« 2011年10月13日 | トップページ | 2011年10月15日 »

2011年10月14日

2011年10月14日 (金)

まだ夜勤1人だった…北海道のすき家に包丁強盗(14日)

14日午前3時10分頃、北海道旭川市豊岡14の6の牛丼店「すき家旭川豊岡店」に若い男が押し入り、レジカウンター内にいた男性店員(24)に包丁(刃体約20センチ)を突きつけて「金を出せ」と脅した。

店員が

厨房

(

ちゅうぼう

)

に逃げ込むと、男は何も取らずに走って逃げた。店員にけがはなく、旭川東署は強盗未遂事件として捜査を開始。防犯カメラの映像を公開し、情報提供を求めている。

 発表によると、男は身長約1メートル60~1メートル65センチのやせ形。上下黒っぽい服を着て、白いマスクで顔を隠していた。すき家を運営する牛丼チェーン最大手「ゼンショー」(東京)は、防犯体制に不備が目立つとして、12日に警察庁から夜間の従業員増を要請されているが、店内の店員は1人だった。

 ゼンショーホールディングス広報は「夜間の勤務者を複数にするよう指導しているが、早急に対応できない店もある。今後、改善に努める」と説明。道警は道内にあるすき家各店の防犯診断・指導を急ぐ方針だ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁が高齢者向けの自転車教室 (14日)

高齢者が自転車に乗っていて事故にあうケースが相次いでいることから、警視庁は高齢者向けの自転車教室を開催しました。

 幅が狭い台の上を自転車で走る高齢の男性。バランスを崩し、転落してしまいます。14日に東京・世田谷区で開かれたこの自転車教室には、65歳から84歳までの高齢者およそ80人が参加しました。

 高齢者の死亡事故のおよそ2割が自転車に乗っている間に起きているということで、警視庁は交通ルールを守って安全運転するよう呼びかけています

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4851833.html

Logo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野・南牧村白骨化遺体事件 徳原さんとみられる人物の知人「店で人気はあった」(14日)

長野・南牧村の別荘地で見つかった一部白骨化した遺体は、沖縄県出身の37歳の男性と判明した。この男性と思われる人物の知人が、「同じ職場で働いていた、かつての友人ではないか」と証言した。
9日に、長野県の高級別荘地で見つかった一部白骨化した遺体。
身元不明だったこの遺体は、沖縄県出身の男性・徳原マイケルウイリアムさん(37)と判明した。
右上腕部に人魚の入れ墨、上半身には豊胸手術の痕、そして、着用していたのは女性用とみられる7分袖のTシャツで、髪は茶色系のロングヘアだった。
小中学校の同級生は、徳原さんについて「一言で言えばやんちゃな子。しゃべり方自体は『女の子』というか。20代になってから、うわさで『那覇の方でオカマになってる』って話は聞いたんですけど」と話した。
長野県警によると、徳原さんの住民票は東京都内にあるものの、最近はその場所に住んでいた形跡はないという。
また徳原さんは、風俗店の従業員として、職場を転々として暮らしていた。
徳原さんは、どのような人だったのか。
徳原さんの出身地の沖縄の親族は「かわいい子だったけど、いたずらしたり、年の割にいろいろですよ。わんぱくだったと思います。わんぱく少年」と語った。
親族によると、徳原さんは母親が日本人、父親はアメリカ人で、父親はすでに他界しているという。
そうした中、FNNの取材班は、徳原さんと思われる人物の知人から、気になる証言を得た。
この人物は、徳原さんが昔同じ職場で「ニーナ」と名乗って働いていた、かつての友人ではないかという。
徳原さんと思われる人物の知人・梅宮 さやかさんは「外人さんにしか見えないし、会話してても日本語なんだけど、外人風なの。『日本人じゃないでしょ、うそついて』と言ったら、『ハーフなんだ。沖縄(出身)だし』という流れで聞いて。本当に外人さんに見える子だった」と話した。
この知人が所有していた写真では、ニーナと名乗っていた人物が、中央でピースサインを作り、笑顔を見せていた。
この人物とは、10年ほど前、都内の同じ店で働いていたという。
梅宮さんは「(店で彼女の)人気はあった。当時、No.1はわたしで、3番手くらいにいたんじゃない。(一緒に生活していても)わたしがイケイケだったんだけど、彼女はどっちかというと地味な感じ。おとなしい、『オンナおんな』した子」と語った。
この人物が、徳原さんであるかどうかは断定されていない。
徳原さんは、なぜ住民票のある東京から遠く離れた長野県で遺体となって見つかったのか。
警察は、徳原さんの足取りをたどるとともに、交友関係などを調べている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00209525.htmlLogo4_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東大のキャンパスで自転車のサドル外されブロッコリー差し込まれる 器物損壊容疑で捜査(14日)

