« 地域全体で犯罪防止、シンポジウム開催 (29日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2011年10月29日 (土)

【原発】ワイヤが落下し作業員2人けが 福島第一(29日)ドクターヘリ活躍

29日午前、福島第一原発でクレーンの解体作業中、落ちてきたワイヤの束が作業員2人に当たり、骨折などのけがをしました。

 東京電力によりますと、午前8時半ごろ、1号機のタービン建屋付近で大型クレーンでつり上げていた台座からワイヤの束が落ちて下にいた作業員2人に当たりました。この事故で、40代の男性作業員があごや両足などを骨折してヘリコプターで福島市内の病院に運ばれましたが命に別状はないということです。もう1人の20代の男性作業員も首や肩に痛みを訴えて治療を受けています。現場では、1号機の原子炉建屋を覆うカバーの設置工事が終了したことから、クレーンの解体作業を始めていたということです。東京電力は、安全管理に問題がなかったか調べています。
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211029021.html

2009_1229_211958annlogo1_2

 

« 地域全体で犯罪防止、シンポジウム開催 (29日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【原発】ワイヤが落下し作業員2人けが 福島第一(29日)ドクターヘリ活躍:

« 地域全体で犯罪防止、シンポジウム開催 (29日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »