« 2011年10月19日 | トップページ | 2011年10月21日 »

2011年10月20日

2011年10月20日 (木)

暴力団の参拝拒否 県神社庁に要請へ 兵庫県警 (20日)

全国で暴力団排除の動きが広がる中、兵庫県警が県神社庁(神戸市中央区、約3800社)に対し、暴力団が組行事として行う初詣など集団参拝の申し入れを断るよう、近く要請することが19日、県警への取材で分かった。

 県警は、暴力団の集団参拝が組織の結束強化などを助長しているとみて、今年4月に施行された県暴力団排除条例に基づき、参拝拒否を求める。指定暴力団山口組総本部(神戸市灘区)に近く、同組幹部らが毎年元日に初詣に出向く神社にも、直接要請するという。

 捜査関係者によると、山口組総本部近くにある神社での初詣は、組幹部ら十数人が参加する恒例行事。2005年に収監された篠田建市(通称・司忍)6代目組長(69)が不在の間も続いていた。

 一般参拝客とは交わらない拝殿内に幹部が集まり、神事が行われていたという。

 4月に篠田組長が出所したため、県警は来年の元日は篠田組長も加わる形で集団参拝を行い、組織の引き締めを図る可能性もあるとみて、要請することを決めた。

 一方、憲法が定める信教の自由の問題もあるため、県警は「暴力団組員個々人に対する参拝拒否は難しいかもしれない。だが集団参拝は、暴力団の威力を示す活動につながる。条例の趣旨に沿って断ってほしい」としている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004561509.shtml

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

以前交際の女性 警察に相談(20日)

新宿消防署の署長が、知人女性の自宅で28歳の男性の顔を殴ってけがをさせたとして、傷害などの疑いで逮捕されました。
署長は以前この女性と交際していて、半年ほど前、女性が別れ話をめぐって警察に相談していたということで、警視庁は動機などを調べています。
逮捕されたのは、東京消防庁・新宿消防署長の増子信仁容疑者(56)です。
警視庁の調べによりますと増子署長は18日の夕方、新宿区内の20代の女性の自宅マンションに合い鍵で入って28歳の男性と鉢合わせになり、男性の顔を殴って軽いけがをさせたとして、傷害と住居侵入の疑いが持たれています。当時、女性は留守で男性の通報を受けて警察官が現場にかけつけた際、マンションの廊下に署長の携帯電話が落ちていたため、犯行が発覚したということです。
増子署長は調べに対し「殴ったことは間違いない」と容疑を認めているということです。
警視庁によりますと増子署長は以前、女性と交際していましたが、女性が半年ほど前に別れ話をめぐって警察に相談し、自宅の鍵も変えていたということです。
女性はその後は署長に鍵を渡していないと話しているということで、警視庁は鍵の入手経路や詳しい動機などについて調べています。
現職の消防署長が逮捕されたことを受けて、東京消防庁は緊急の記者会見を開きました。
この中で、佐藤直記総務部長は「職員を管理監督する立場の消防署長が逮捕され、誠に申し訳ありません」と謝罪しました。
東京消防庁によりますと、増子署長は昭和54年に入庁し、日野消防署長や予防課参事を経て、ことし4月に新宿消防署長に就任しました。
増子署長は面会した職員に対し、「都民のみなさまや、被害者の方、消防職員のみなさんに大変迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪したうえで、辞職する意向を伝えてきたということです。
東京消防庁によりますと現職の署長が逮捕されたのは初めてで、今後、厳正に処分する方針だということです。

News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003392802.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・浦安市で破裂したペットボトルと液体の入ったペットボトル発見 爆発物処理班出動(20日)

20日午後0時40分ごろ、千葉・浦安市の住宅の駐車スペースで、破裂したペットボトルと無色透明の液体が入ったペットボトルのあわせて2本が見つかった。
破裂音を聞いた人は「バーンというような音でしたよ」などと語った。
また、その周辺でも液体が入ったペットボトル2本が見つかり、警察の爆発物処理班などが出動、現場は一時、騒然となった。
けが人は出ていないという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00209917.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国人窃盗団:51人を逮捕、送検 936件以上の犯行(20日)

