« 2011年10月18日 | トップページ | 2011年10月20日 »

2011年10月19日

2011年10月19日 (水)

娘の遺体をセメントで固め遺棄の疑い (19日)

長崎県対馬市の元保育士の女が、生まれて間もない自分の娘の遺体をセメントで固め、勤務先の保育所に遺棄したとして逮捕されました。女は娘を出産後、退院したその日に遺体を遺棄したとみられています。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、長崎県対馬市の元保育士、勝見久美容疑者(39)です。勝見容疑者は去年3月、生まれて間もない娘の遺体をバケツに入れ、セメントで固め、当時勤務していた保育所内に遺棄した疑いが持たれています。

 今年5月、福祉関係者から、「去年、子どもを産んだ女性がいるが、子どもの所在がわからない」との情報を受け、警察が捜査を開始。勝見容疑者は容疑を認めており、警察は18日、供述どおり、保育所内から遺体を発見しました。

 「いい人だった。愛嬌もあるし。車で通る時も笑顔で挨拶して」(近所の人)

 現在は独身で、今年5月に保育士を辞めるまでは、保護者にも評判がよかったという勝見容疑者。娘の遺体は、出産のため入院していた病院を退院した日に遺棄したとみられています。

 警察では19日、女の子の遺体を司法解剖して、死因を調べるとともに、勝見容疑者が遺体を遺棄した動機などを調べています。(19日17:51)

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4855575.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

陸自連隊長が自殺 震災で福島へ派遣(19日)

19日午前7時50分ごろ、新潟県上越市南城町3丁目の自衛隊宿舎で、陸自東部方面隊第12旅団第2普通科連隊長の1等陸佐大橋秋則さん(52)が自宅で首をつっているのを部下の隊員が発見した。遺書のようなものがあり、上越署は自殺とみて動機を調べている。

 上越署と東部方面隊によると、大橋さんが電話に出なかったことから隊員が様子を見に行き、110番通報した。遺体の状況などから午前6時半ごろに死亡したとみられる。

 大橋さんは東日本大震災の発生翌日の3月12日から約3カ月間、福島県に派遣され被災者の救出活動などに当たった。単身赴任中だったが、悩みを抱えている様子は見られなかったという。

 第12旅団長の塩崎敏誉陸将補は「家族に心から哀悼の意を表する」としている。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111019/crm11101920470025-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

橋桁60トン盗んだ容疑で逮捕 業者だまし運び出させる(19日)

東京都品川区のトンネル工事現場から鋼製の橋桁などを盗んだとして、荏原署は、川崎市幸区南幸町1丁目、土木作業員井上公市容疑者(51)を窃盗容疑で逮捕し、19日発表した。井上容疑者はこの工事現場で働いたことがあり、「未払いの給与が鉄骨の現物支給になった」とうそを言って金属くず業者に買い取らせ、現場から運ばせたという。

 同署によると、井上容疑者は6月13日と同26日の2回、品川区豊町2丁目のトンネル工事現場に都が保管していた鋼製橋桁9本(計約60トン)を含む72トン分の鉄骨など約500点(計3600万円相当)を運搬業者らに運び出させて盗んだ疑いがある。「借金がたくさんあり、金に困ってやった」と認めているという。

 都や同署によると、橋桁は架け替え用で、長さ約約29メートル、幅約5.6メートル。9分割にして保管されていた。同署によると、井上容疑者の虚偽の説明を信じた大田区の金属くず業者が解体業者や運搬業者を手配。ガスバーナーで鉄骨を細かく切り、トラックなど4~5台で運んだ。井上容疑者は約145万円を受け取ったという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で倒れ女性重体、暴行?の男逃走(19日)

横浜市旭区の路上で、近くのグループホームで生活している71歳の女性が倒れているのが見つかり、意識不明の重体です。女性に暴行したとみられる男が逃走しているということで警察で行方を追っています。

 19日午後3時すぎ、横浜市旭区の路上で「女性が血を流して倒れている」と110番通報がありました。

 警察が駆けつけたところ、近くのグループホームで生活している71歳の女性が倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが意識不明の重体です。

 警察によりますと、現場では、女性と口論の末、顔や腹部を蹴るなどの暴行を加えていた男が目撃されていますが、逃走しているということです。逃げた男は年齢が50から60代で身長が170センチくらい、白髪のやせ形だったということで、警察で行方を追っています。(19日18:49)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4855595.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「侵入し捕まったが逃げた」 栃木県警が男を逮捕 死亡男性宅庭先から消えた“縛られた男”事件(19日)

