして、警視庁生活経済課は出資法違反(高金利)などの疑いで、東京都足立区椿、元貸金業、松崎仁容疑者(30)ら男8人を逮捕した。同課によると、全員容疑を認めているという。

 同課によると、松崎容疑者らは9つの店名を使い分け、無登録で貸金業を営んでいた。昨年4月~今年5月、全国の875人に約3500回にわたって計約1億3900万円を法定金利の数十倍から数百倍で貸し付け、約2億7900万円を得ていたとみられる。

 逮捕容疑は、昨年6月~今年5月ごろ、無登録で目黒区祐天寺のビルなどに事務所を設け、北海道の女性(40)ら計10人に、法定利息(年利20%)の約40~430倍で計約270万円を貸し付け、利息約470万円を受け取ったとしている。

 同課によると、松崎容疑者らは多重債務者の名簿を入手し、ダイレクトメールを送って勧誘。返済の滞った客に対して会社や自宅に「金返せ、このやろう」と電話をかけるなど厳しい取り立てをしていた。平成20年12月に同課に被害者からの電子メールが寄せられ、発覚した。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111024/crm11102416500017-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシーが線路に転落、列車と接触か 東京・品川(24日)

東京消防庁などに入った連絡によると、24日午後7時55分ごろ、東京都品川区西大井の陸橋からタクシーがJR横須賀線の線路内に転落した。

 タクシーは西大井駅を発車した下り電車(15両編成)に接触した。同庁によると、車に1人が閉じこめられているほか、1人が救出されたが負傷しているという。

 JR東日本によると、現場は西大井駅から南に約600メートル。横須賀線の上下線と湘南新宿ラインの新宿以南で運転を見合わせている。午後8時50分現在、復旧のめどは立っていない。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111024/dst11102420540022-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24,25日単位・レベル)

中核派の復活かsign02

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201110141413000

今、極左集団「中核派」の動きが活発化している。11月6日は日比谷に大量動員をかけているようだ。

 TPPへの参加を粉砕し、辺野古新基地阻止……機関紙「前進」によると「原発再稼働の連合ぶっ飛ばし反失業・非正規職撤廃へ闘おう」「青年先頭に新自由主義と対決を」とアピールしている。

 今月15日には一般労組全国協議会、郵政非正規ユニオン、全国労組交流センター青年部などが新宿駅で街頭宣伝を行っている。その時は3団体の労働者が、原発と首切り・組合つぶしへの怒りを訴え、「こんな社会はひっくり返そう。労働者が団結すれば勝てる。11・6日比谷からデモを」と呼びかけた。

 この様な中核派の機関紙を見ると、あの60、70年安保で火炎瓶の下をかいくぐった当時を思い出してならない。

 その当時と違うのは、ネットを通じて世界の活動家と繋がっているという恐ろしさである。

 24日未明、東京都羽村市と東村山市でコンビニに男が押し入る事件が相次いで発生した。警視庁は連続強盗事件として捜査している。首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【訂正とお詫び】24日午後9時から25日午前5時まで、本文中に「TTP」とありましたが「TPP」の誤りでした。中核派やその他の関係者の皆様に迷惑をかけました。お詫びして訂正します。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅男性が殴られ骨折 横浜市の路上で強盗(24日)

横浜市の路上で、帰宅中の男性2人が金属バットのようなもので殴られ、財布を奪われました。

 24日午前2時15分ごろ、鶴見区の路上で帰宅中の会社員の男性ら2人が、2人組の男に後ろから突然襲われました。男らは金属バットのようなもので殴りかかり、「金を出せ」と脅したうえ、現金約3万5000円が入った財布を奪って逃げました。男性2人は右腕を骨折するなど重軽傷です。2人組の男はともに10代後半とみられ、身長165センチから170センチくらいで、1人は上下黒っぽい服、もう1人はグレーのパーカーを着ていたということです。現場は住宅街で当時、人通りは少なかったということです。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211024022.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

“防犯カメラの死角教えた”(24日)