11都府県で民家に空き巣を繰り返していたなどとして、千葉県警などは20日、中国人窃盗グループの男女計51人を窃盗容疑などで逮捕、送検したと発表した。被害は確認分だけで936件、約6億3200万円に上り、最終的には1000件以上に膨らむ見込み。

 同県警によると、グループのほとんどは福建省出身者で、07年に密入国した男(28)=窃盗罪などで懲役5年が確定=が結成。首都圏や宮城、福島、愛知、広島など11都府県で空き巣を繰り返し、現金や貴金属、ブランド品などを盗んでいた。逮捕者の7割が就学ビザで入国した日本語学校生だったという。夕方に3、4人で新興住宅地の留守宅を狙い、ガラス窓を割るなどして侵入していた。

 千葉県警は08年12月に捜査を開始。今月2日、同県我孫子市内の民家からパソコン2台(時価計5万5000円相当)を盗んだとしてメンバーの一人で専門学校生、陳弟弟容疑者(22)=東京都豊島区池袋4=を窃盗容疑で逮捕し、グループの全容をほぼ解明した。

 他に盗品を処分するグループや、他人名義の口座を使って中国へ送金するなど地下銀行を操るグループなどもあり、関係者が盗品等有償譲り受けや銀行法違反などの容疑で逮捕されている。【斎川瞳】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111021k0000m040079000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大学生、グループで「出し子」 振り込め詐欺容疑で逮捕(20日)

 振り込め詐欺事件でだまし取った金を現金自動出入機(ATM)で引き出して盗んだとして、福岡県警はブティック店員坂口健太(25)=同県飯塚市上三緒=と、いずれも福岡工業大3年の岡野翔太(21)=同県直方市上新入=、武内雄祐(21)=同県遠賀町田園3丁目=の3容疑者を盗みの疑いで逮捕し、20日発表した。

 県警は他にも複数の福岡工業大生が振り込め詐欺の被害金を引き出す「出し子」として犯行に関わっていた疑いがあるとみている。学生グループが振り込め詐欺に組織的に関わった犯行が明らかになるのは珍しい。

 発表によると、坂口容疑者は6月下旬ごろ、2回にわたり、北九州市八幡西区の銀行のATMから、不正に入手した他人名義のキャッシュカードを使い、現金約100万円を引き出して盗んだ疑いがある。また、3容疑者は共謀して6月下旬ごろ、5回にわたり、福岡市東区のコンビニエンスストアのATMから、同様にして現金100万円を引き出して盗んだ疑いがある。

 捜査関係者によると、岡野、武内両容疑者は福工大の元野球部員。坂口容疑者の店で客として知り合った岡野容疑者が犯行を持ちかけられたらしい。金を1回引き出すごとに、坂口容疑者から報酬として1万~2万円を受け取っていたという。

 2人は「悪いことだと分かっていたが、遊ぶ金欲しさにやった」といずれも容疑を認めているという。坂口容疑者は「やったのは間違いないが、悪いことではないと思った」と話しているという。

 引き出された金は関東に住む振り込め詐欺の被害者が入金したものだったという。息子を装って電話をかけ、勤務先の会社の金を使い込み金が必要だと訴えるオレオレ詐欺の手口の事件が関東を中心に14件あり、被害総額は4千万円にのぼるとみられる。

続きは朝日新聞デジタルでご覧いただけます

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官に「キャバクラいかが」高校生の客引き逮捕(20日)

仙台中央署は18日夜、県迷惑防止条例違反の疑いで、仙台市太白区の男子高校生(16)を逮捕した。調べによると、高校生は18日午後10時過ぎ、仙台市青葉区国分町の歩道で、通りかかった警察官に「キャバクラいかがですか」などと声をかけて客引きをした疑いがもたれている。

関連記事

記事本文の続き 男子高校生が自らを「フリーの客引き」と話しているという。同署は18歳未満の子供の雇用を禁じた児童福祉法違反(有害支配)の疑いもあるとみて雇用主を調べている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