栃木県益子町の農業、上野忠さん(60)方庭先で、上野さんが倒れた後に死亡、そばで縛られていた男が行方不明になっていた事件で、県警真岡署は19日、住居侵入の疑いで、同県真岡市石島、無職、小幡保容疑者(78)を逮捕した。

 「上野さん方に侵入したところ、上野さんに見つかり捕まった。すきをみて逃げた」と容疑を認めているという。上野さんは病死だった。

 逮捕容疑は19日午前4時45分ごろ、上野さん方に無断で侵入したとしている。

 同署によると、19日午前4時50分ごろ、上野さん方の庭先で、立っていた上野さんが倒れるのを新聞配達員の男性(51)が目撃し、近くの真岡消防署益子分署へ駆け込んだ。上野さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 上野さんが倒れたときに近くの地面に70歳くらいの男が両足を縄のようなもので縛られ横たわっていたが、配達員が現場へ戻るといなくなっていた。

 県警で上野さんと男に何らかのトラブルがあったとみて行方を捜していたところ、目撃情報などから小幡容疑者が浮上したという。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111019/crm11101920020021-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高で下着やユニホーム盗む 24歳を逮捕、被害1500点(19日)

茨城県警日立署は19日までに、茨城、栃木、埼玉の3県で女子高などに忍び込み、下着やユニホームを盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いで栃木県真岡市東大島、無職細島裕生容疑者(24)を逮捕した。

 同署によると、下着などの窃盗被害が裏付けられたのは平成20年5月~23年5月の約120件、約1500点(約800万円相当)。

 同署は今年5月23日、茨城県日立市の私立高校の女子寮に侵入したとして、建造物侵入の疑いで細島容疑者を現行犯逮捕。その後、別の窃盗容疑などで追送検した。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111019/crm11101920060022-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)

公安委員長は大丈夫?

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201110041134000

 ホテルに偽名で宿泊したとして有印私文書偽造・同行使などの疑いで、住所不定、職業不詳、革マル派活動家(69)が静岡県警に逮捕された。県警は名古屋市中区の革マル派の活動拠点「解放社東海支社」を家宅捜索した=産経新聞電子版

 平成17年12月7日警視庁が総連本部(東京都品川区)と東労組(渋谷区)など十数カ所を業務上横領の疑いで家宅捜索したことがあった。同月16日衆議院第2議員会館でヒアリングが行われた。呼ばれたのは警察庁極左対策室の幹部。当時の民主党議員が警察庁幹部に「横領事件の捜査の中身を言え」と迫った。

 民主党は当時は野党。その党は今の政権党。その政権は、都合の悪いことがあるとすぐ議員連盟を立ち上げたり、自衛隊で祝辞を述べる来賓の言論を統制したり、検察審査会に圧力をかけようとするなど民主主義国家とは思えないことを平気でやっている。

 心配なのは今回の革マルの家宅捜索。なぜなら当時の議員はなんと現在、国家公安委員長の職にあるからだ。「人事を盾に圧力をかけるんじゃないか」と心配している。マスコミの監視に期待するしかない。

 それにしても東京・小金井公園、宮城・蔵王町の変死体も犯人は19歳だった。そして、長野県の手紙の爆発事件…日本の体感治安はレベル4(オレンジ)と言いたい。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官を傷害容疑で書類送検へ(19日)

香川県警察学校の助教を務めていた20代の警察官が、初任科の入校生を投げ倒して大けがをさせた疑いが強まり、警察は19日にも傷害の疑いで書類送検する方針です。この警察官は「指導の一環でけがを負わせるつもりはなかった」と釈明しているということです。

書類送検されるのは、香川県警察学校の助教を務めていた20代の男の巡査長です。警察によりますと、この巡査長はことし4月ごろ、高松市にある警察学校内で初任科の入校生の男性を足をかけて投げ倒し、ひざの骨を折る3か月以上の大けがをさせた疑いが持たれています。この巡査長は「日常の業務に対する指導の一環として行った。けがを負わせるつもりはなかった」と釈明しているということです。また、巡査長はことし7月から別の部署で勤務しているということです。警察では、19日にもこの巡査長を傷害の疑いで書類送検する方針で、処分についても検討しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111019/k10013361011000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京などで車上荒らしを繰り返していた疑いで42歳男を逮捕「100件くらいやった」(19日)