東京・立川市の警備会社の営業所からおよそ6億円が奪われた事件で、逮捕された元契約社員は「犯行グループに防犯カメラの位置などを伝え、カメラに映らない場所を教えた」と供述していることが、警視庁への取材で分かりました。犯行に使われた車は防犯カメラの死角となる場所に止められていて、警視庁は詳細な内部情報を基に綿密に計画を練っていたとみて調べています。

ことし5月、東京・立川市の「日月警備保障」の営業所で現金およそ6億円が奪われた事件では、元暴力団員など合わせて18人が逮捕されていて、今月21日には警備会社の元契約社員で美容師の東松孝容疑者(44)が営業所の内部情報を漏らしたとして新たに強盗傷害などの疑いで逮捕されました。警視庁によりますと、東松容疑者は、これまでの調べに対して「去年の秋、犯行グループに営業所の見取り図を書いて渡した」などと供述しているということです。その後の調べに対し「防犯カメラの位置や角度を伝え、カメラに映らない場所を教えた」と供述していることが、警視庁への取材で分かりました。こうした情報は、主犯格の元暴力団員を通じて実行役の男らに伝えられたということで、事件当日、犯行に使われた車は、防犯カメラからは死角となる路上に止められていました。警視庁は、詳細な内部情報を基に綿密に計画を練っていたとみて調べています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111024/k10013467921000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカー行為の疑い、小学校教諭逮捕(24日)

東京・杉並区の区立小学校に勤務する31歳の教諭が元同僚の女性教諭にストーカー行為をしたとして、警視庁に逮捕されていたことが分かりました。

 ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されたのは、東京・杉並区の区立小学校教諭・川井英彦容疑者(31)で、今年7月から8月にかけ、以前、勤務していた小学校で同僚だった20代の女性教諭について、「キレる病気を持っている」などと書いた手紙を女性教諭本人や保護者らに複数回送りつけた疑いが持たれています。

 川井容疑者は、以前、女性教諭に一方的に交際を申し込んだものの断られたということで、警視庁は、これを逆恨みしてストーカー行為を行ったとみています。取調べに対し、川井容疑者は容疑を認めているということです。

 杉並区の教育委員会は、「事実であれば誠に遺憾。深くお詫びして厳正に対処する」としています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4859459.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・六本木の風俗店経営者ら、大家からトイレ修繕費を脅し取ろうとした疑いで逮捕(24日)

東京・六本木の風俗店経営者と住吉会系暴力団組員が、「店のトイレが水漏れしたから、お前が直せ」などと、大家から修繕費およそ54万円を脅し取ろうとした疑いで、警視庁に逮捕された。
恐喝未遂の疑いで逮捕された六本木の風俗店経営・阿久津 秀俊容疑者(38)と、住吉会系組員・平松直樹容疑者(37)は、2011年4月、風俗店のトイレが水漏れして店内が水浸しになったことに腹を立て、大家の男性に「トイレが水漏れして壊れたから、修繕費をお前が出して直せ」などと、現金およそ54万円を脅し取ろうとした疑いが持たれている。
阿久津容疑者らは、「水漏れのことは話したが、脅してはいない」と容疑を否認しているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00210118.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

未明にコンビニ強盗相次ぐ 東京・羽村、東村山両市(24日)

東京都羽村市と東村山市で24日未明、コンビニエンスストアに男が押し入る事件が相次いで発生した。警視庁は強盗事件などとして捜査している。

 福生署によると、24日午前3時40分ごろ、羽村市双葉町のコンビニ「ミニストップ羽村双葉町店」に黒のストッキングをかぶった男が押し入り、調理場にいた男性店長(44)に刃物を突きつけ、「早く早く」と脅迫。現金約4万円を奪って逃走した。男は身長170センチくらいで、雨合羽を着ていた。

 また、東村山署によると、24日午前4時半ごろ、東村山市萩山町のコンビニ「セブンイレブン東村山萩山4丁目店」に男が押し入り、アルバイトの男性店員(26)に果物ナイフのようなものを突きつけ、「金を出して」と脅迫。店員がモップを持って抵抗しようとしたところ、何も取らずに逃走した。