旧後藤組系組長を逮捕 ビル管理会社顧問殺害指示か(20日)

東京都港区北青山で平成18年3月、ビル管理会社顧問の野崎和興さん=当時(58)=が刺殺された事件で、警視庁組織犯罪対策4課は20日、殺人の疑いで指定暴力団山口組良知組(旧後藤組)系組長、松本英也容疑者(52)を逮捕した。松本容疑者は「弁護士と相談してから話す」などと供述しているという。

 野崎さんは渋谷区内の雑居ビルの所有権をめぐり旧後藤組関係者とトラブルになっており、同課は松本容疑者が実行犯に殺害を指示したとみて、事件の背後関係の解明を進める。

 逮捕容疑は、18年3月5日夜、港区北青山の路上で野崎さんを刺すなどして殺害したとしている。

 事件をめぐっては、運転手役の組員が逮捕・起訴され実刑判決が確定しているほか、実行役として殺人容疑で国際手配されていた旧後藤組系元組員(43)が今年4月、タイ北部で別の日本人男性と一緒にいるところを同行のタイ人ガイドに撃たれて死亡している。同課は、この事件にも松本容疑者が関与した疑いがあるとみている。

 問題のビルをめぐっては警視庁が18年5月、旧後藤組フロント企業が虚偽の移転登記を行ったとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で旧後藤組組長の後藤忠正被告(69)を逮捕。1審東京地裁は無罪としたが、2審東京高裁が執行猶予付きの逆転有罪とし、後藤被告は最高裁に上告中。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111020/crm11102014220010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「何見てんだよ」通行人に因縁つけ現金奪う 中学生5人逮捕(20日)

路上で自転車の男性に暴力を振るい現金を奪ったとして、警視庁少年事件課は、強盗致傷の疑いで、東京都練馬区、区立中学3年、男子生徒(14)ら14、15歳の中学生5人を逮捕した。

 同課によると、男子生徒らは遊び仲間で、5人とも「遊ぶ金がほしかった」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、14日午前2時10分ごろ、練馬区大泉学園の路上で、自転車で帰宅途中の男性(43)に、「何見てんだよ」と因縁をつけて、顔を殴るなどして軽傷を負わせた上、現金約2万9千円などが入ったリュックサックを奪ったとしている。

 同課は事件当日、練馬区内で同じような手口で通行人が狙われ、現金が奪われる事件が2件発生していることから関連を調べている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111020/crm11102014320011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)

これがニッポン?

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201109251104001

 この豊かな日本で、11歳の子供に「物ごい」をさせていた33歳の父親が児童福祉法違反容疑で大阪府警に逮捕された。

 報道によると9月12日夜、吹田市の地下鉄駅近くの路上で、11歳の長男に「100円でもいいので貸してもらえませんか」と物ごいさせ、通行人の女性から200円を受け取らせた。

 長男は「お父さんから『財布を落としたと言えば、知らない人でもお金をくれる』と言われ、8月から週2、3回やった。お金はすべてお父さんに渡した」という。

北朝鮮の「コッチビ」を彷彿させるが、子供を使い、金を稼ぐという馬鹿親がかつて日本にも存在した。

 昭和から平成にかけて「当たり屋」なる〝悪徳商売〟が横行したことがあった。多くは、大人がわざと車にぶつかり治療費を払わせるのだが、子供を車にぶっつけさせて治療費を要求。その費用で全国を行脚している親子が捕まったことがあった。

 デスクワークをしていて、ひどい「鬼親」がいるものだと腹がたって、夜、大酒を飲んだことを思いだした。忠相(大岡越前)がいたら「追って極刑を言い渡す。引っ立てぇ」と言っただろう。これって格差?いゃ!いつの世にもある特殊犯罪だが、それにしても訳の分からない犯罪が多すぎる。
首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・新宿消防署長、交際中の女性宅を訪れた際に鉢合わせになった男性の顔殴る 逮捕(20日)