東京、神奈川などで車上荒らしを繰り返していた疑いで42歳の男が逮捕された。
窃盗の疑いで逮捕された青梅市の防水工・田村淳一容疑者(42)は10月9日、神奈川・相模原市の路上で、駐車中の車から現金7,000円とキャッシュカードなどが入ったバッグを盗んだ疑いが持たれている。
田村容疑者は、「生活苦で、8年くらい前から100件くらいやった」などと話しているという。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00209781.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネット銀行詐欺:中国籍の男逮捕 不正プログラムで侵入(19日)

銀行のインターネットバンキングを経由して不正に移された現金を引き出したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は19日、中国籍で東京都葛飾区新小岩2、アルバイト、薛章文容疑者(51)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。薛容疑者は仲間の中国人らと共謀し、第三者のパソコンに「トロイの木馬」と呼ばれる不正プログラムを仕掛け、ネットバンキングに侵入。他人名義の口座のIDとパスワードを抜き取り、現金を関係者の口座に不正送金したとみている。

 逮捕容疑は、8月31日、知り合いとみられる中国人の男名義の三井住友銀行の口座から、男を装って10万円を引き出したとしている。同課によると、薛容疑者は「知り合いの男に頼まれてやっただけ」と容疑を否認しているという。

 容疑者グループは、東京都あきる野市の男性会社員(27)のパソコンに侵入したとみられる。被害に遭ったのは八千代銀行のネットバンキングで、このパソコンから不正アクセスし、渋谷区の通販サイト運営会社名義の口座のIDとパスワードが盗まれたという。同口座からは、三井住友銀行に開設している男の口座など4口座に計500万円が送金されていた。逮捕容疑以外にも50万円が引き出されたという。

 八千代銀行経営企画部は「顧客には(使用パソコンを特定する)電子証明書方式への切り替えを薦めていたが、今回の事件後はそれを徹底し、再発防止に努めている」と話している。【伊澤拓也】

毎日新聞 2011年10月19日 11時47分

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111019k0000e040046000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

栃木で男性変死、脇で足縛られた男性は立ち去る(19日)

19日午前4時55分頃、栃木県益子町塙、農業上野忠さん(60)方の庭で、上野さんが倒れたのを新聞配達員(51)が目撃し、近くの消防署に連絡した。

 上野さんは救急車で病院に運ばれたが、死亡が確認された。上野さんと一緒にいた70歳くらいの男性が現場から立ち去っており、真岡署は傷害致死事件の可能性もあるとみて調べている。

 発表によると、上野さんの後頭部にコブがあり、微量の出血があった。配達員が現場を訪れた際、立ち去った男性は縄で足などを縛られ、あおむけに横たわっていた。上野さんはその脇に立っていたが、直後に倒れたという。

 同署は立ち去った男性の行方を追うととともに、上野さんの死因の特定を急いでいる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

封筒開けたら爆発、女性やけど 長野・茅野(19日)

19日午前0時20分ごろ、長野県茅野市玉川のアルバイト女性(47)方で郵便物が爆発したと、近所の住民から110番通報があった。県警などによると、女性が封のテープをはがしたところ、いきなり爆発した。女性は顔や手にやけどを負って病院に運ばれたが、命に別条はないという。

 封筒は燃えてほとんど残っていないが、女性は「厚みがあった」と話しているといい、県警は爆発物が仕掛けられた可能性もあるとみて、傷害と爆発物取締罰則違反容疑で調べている。

 県警などの調べでは、封筒は切手が貼られた縦長の茶封筒で、宛先に女性の住所と名前が書かれており、差出人の名前もあった。同居している20代の息子が17日午後、郵便受けから取り出した郵便物の中に含まれていた。息子が玄関先に置いておいたところ、19日未明に仕事から帰った女性が玄関先で開封し、爆発に遭ったという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

革マル派活動家を逮捕、名古屋の拠点捜索(19日)

静岡県警は19日までに、ホテルに偽名で宿泊したとして、有印私文書偽造・同行使などの疑いで、住所不定、職業不詳、革マル派活動家の荒川洋平容疑者(69)を逮捕。名古屋市中区の革マル派の活動拠点「解放社東海支社」を19日、家宅捜索した。