 男は40歳ぐらいで、身長約170センチ、黒色の上着とズボン、帽子姿だった。

 同店では、先月25日未明にも男が押し入り、現金10万円が奪われる強盗事件が起きている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111024/crm11102412430008-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「トイレの故障直せ」ビルのオーナーを恐喝未遂 暴力団組員ら2人逮捕(24日)

トイレの修理代を名目にビルオーナーから現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁麻布署は恐喝未遂の疑いで指定暴力団住吉会系組員、平松直樹(37)=東京都豊島区南長崎=と飲食店経営、阿久津秀俊(38)=練馬区高松=の両容疑者を逮捕した。同署によると、2人は「修理代の請求書は送ったが、脅してはいない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、4月下旬~5月上旬ごろ、港区の雑居ビルオーナーの男性(41)に対して、テナントとして入っていた阿久津容疑者経営の飲食店のトイレが故障した話をし、「お前が直せ。逃げたらただじゃ済まないぞ」などと脅迫。5月13日には、男性のパソコンに電子メールを送りつけ、修理代として現金55万円を要求したなどとしている。

 同署によると、男性は支払いを拒否し7月、同署に被害届を提出していた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111024/crm11102414280011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

恐喝容疑:弘道会系組幹部を逮捕 マンション権利証奪う(24日)

知人女性の交際相手からマンションの権利証などを脅し取ったとして、警視庁組織犯罪対策4課は24日、東京都江戸川区中葛西7、指定暴力団山口組弘道会系幹部、会沢一彦容疑者(46)を恐喝容疑で逮捕した。会沢容疑者は、山口組の篠田建市組長の出身母体である弘道会の系列組織が都内に構える4団体の一つに所属していた。

 逮捕容疑は07年7~9月、自分の金を妻と一緒に知人女性が賭け事に使ったとして、女性と交際していた千葉市の40代男性に「おまえにも責任があるから数百万円払え。払えないならマンションの権利証と貯金を持ってこい」などと因縁をつけ、権利証と実印を脅し取ったとしている。

 捜査関係者によると、男性のマンションの所有権は08年1月、会沢容疑者の妻の名義に移転されたという。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111024k0000e040091000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

銃刀法違反容疑:パイプ式銃などを所持 福岡の男逮捕(24日)

福岡県警嘉麻署は24日、パイプ式銃などを所持していたとして同県嘉麻市下山田、リサイクル業従業員、久保辰正被告(35)=傷害罪などで起訴=を銃刀法違反容疑で再逮捕した。「知りません」と容疑を否認しているという。

 容疑は、8月10日午後8時20分ごろ、同市上臼井の路上に止めた車内で、パイプ式銃と散弾実包4発を所持していたとしている。同署によると、銃は、鉄製パイプを銃身にしており、長さは約30センチ。密造銃とみられ、鑑定の結果、散弾銃に使われる弾を発射でき、殺傷能力もあるという。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111024k0000e040094000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

11歳がカード決済百万円…ゲームで、親に無断(24日)

携帯電話やパソコンでインターネットのゲームを利用した小中学生が、多額の料金を請求されるケースが増えている。

 兵庫県生活科学総合センターには2010年度は46件の相談が寄せられた。この中には、ネットで知り合った人に有料サービスの使用方法を教わり、親に黙って100万円を使った子どももおり、県は注意を呼びかけている。

 同センターによると、ネットゲームを巡る小中学生の相談は、10年度は46件で、07年度の19件から2・5倍に増加。今年度も8月末までで26件と昨年を上回るペースだ。

 同センターは、増加の背景には、パソコンの操作に詳しい子どもや、携帯電話を持つ子どもが増えたことに加え、ゲームの利用者登録が簡単に出来ることがあるとみる。

 例えば、相談者の息子の小学生男児(11)は、同時に複数の人がネットを介して参加できる「オンラインゲーム」をパソコンで利用。ネット上の“友人”からゲームを有利にできる有料のアイテム(商品)の購入方法を教えてもらい、母親のクレジットカードを繰り返し使用。カード会社から100万円の請求が届いた。