東京消防庁の新宿消防署長が18日夕方、東京・新宿区内の交際中の女性宅を訪れた際に、鉢合わせになった男性の顔を殴ってけがをさせた疑いで、警視庁に逮捕された。
傷害などの疑いで逮捕されたのは、東京消防庁の新宿消防署長の増子信仁容疑者(56)。
増子容疑者は18日夕方、新宿区内の交際している女性宅に合鍵を使って入ったところ、そこで28歳の男性と鉢合わせになり、男性の顔を殴って、けがをさせた疑いが持たれている。
110番通報を受けた警視庁の警察官が現場に駆けつけたところ、増子容疑者は、すでに現場から立ち去ったあとだったという。
増子容疑者は調べに対し、「殴ったことは認めます」と供述しているという。
増子容疑者は、2011年4月から新宿消防署長を務めていた。
東京消防庁の広報課は、「本人と接見できないため、詳細については確認中ですが、署長が逮捕されたことは誠に遺憾です」とコメントしている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不正アクセス:通販会員になりすまし 容疑者逮捕 警視庁(20日)

健康飲料販売会社の通販会員になりすまして同社のサーバーに不正アクセスしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は20日、三菱重工契約社員、杉本純容疑者(34)=愛知県東海市加木屋町西御門=を不正アクセス禁止法違反容疑などで逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は6月30日と7月8日、名古屋市にある現在の勤務先やネットカフェのパソコンから健康飲料販売会社のサーバーに侵入し、通販会員である7人のIDとパスワードを入力し、6人について無断で退会させたとしている。

 サイバー課によると、杉本容疑者は09年10月まで同社の派遣社員として勤務。会員登録や苦情を受け付ける担当で、IDなどを知っていたという。杉本容疑者は調べに、「自分の苦労が理解されず、会社を困らせてやろうと思った」と容疑を認めているという。【伊澤拓也】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111020k0000e040036000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅・倉庫が大麻製造工場…ベトナム人男女逮捕(20日)

埼玉県警は20日、いずれもベトナム国籍で埼玉県深谷市、無職チャン・ビェット・ズン(34)、群馬県玉村町、同グェン・ティ・ロアン(34)両容疑者の男女2人を大麻取締法違反(単純所持)容疑で逮捕したと発表した。

 ズン容疑者が住む2階建て民家や隣接の倉庫で、鉢植えの大麻計893本が見つかり、県警は背後に密売組織があるとみて、営利目的栽培容疑でも調べる。

 発表によると、両容疑者は18日夜、ズン容疑者の自宅で乾燥大麻約2キロ・グラム(末端価格約1200万円)を所持していた疑い。自宅は室内の壁に保温シートが貼られ、扇風機や水銀灯が置かれるなど「大麻製造工場」になっていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

取り調べで重要証拠発見、捜査本部事件の6割 可視化で警察庁調査(20日)

取り調べの状況を録音・録画する「可視化」について議論が続く中、警察庁は20日、取り調べ実態についての調査結果をまとめた。平成22年中に全国で解決した殺人や傷害致死など56の捜査本部事件のうち、取り調べで被害者の遺体や凶器といった重要な証拠の発見につながったのは32事件で全体の6割近くを占めていた。取り調べの実態把握を目的にこうした調査が行われたのは初めて。警察庁は可視化の議論を進めていく上で参考としたい考えだ。

 警察庁では全国警察本部の捜査1課が扱った56の捜査本部事件(容疑者86人)のほか、今年2月の1カ月間に、警視庁や京都など8都府県警から選定した36警察署が容疑者を逮捕した一般事件(交通事件を除く)のうち、検察庁が最終処分を行った容疑者397人について調査した。

 取り調べ初日に自白した容疑者は一般事件で全体の70・3%(279人)、捜査本部事件で55・8%(48人)だった。2日目以降の自白は一般15・3%(61人)、本部10・5%(9人)、最後まで自白しなかった容疑者は一般14・4%(57人)、本部33・7%(29人)だった。

 捜査本部事件で重要証拠の発見につながったのは56事件のうち32事件。1つの事件で複数の重要証拠の発見につながったケースもあり、項目別では凶器などの犯行用具=26事件▽被害品などの証拠物=10事件▽共犯者の解明=9事件▽遺体=5事件となっている。

 