 逮捕容疑は、昨年2月20日、静岡県掛川市のホテルで宿泊カードに虚偽の住所や名前を記入し宿泊したとしている。

 県警によると、同容疑者は黙秘している。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111019/crm11101912090007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・板橋区のアパートで女性変死は病死の可能性(19日)

17日、東京・板橋区のアパートで65歳の女性が死亡しているのが見つかり、警視庁が捜査をしていましたが、女性は病死の可能性が高いことが分かりました。

 正午ごろ、板橋区富士見町のアパートの一室で、この部屋に住む65歳の女性が死亡しているのが見つかりました。警視庁は、女性が事件に巻き込まれた可能性もあるとみて遺体の司法解剖を行ったところ、死因は内臓疾患による病死とみられることが分かりました。警視庁によりますと、女性は肝臓を患っていたということです。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211018045.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国の警察のサイバー犯罪担当者会議 ネット利用者の自衛力を高めることを呼びかけ(19日)

全国の警察のサイバー犯罪担当者の会議が警察庁で開かれ、インターネットバンキングへの不正アクセス被害が急増するなど、サイバー犯罪が増加する状況への対処や、犯罪を検挙で抑止する方針などが呼びかけられた。
ネットバンキングへの不正アクセスによる被害金額は、2011年4月以降、全国およそ50の金融機関でおよそ2億8,000万円にのぼっているという。
片桐 裕警察庁長官は18日の会議で、サイバー犯罪の検挙件数が毎年最多を更新している状況や、個人のパソコンが知らぬ間に犯罪に利用される実態などを指摘し、被害を防止するため、ネット利用者の自衛力を高めることを呼びかけた。
また、次期通常国会に向け、フィッシング対策を中心にした不正アクセス禁止法の改正を検討していることも明らかにした。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00209777.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

宮城・蔵王町27歳女性白骨化遺体事件 死体遺棄容疑で都内に住む19歳少年を逮捕(19日)

宮城・蔵王町の山林で、27歳の女性の白骨化した遺体が見つかった事件で、警察は18日夜、女性と交際していた東京都内に住む19歳のアルバイトの少年を死体遺棄の疑いで逮捕した。
逮捕されたのは、東京・多摩市に住む19歳のアルバイトの少年。
警察の調べによると、少年は2011年7月下旬ごろ、蔵王町遠刈田温泉の山林に、柴田町の大槻恵美さん(27)の遺体を全裸にして遺棄した疑いが持たれている。
白骨化した女性の遺体は、道路から10メートルほど離れた林の奥で発見された。
道路は車の往来は少なく、人の姿はほとんどない。
警察は、大槻さんと交際していた少年から事情を聴いていたが、容疑が固まったとして、18日夜、東京都内で逮捕した。
調べに対し少年は、「身元がわからないように衣服を脱がせて遺棄した」と容疑を認めていて、「2010年12月ごろ、出会い系サイトで大槻さんと知り合った」と供述しているという。
また少年は、大槻さんの殺害についても認める供述をしているということで、警察は、動機などについてくわしく調べることにしている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

刺した少年、「会ったのは2回目」と供述 (19日)東京・小金井公園

17日に東京・小平市の公園で、静岡県に住む会社員の19歳の少年が44歳の入戸野敬子さんを包丁で刺し、入戸野さんが死亡した事件で新たな供述です。

 逮捕された少年は、取り調べに対し「入戸野さんとは今年2月に初めて会った。今月14日に入戸野さんから『会いたい』と連絡があり上京した。会ったのは今回が2回目だった」などと供述していることが、警視庁への取材で新たにわかりました。

 また警視庁によりますと、少年は事件の直前に入戸野さんの自宅を訪れていたことも新たに判明。少年は「この際、入戸野さんが凶器となった包丁を、自ら自宅から持ち出したのだと思う」などとも供述しているということです。

 少年は入戸野さんとおよそ3年前に携帯電話の出会い系サイトで知り合ったとみられ、動機については「入戸野さんに頼まれ刺した。彼女を病気から救いたかった」などと供述しています。

 警視庁は今後、容疑を殺人に切り替えて、さらに調べる方針です。(18日18:37)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車:歩道走行禁止、厳格運用…警視庁が安全対策策定へ(19日)