 また、小学生女児(8)は、母親から借りた携帯電話を使って無料ゲームで遊んでいるうちに有料のアイテムを購入することを覚え、携帯電話会社から5万円の請求が届いたという。

 このほか、中学生男子(13)がパソコンの無料ゲームで遊んでいると、利用していないアダルトサイトの利用料6万5000円を請求する画面が表示された、という相談もあった。

 同センターは各市町の教育委員会を通じて全小中学校に注意喚起を求めるメールを配信。保護者らに対し、子どもにクレジットカードの番号を安易に入力させないことや、必要であれば携帯電話会社を通じてゲームの利用制限をすることを伝えるようアドバイスしている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ありえない1万円札使用 容疑のスリランカ人逮捕(24日)

本物とは表裏の図柄が異なる偽1万円札をタクシー代として渡したとして、警視庁は、スリランカ人の専門学校生の男(24)=東京都中野区=を偽造通貨行使の疑いで逮捕し、24日発表した。

 捜査2課によると、男は23日午前1時半ごろ、新宿区大久保1丁目でタクシーを停車させ、男性運転手(59)にタクシー代(1790円)として、偽1万円札を渡した疑いがある。

 運転手がインクがにじんでいることを不審がっていたところ、男が偽札を奪って逃走。近くで警戒していた新宿署員に見つかって事情を聴かれ、偽札であることを認めた。ほかに同様の偽1万円4枚を持っていたという。

 1万円札は2004年にホログラム付きに切り替わった際、表面の肖像は福沢諭吉のままで、裏面の図柄がキジ2羽から平等院(京都府宇治市)の鳳凰(ほうおう)像に変更された。ところが、男が使った偽1万円札の図柄は、表がホログラムなしの旧札で、裏は鳳凰像だったという。

続きは朝日新聞デジタルでご覧いただけます

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴行死の少年、「母親を守りたい」と同居(24日)

名古屋市名東区で、少年が母親の交際相手の男に暴行を受け、死亡した事件で、少年が、男が出入りする母親の家を離れるよう親戚から勧められたにもかかわらず、「母親を守りたい」として同居していたことがわかった。

 この事件は、名古屋市名東区の市営住宅で22日午前、中学2年・服部昌己さん(14)が、母親(37)の交際相手の会社員・酒井秀志容疑者(37)に暴行を受け、死亡したもの。

 親族らによると、服部さんは今年9月まで名古屋市瑞穂区で母親と小学6年の弟の3人で住み、この家に酒井容疑者が度々出入りしていた。今月1日に名古屋市名東区に引っ越す際、服部さんは、弟と同様、母親と離れ、祖母の家に住むよう親戚から勧められていたが、母親が酒井容疑者から暴行を受ける可能性があるため、「母親を守りたいからついていく」と話していたという。

 警察は、酒井容疑者が暴行を繰り返していたとみて、容疑の裏付け捜査を急いでいる。

2010_0318_173406banner011_2 http://www.news24.jp/articles/2011/10/24/07193136.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニに火炎瓶 2件相次ぐ(24日)

23日夜、神奈川県葉山町と横須賀市のコンビニエンスストアでミニバイクに乗った2人組に火炎瓶のようなものを投げつけられる事件が2件相次ぎました。
いずれもけが人はなく警察は2つの事件の関連を調べるとともに逃げた2人組の行方を捜査しています。
23日夜9時前、葉山町のコンビニエンスストア「ファミリーマート葉山町店」でミニバイクに乗った2人組のうち、白いヘルメットをかぶった1人がミニバイクから降りて店の入り口付近から店内に向かって火のついた火炎瓶のようなものを投げ、そのまま2人はミニバイクで逃げました。
当時店に客はおらず店員にもけがはありませんでしたが、店内の商品棚の一部が焦げました。
また、そのおよそ2時間半後、横須賀市のコンビニエンスストア「ファミリーマート池上四丁目店」でミニバイクに乗った2人組が店の外から火のついた火炎瓶のようなものを投げつけ、店の外に掲げていた横断幕の一部が焦げました。手口などが似ていることから警察は2つの事件の関連を調べるとともに威力業務妨害と器物損壊の疑いで逃げた2人組の行方を捜査しています。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003933901.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