続きを読む "取り調べで重要証拠発見、捜査本部事件の6割 可視化で警察庁調査(20日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

約700キロのがれきを不法投棄の疑いで男逮捕(20日)

埼玉県の路上に住宅の解体工事で出たがれきを不法投棄したとして、自称・便利屋の男が逮捕されました。

 萩原伸浩容疑者(48)は今年7月、住宅の解体工事で出たがれき約700キロを埼玉県内の路上に捨てた疑いが持たれています。取り調べに対し、萩原容疑者は「ほかにも数件やった」と容疑を認めています。
 住民:「壁を壊したような物や、コンクリートのような物だった」
 荒川の河川敷などにも同じ解体工事で出たとみられるがれき約35トンが不法投棄されていて、警察は、組織的な犯行の可能性もあるとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211019061.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

封筒爆発 リード線など見つかる(20日)

19日、長野県茅野市の住宅で、封筒が爆発し、女性がやけどをした事件で、現場からリード線や小型の乾電池のようなものが見つかったほか、女性が「封筒から箱のようなものを引き出したら爆発した」と話していることが、警察への取材で分かり、警察が爆発物の構造などを詳しく調べています。

この事件は、19日、茅野市玉川の住宅の玄関で、47歳の女性が届いた封筒を開けたところ、突然爆発したもので、女性は顔や手などに軽いやけどをしました。警察の調べによりますと、封筒は原形をとどめていませんが、「長形3号」と呼ばれる、縦23.5センチ、横12センチの定型の封筒とみられ、現場からリード線や小型の乾電池のようなものが見つかったことが、警察への取材で分かりました。

 また、女性は「封筒から箱のようなものを引き出したら爆発した」と話しているということです。封筒には切手が貼られ、女性の名前が書かれていて、差出人の名前もありましたが、女性は「心当たりがない」と話しているということです。警察は爆発物の構造を分析するとともに、傷害などの疑いで差出人の特定を進めています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111020/k10013385601000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁、自転車の「車道走行」周知へ (20日)

相次ぐ自転車事故を受けて、新たな対策です。警視庁は自転車について、原則、車道の左側を走行することを周知徹底させる方針を盛り込んだ「自転車安全対策」を今月中にも作成することがわかりました。

 19日午後、東京都内の歩道。この歩道は、自転車も走行可能ですが、「接触事故多し」と注意を呼びかける看板がつけられています。

 今年に入って都内では、自転車が絡む事故が増加しています。9月までにおよそ1万5200件が発生。交通事故全体の4割を超えています。過去最悪に迫る数字です。

 これは、“ピスト”といわれる、ブレーキのない競技用自転車の取締まりの様子です。安全基準を満たしていないため、公道を走ることは禁止されています。現在、社会問題化していて、警視庁は取締まりを強化する方針です。

 さらに警視庁は、全国に先駆けて自転車の走行ルールを厳格化することを決めました。車道を走る自転車。一見、危なそうに見えますが、実は道路交通法では、原則、自転車は歩道ではなく、車道の左側を走ることが決められています。このルールを高齢者や子どもなどの特別なケースを除いて徹底させるとともに、歩道を暴走する悪質な自転車は、警告などの指導をするといいます。

 街の人は・・・

 「車道は怖いですよね、自動車の通行量も多いから。ちゃんと自転車レーンをつくってくれれば」
 「注意されるまでは、私はこっち(歩道)を走る」(街の人)

 一方、警視庁は東京都と連携し、車道の左側を区切る自転車レーンのほか、歩行者と自転車の通行部分を色分けする歩道の整備もあわせて進める方針です。

 交通安全対策が進むドイツでは、自転車と自動車、そして歩行者の住み分けが進んでいます。自転車レーンには、専用の信号もあります。都内でも、すでに一部で自転車レーンは整備されていますが・・・

 「せっかく出来た自転車専用レーンですが、1つ問題があります。それが路上駐車です」(記者)

 「ほとんどふさがっているので、よけて走ると危険」
 「停車している車があるから、車道に出ないといけない。歩道の方が安全かな」(街の人)