警視庁は、自転車の車道左側走行の原則を順守させ、これまで積極的に摘発していなかった歩道走行の取り締まりを徹底する方針を固めた。そのうえで自転車のルール順守や走行環境の整備なども盛り込み、全国の警察本部で初となる包括的な自転車安全対策の策定作業に入った。東日本大震災以降、通勤・通学に自転車を利用する人が増え、交通事故全体に占める自転車事故の割合も増加。警視庁は「マナーを守れば防げる事故は多い」と意識向上による事故減を目指す。【伊澤拓也】

 ◇震災後に事故急増

 警視庁は自転車ブームが高まった数年前から摘発強化に乗り出している。昨年の取り締まり件数は信号無視が300件(前年比189件増)、ブレーキのない競技用自転車「ピスト」など制動装置不良が661件(同659件増)に上り、今年はさらに昨年を上回るペースだという。

 一方、歩道での高速走行や一時停止違反の摘発はほとんどなく、警視庁幹部は「黙認と受け取られても仕方がない側面もあった」と話す。

 今後は道路交通法の規定通り、子供や高齢者らを除き車道の左側を走るよう促し、走行可能な歩道を走る場合も安全徹底を求める方針とみられる。

 東京都内で昨年起きた歩行者と自転車の事故は1039件で全国の約4割に上り、今年8月までの事故全体に占める自転車関連事故の割合は37.8%で過去最高を更新する勢いだ。

 今年3月の震災以降の半年間の通勤・通学中の事故も、前年同期より5%(96件)増えている。警視庁は「このままではさらに事故が増える可能性が高い」とみている。

 研究者によると、自転車事故の7割は交差点で起き、歩道走行が主要因。昨年2月には渋谷区で歩行中の女性(当時69歳)がピストにはねられて死亡する事故も起きている。

 60年に制定された道交法は自転車の歩道走行を禁じたが、車道事故が増え、70年には標識のある歩道に限って走れるよう改正。歩行者との接触事故が目立つようになると78年の再改正で、走行可能な歩道での徐行や歩行者の前での一時停止を義務付けた。

 警視庁幹部は「道交法の基本に立ち返って歩行者との事故を減らし、車道でのルールを守った走行を訴えたい」と、安全対策の効果に期待する。

 また、警視庁は都と連携し、車道の左側を線で区切る自転車レーンのほか、路面を色分けして自転車と歩行者の通行部分を明示した歩道の整備を進める。現在は自転車レーンが13カ所9キロ、カラー舗装歩道が40カ所37キロにとどまるが、3年以内に計10カ所31キロを新設する方針を決めている。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111019k0000m040191000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

保育所近くに暴力団事務所開設、逮捕…全国初(19日)

 禁止区域に暴力団事務所を開設したとして、大阪府警捜査4課と曽根崎署などは18日、暴力団山口組顧問で2次団体「章友会」会長・石田章六(本名・朴泰俊)容疑者(78)(大阪府箕面市)ら同会幹部3人を府暴力団排除条例違反(事務所開設禁止)の疑いで逮捕した。

 10月に全都道府県で出そろった暴排条例で、同禁止規定を適用した逮捕は全国で初めて。

 ほかの逮捕者は、同会若頭・松岡錠司(44)(東京都荒川区)、同会本部長・高橋晃彦(49)(大阪市北区)両容疑者。

 発表では、3人は10月上旬、保育所から200メートル以内の禁止区域にある大阪市北区のビルに事務所を移転、開設した疑い。「200メートル以上離れていると思っていた」などと供述、いずれも犯意を否認しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「子供に会わせろ」小学校に押しかけ教師を殴る 37歳の男逮捕(19日)

「自分の子供と会わせろ」と子供が通う小学校に押しかけ、止めた教諭に殴る蹴るの暴行を加え、けがをさせたとして、仙台東署は18日、傷害の疑いで仙台市宮城野区岩切、派遣社員、須東俊幸容疑者(37)を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 調べによると、須東容疑者は18日午前10時55分ごろ、仙台市宮城野区の小学校で、この小学校の教諭2人に殴る蹴るの暴行を加え、それぞれ左足打撲、顔面挫傷などの軽傷を負わせた疑いがもたれている。

 須東容疑者は、妻子にたびたび暴力をふるうため、9月末、仙台地裁からDV保護法に基づき、妻子の自宅、妻の実家に接近することを禁じる命令を受けていた。

 18日は須東容疑者の子供の男児が通う仙台市宮城野区の小学校に押しかけ、「子供に会わせろ」と叫んで暴れ、止めに入った教諭を殴ったという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