会社事務所に押し入る、バッグ奪い逃走 (24日)

24日未明、栃木県宇都宮市にある運転代行業の会社に男が押し入り、役員の男性の顔を殴りけがをさせた上、およそ100万円が入ったとみられるセカンドバッグなどを奪って逃走しました。

 午前1時ごろ、宇都宮市・下平出町の運転代行業「カサハラ」の事務所に男が押し入り、53歳の役員の男性の顔を拳で数回殴った上、およそ100万円が入ったとみられるセカンドバッグなど2点を奪い逃走しました。役員の男性は顔を打撲するなど軽いけがをしました。

 警察の調べによりますと、当時、男性は1人で仕事中で、事務所の窓を叩く音がして窓を開けたところ、突然、男が押し入り襲われたということです。

 逃げた男は身長がおよそ180センチ、ニット帽にマスクとサングラスをつけていたということで、警察は強盗傷害事件として逃げた男の行方を追っています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4859411.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小学校のパソコンから児童ポルノ公開した教諭(24日)

北海道警寿都署は23日、北海道島牧村元町、村立島牧小教諭村井祐紀容疑者(48)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、村井容疑者は同日午前、同校職員室でパソコン内に児童ポルノの動画などを保存し、ファイル共有ソフト「Cabos(カボス)」を利用して不特定多数の人が閲覧できるようにした疑い。調べに対し、児童ポルノの動画などを保存したことを認めているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

地下鉄落書き全国相次ぐ、文字が共通…同一犯か(24日)

201110249685771n1

札幌市南区の市営地下鉄南北線真駒内駅で、19日に電車がスプレーで落書きされた事件は、同様の事件が8月以降、福岡、神戸、大阪、仙台の各政令市の地下鉄で相次ぎ、連絡を受けた札幌市交通局が2日前から警戒を強めている中で起きた。

 「CUTE」など落書きの文字が同じだった事件もあり、同一犯による犯行の可能性も浮上。札幌南署が器物損壊事件として捜査する一方、同市交通局は地下鉄駅舎の防犯体制を強化するなど、再発防止に乗り出した。

 札幌の被害は19日午前6時50分頃に発覚。真駒内駅を出発して麻生駅に到着した車両を点検中の運転士が、電車側面の幅約10メートルに青、ピンク、黒のスプレーを使って「CUTE」などのアルファベットが書かれているのを見つけた。

 電車は前夜の終電後から、午前6時過ぎの運転開始まで、真駒内駅ホーム南端約200メートル先にある「留置番線」の線路上に保管されていた。駅改札口はシャッターが下り、現場の留置番線周囲はアルミ合金のシェルターの外壁で覆われていたが、一部(縦約90センチ、横約1メートル10)が工具で外されていた。同市交通局は費用6万円をかけて落書きを消した。

 こうした落書きは8月8日~10月16日の間、各都市で被害が確認され、札幌市交通局も連絡を受けていた。「CUTE」の文字があったのは大阪市、神戸市で他都市も単語は違うものの、やはりアルファベットが書かれていた。両市は期間中に2度も被害に遭っていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男がコンビニに“火炎瓶”投げ込み、逃走(24日)

神奈川・葉山町で23日夜、コンビニエンスストアの店内に火炎瓶のようなものが投げ込まれる事件があり、警察は逃げた男らの行方を追っている。

 警察によると、葉山町の「ファミリーマート」葉山町店で23日午後9時前、ヘルメットをかぶった男が店内に火炎瓶のようなものを投げ込んだ。男はそのまま、待たせていたもう一人の運転する原付きバイクに乗って逃走した。当時、店内には店員や客ら4人がいたが、ケガはなく、火は店内の一部を焼いて鎮火した。