 今回の警視庁の対策で、自転車事故は減少するのでしょうか。自転車だけでなく、自動車の運転マナーも問われそうです。(19日18:00)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4855579.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿女性遺体:12日午後に殺害か 車の血痕は1人分(20日)

三重県鈴鹿市の鈴鹿川河川敷で健康サロン経営、山下絹子さん(57)=同市道伯町=の遺体が見つかった事件で、県警特別捜査本部は19日、山下さんは12日午後0時40分から同5時の間に殺害された可能性が高いと発表した。また、車内から見つかった血痕が女性1人分だったことも判明し、特捜本部は山下さんの血痕とみている。

 特捜本部によると、山下さんは12日午後0時40分ごろ、夫(63)に「サロンに行く」と伝え、自宅を出た後に行方が分からなくなり、13日午後に遺体で見つかった。山下さんの車は河川敷から南約1キロの住宅街で発見され、12日午後5時ごろには住宅街で車が止まっているのが目撃されているという。特捜本部は外出してから車が目撃されるまでの間に殺害されたとみている。

 車内には山下さんの手提げかばんや財布があったが、財布の中に紙幣はなかった。捜査関係者によると、山下さんは通院している夫の治療費を支払うため現金を持っていたとみられ、強盗殺人も視野に調べている。【大野友嘉子、谷口拓未】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111020k0000m040144000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大分の小中学生8人、交流サイト不正接続の疑い(20日)

インターネットの会員制交流サイトに不正接続したとして、愛知県警は今年2月から9月までに、大分市の中学3年の女子生徒(14)を不正アクセス禁止法違反容疑で名古屋地検に書類送検し、小学生1人を含む11~13歳の7人を児童相談所へ通告したと19日、発表した。

 サイバー犯罪の低年齢化が進んでいることから、県警は愛知県教委や名古屋市教委に対し、ネットを使う際のルールやマナーの指導を徹底するよう要請した。

 県警によると、8人は昨年から今年にかけ、愛知県内の11~35歳の男女6人のIDやパスワードを勝手に使い、交流サイトに不正に侵入した疑い。8人は「サイト内で使う仮想通貨を増やしてあげる」と書き込むなどして、被害者からIDやパスワードを聞き出したという。侵入後はパスワードを変更して被害者が利用できないようにし、本人に成りすましていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

給与返還措置も…教職員855人が不適切勤務(20日)

公立小中学校の教職員の勤務実態について、会計検査院が4道県で抽出検査したところ、北海道と沖縄県の計191校、のべ855人が、学校の夏休み期間中に校外研修の届けを出しながら実際はしていなかったり、勤務中に教職員組合関連の活動をしていたりしたことが分かった。

 こうした不適切な勤務は計4575時間に上っており、検査院では、文部科学省が給与の返還措置を取るべきだと、11月に公表する決算検査報告書に盛り込む方針。

 関係者によると、検査は、北海道教職員組合(北教組)による政治資金規正法違反事件にからみ、教職員が勤務時間中に組合活動をしていたことが発覚し、実施。対象は、北海道内の小中学校209校と、石川、鳥取、沖縄3県の68校計277校で、出勤簿の記載状況などや、教職員からの聞き取りなどで調べた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

バイクの2人乗りにイラッ…恐喝容疑で男2人逮捕(20日)

原付バイクに2人乗りをしていた男子大学生2人に因縁をつけて現金を脅し取ったとして、泉署は19日、恐喝の疑いで、仙台市宮城野区福室、無職、池田亮容疑者(20)と、友人で同区のアルバイトの少年(19)を逮捕した。「原付に2人乗りをしていてイラついた」といずれも容疑を認めている。

 逮捕容疑は共謀して6月15日午後11時50分ごろ、仙台市泉区の被害男性(18)のアパートで、現金4万円を脅し取ったとしている。2容疑者と大学生2人に面識はなかった。

関連記事

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「警備会社の話をした」 内部情報入手に関与か 自営業の男を新たに逮捕(20日)