春日野親方が弟子暴行 服装注意、アイアンで殴る(19日)

大相撲の春日野親方(49)=元関脇、栃乃和歌=が、弟子を暴行した疑いがあることが18日、警視庁本所署などへの取材で分かった。同署によると、春日野親方は暴行を認め「外出の際、着物を着るよう何度も注意したが、言うことを聞かないので殴った」などと説明。負傷の程度など事実関係を調べている。

 同署によると、春日野親方は14日、東京都墨田区の春日野部屋で、栃ノ心(24)ら弟子3人の腹や背中を素手やゴルフのアイアンで殴るなどした疑いが持たれている。

 16日に同署などに匿名の通報があり、調べたところ、部屋でグリップが折れたアイアンが見つかったという。

 産経新聞の取材に対し、春日野親方は「悪いことをしたので、本人たちを怒った。俺もやりすぎた部分がある」と暴行の事実を認めたうえで、「重傷者もなく本人たちも元気に稽古している」と話した。

 春日野親方によると、日本相撲協会に対し、すでに経緯を説明したという。同署によると、被害届の提出などはないという。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111019/crm11101901150000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死体遺棄容疑で19歳少年を逮捕 宮城・蔵王の白骨遺体 殺害も認める(19日)

宮城県蔵王町の国有林で今年9月、同県柴田町船岡、無職、大槻恵美さん(27)の白骨化した遺体が見つかった事件で、宮城県警捜査1課と白石署は18日、死体遺棄の疑いで東京都多摩市のアルバイトの少年(19)を逮捕した。宮城県警捜査1課は同日、白石署に捜査本部を設置した。少年は「服を脱がせて遺体を捨てた」と容疑を認め、殺害についても認めているという。

 調べによると、少年は今年7月下旬ごろ、死亡した大槻さんの遺体を、宮城県蔵王町遠刈田温泉の国有林に遺棄した疑いがもたれている。

 遺体は9月19日、キノコ採りをしていた男性が頭部の骨を発見。発見した場所の周囲30メートル以内でほぼ1体分の白骨が見つかった。

 大槻さんの親族によると、7月ごろから大槻さんと連絡が取れなくなり、県警に相談していた。発見された歯の治療痕が大槻さんのものと一致したため、DNA型鑑定を進めていた。 大槻さんは柴田町のアパートで一人暮らしをしていたが、最近まで使っていたはずの携帯電話がなくなっていた。また少年と交際をめぐりトラブルになっていたことが分かっていた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111018/crm11101823490032-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴排通告企業脅す 道仁会系社長を逮捕 報復阻止へ警察全力(19日)

暴力団排除条例を受け下請け参入を断られたため、東証1部上場の中堅ゼネコン、東急建設(東京都渋谷区)から1億円を脅し取ろうとしたなどとして、警視庁組織犯罪対策3課は18日、恐喝未遂と会社法違反(利益供与要求)の疑いで、福岡県久留米市南、建設会社社長、菊池通昌容疑者(63)を逮捕した。菊池容疑者は「金は要求していない」などと一部否認しているという。

 同課によると、菊池容疑者の親族が指定暴力団道仁会系元組員で、会社では暴力団と関係がある右翼団体の代表が幹部を務めていた。菊池容疑者は平成14年に東急建設から下請け工事を受注、以降12件の工事を請け負っていた。道仁会の影響力を背景に工事に参入していたとみられる。

 逮捕容疑は、今年2~3月、東急建設九州支店に、「付き合いをやめるというなら退職金1億円が必要だ」などと金を脅し取ろうとしたほか、「暴力団との関係についてご返答いただきたい」などと文書を送り、下請け参入を求める不当な利益供与要求をしたとしている。

 東急建設側は福岡県で昨年4月、暴力団排除条例が施行されたのを受け、昨年末ごろから菊池容疑者に取引の停止を求めていた。これに対し、菊池容疑者は繰り返し同社に工事への参入要求を続けたほか、東急建設株を購入し株主総会に出席、発言していたという。

 

続きを読む "暴排通告企業脅す 道仁会系社長を逮捕 報復阻止へ警察全力(19日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月18日 | トップページ | 2011年10月20日 »