 火炎瓶のようなものを投げ込んだ男は、身長約175センチで、黒いジャンパーを着て、白いヘルメット姿だったという。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2011/10/24/07193138.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市青葉区で母親を殴ったとして49歳男を逮捕 母親は病院で死亡(24日)

神奈川・横浜市青葉区で23日、母親を殴ったとして、49歳の男が逮捕された。母親は病院で死亡した。
傷害の疑いで逮捕されたのは、自称フリーライター・一戸 寛(いちのへ・ひろし)容疑者(49)で、23日午前、青葉区の自宅で、同居している母親の美智子さんが失禁したことに腹を立て、顔や胸などを殴った疑いが持たれている。
美智子さんは病院に搬送され、まもなく死亡した。
警察が死因などを調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00210094.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

節電も影響?…上げ下げ窓からの侵入盗急増(24日)

兵庫県の西宮市や川西市など、阪神地区北部の新興住宅街で、上げ下げ窓付きの勝手口から侵入する忍び込み盗の被害が、今年5月頃から急増していることがわかった。

 東日本大震災後の節電ブームで、通気をよくするために開けたガラス窓の施錠を忘れてしまい、被害につながったケースが多い。県警は夜間のパトロール強化とともに、夜間は上げ下げ窓の施錠を徹底するよう住民に呼びかけている。

 兵庫県警によると、6か月間で約50件発生。上げ下げ窓の普及に合わせ、10年以内に開発された新興住宅街に被害が集中している。

 いずれも、未明に勝手口ドア外側の網戸を刃物で切り取り、無施錠の上げ下げ窓をスライドさせて内部に腕を入れ、ドア内側の錠を回す手口だ。

 犯人は、住人が2階で寝ているすきに、1階の台所周辺の10万円~数千円を盗んでおり、一晩に10件~数件発生するのが特徴。捜査関係者は「間取りや勝手口の構造が同じ住宅が集まる街を狙い、下見をした上で犯行に及んでいる」と分析している。

 上げ下げ窓には格子枠などの防犯上の配慮もあり、窓自体から侵入するのは難しいが、警備会社大手セコム(東京都)の担当者は、「どんなに防犯性能が高いドアも、施錠が大前提。侵入盗被害の3割は施錠忘れで、容易に解錠される状態を放置してはいけない」と指摘する。

 また、同社は「新興住宅街では、プライバシーを守るため、勝手口を塀や植栽で道路から見えにくくしている住宅が多く、狙われやすい」としており、植栽の手入れや、人感センサー付き照明の設置などを呼びかけている。(池尻太一、加藤あかね)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「見取り図渡せば分け前」元契約社員、報酬得られず(24日)

東京都立川市の警備会社「日月(にちげつ)警備保障」立川営業所で約6億円が奪われた事件で、営業所の内部事情を犯行グループに伝えたとして、強盗致傷容疑などで逮捕された同社の元契約社員、東松孝容疑者(44)が「営業所の見取り図を渡せば、分け前をよこすといわれた」などと供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。東松容疑者が金を受け取った形跡はなく、警視庁立川署捜査本部は、分け前を得られなかったとみている。

 捜査本部によると、東松容疑者は、「平成17年に入社した時点で(侵入路に使われた)営業所の腰高窓の鍵は壊れていた」と供述。事件の約2年前にも、経営する美容院の客だった山田哲也容疑者(41)らに「簡単に大金が盗める」などと話したという。

 捜査本部の調べでは、首謀者として逮捕、起訴された小沢秀人被告(42)が昨年秋、この話を聞き、より詳しい情報を引き出すよう山田容疑者らに指示。東松容疑者は情報を流す一方、報酬を求めたとみられる。

 捜査本部によると、東松容疑者は経営していた美容院が行き詰まって閉店し、金に困っていたという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111024/crm11102400540000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月23日 | トップページ | 2011年10月25日 »