東京都立川市の警備会社「日月(にちげつ)警備保障」立川営業所で約6億円が奪われた事件で、警視庁立川署捜査本部は19日、強盗致傷などの疑いで、東京都八王子市弐分方町、自営業、八木沢浩一容疑者(49)を逮捕した。強盗事件をめぐる逮捕者は16人目となった。

 捜査本部によると、八木沢容疑者は、警備態勢などの内部情報を入手し、犯行グループに伝えた疑いがあり、調べに対し「警備会社の話をしたことは間違いない」と供述。捜査本部は情報の入手先を調べている。

 捜査本部によると、関係者の供述や、携帯電話の通話履歴などから関与が浮上した。八木沢容疑者は、同容疑で逮捕され、警備会社の情報入手に協力した疑いがある職業不詳、栗原崇容疑者(42)と古くからの友人だったという。

 逮捕容疑は、犯行グループと共謀して今年5月12日午前3時ごろ、営業所に侵入し、宿直の男性警備員を刃物で刺すなどして重傷を負わせ、金庫室の暗証番号を聞き出し、約6億円を奪ったなどとしている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111019/crm11101922060028-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗難仏像、取引価格高騰 新たな資金源か(20日)

仏像持ち去りが増加する背景には、ブームを背景にした取引価格の高騰があるとみられる。貴重な仏像が海外に流出する事例も少なくなく、関係者は危惧している。

 盗品の売買は正規ルートでは行えないため、取引に暴力団関係者の関与が疑われている。専門に扱う業者は「仏像ブローカー」と呼ばれ、特定されやすい国宝や重文よりも、文化財に指定されていない仏像を選ぶ傾向にあり、滋賀県内で盗難された仏像でも大半が文化財の指定がなかった。

 滋賀県では県暴力団排除条例が8月から施行され、暴力団関係者の資金集めの制限が広がったため、県警は暴力団関係者が仏像の売買を新たな資金源とする動きが増えるとみて警戒を強めている。

 県警幹部は「暴力団は金になることにはめざとい。仏像を海外に転売する裏のルートに暴力団関係者が絡んでいる可能性が高い」と話す。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111020/crm11102000110000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

仏像盗難、暴力団の影 滋賀で持ち去り相次ぐ(20日)

国宝と国の重要文化財の数が全国4位の滋賀県で仏像が持ち去られる事件が相次いでいる。19日にも大津市の三井寺(園城寺)で仏像2体の盗難が判明するなど過去9年間で仏像などの文化財盗難は58件に上っている。仏像は闇ルートで売りさばかれているとみられ、多くは行方不明のままだ。県教委は対策強化に乗り出し、県警は暴力団の新たな資金源になる恐れもあるとみて警戒を強めている。

 滋賀県は国宝と重文の指定件数が800点を超え、東京都、京都府、奈良県に次ぐ数を誇る。近年、若者や女性らの間で仏像ブームが広がる一方、仏像が持ち去られる盗難被害も多発している。

 三井寺で19日に盗難が分かったのは、3体で構成される役行者前鬼後鬼像(えんのぎょうじゃぜんきごきぞう)の一部で、役行者の左右に配された前鬼(ぜんき)=高さ約20センチ、後鬼(ごき)=同=の2体。敷地内の金堂内に収蔵されていたが、午前9時半ごろ、職員がなくなっているのに気づいた。県警大津署によると、金堂は日中は一般参拝者のために開放されているが、夜間などは施錠されている。盗まれたのは職員が収蔵を確認していた16日以降とみられる。

 県内では20年11月に浄福寺(じょうふくじ)=甲賀市=で木造不動明王立像(ふどうみょうおうりゅうぞう)など2体が盗まれたほか、21年4月~6月に西香院(さいかいん)=同=で木造不動明王立像(ふどうみょうおうりゅうぞう)、木造毘沙門天立像(びしゃもんてんりゅうぞう)など3体が、三蓮寺(さんれんじ)=草津市=で12体1組の十二神将像(しんしょうぞう)など14体が、それぞれ被害に遭っている。

 

続きを読む "仏像盗難、暴力団の影 滋賀で持ち去り相次ぐ(20日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月19日 | トップページ | 2011年10月21日 »