東京大学のキャンパスで、駐輪場の自転車のサドルが外されて代わりにブロッコリーなどが差し込まれ、周辺にペンキで落書きされているのが見つかり、警視庁は器物損壊の疑いで捜査している。
14日午前6時ごろ、東京・文京区の東京大学・本郷キャンパスの駐輪場で、10数台の自転車のサドルが外され、代わりにブロッコリーなどが差し込まれているのを警備員が発見した。
サドルは、ごみ箱に捨てられていたり、地中に埋められていて、周辺にはペンキで落書きもされていたということで、警視庁は器物損壊の疑いで捜査をしている。
東京大学では、9月にも同様なブロッコリーが差し込まれた自転車が見つかっていて、東京大学は、「今回の件で被害届を出す方針です」とコメントしている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:声かけ予防訓練--県警、愛媛銀行 /愛媛(14日)

14日に始まる振り込め詐欺予防活動推進期間に合わせ、県警生活安全企画課は13日、松山市千舟町5の愛媛銀行末広町支店で、銀行利用者がだまされないよう、行員とともに被害予防訓練を行った。

 訓練は同課の課員が扮(ふん)した高齢者が、息子が会社で不祥事を起こし金を振り込まないと解雇されると連絡を受け、振り込みにきたとの設定。窓口で応対した同行員は真剣な表情で「最近息子さんから番号が変わったという連絡がありましたか」などと高齢者を説得し、訓練に取り組んでいた。行員の渡部あゆみさん(23)は「訓練を生かして被害者をなくしたい」と話していた。

 同課によると、県内の振り込め詐欺事件は9月末現在で27件発生し、被害額は約3200万円にのぼるという。【村田拓也】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20111014ddlk38040647000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:窓口で防げ 信金職員ら30人が訓練--西宮 /兵庫(14日)

西宮署などは13日、西宮市城ケ堀町の尼崎信用金庫西宮支店で、振り込め詐欺防止を目的にした窓口での対応訓練を行った。同信金の職員ら約30人が参加した。

 訓練では▽息子を名乗る男から「株で失敗して借金した」という電話を受け、窓口に来た女性▽未公開株の購入を持ちかけられ、振り込みに来た男性--の2パターンを想定。西宮防犯協会会員が「被害者役」となり、同信金の職員らが窓口で振り込め詐欺の可能性を指摘し、説得した上で被害を未然に防いでいた。

 同支店の俣野耕一郎次長(37)は「金融機関はお客様の資金を守る最後のとりでなので、今回の訓練を参考に、詐欺被害を未然に防ぐ努力をしていきたい」と話した。【後藤豪】

〔阪神版〕

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20111014ddlk28040372000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団幹部であること隠しマンション契約(14日)

埼玉県警所沢署は14日までに、詐欺の疑いで、所沢市けやき台、指定暴力団住吉会系組幹部、河合信二容疑者(45)を逮捕、さいたま地検川越支部に送検した。

 所沢署の調べでは、河合容疑者は平成22年4月16日、暴力団幹部であることを隠し、不動産仲介業者にマンションの賃貸を申し込み、5月5日に賃貸契約を結んだ疑いが持たれている。

関連記事

記事本文の続き 所沢署によると、河合容疑者は賃貸契約書に暴力団排除条項が定められていたにもかかわらず、会社員だと偽って契約したという。河合容疑者は「悪いことはしていない」と否認しているという。Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

警視庁管内体感治安(14,15日単位・レベル)

振り込め詐欺撲滅運動

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201110061036000

 偶数月の15日の年金支給日に、高齢者が金融機関を利用することが多くなることから警視庁は14日から11月末までを振り込め詐欺撲滅期間としている警視庁。

 テレビ朝日によると初日の14日、東京・足立区の銀行で、高校生のボランティアが高齢者に振り込め詐欺への注意を呼びかけたという。都立足立工業高校のボランティアの生徒5人が、足立区の銀行の前で振り込め詐欺の被害防止を呼びかけるティッシュを配り、「年金支給日を狙った振り込め詐欺が発生する可能性があります。気をつけて下さい」と呼びかけた。

 9月末現在、警視庁管内の振り込め詐欺の被害総額は25億3280万円で前年同期に比べて約4億円増加している。このため警視庁は11月末までの撲滅期間に取り締まりを強化するという。

 振り込め詐欺で口座凍結はあまり効果がなくなった。もし日本の警察が本気で振り込め詐欺撲滅に取り組むのなら、次なる手は携帯電話の通信停止しかない。

 かつてメールでの架空請求事案が相次いだ時、ソフトバンクなどは携帯電話契約時の約款に基づいて犯罪に利用されているとして対象携帯の使用停止にしたことがあった。やればできるのです。やる意思があるかないかなのです。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大生遺棄:遺体付着のポリ袋片 電話帳の配布用(14日)

09年11月に島根県浜田市の県立大1年生、平岡都さん(当時19歳)が広島県の山中で遺体で見つかった死体遺棄事件で、島根、広島両県警の合同捜査本部は14日、遺体に付いていたポリ袋片が、約16年前に中国地方の業者がNTTの電話帳の配布用に製造したものと同一だったと発表した。

 捜査本部によると、配布用ポリ袋は縦52.5センチ、幅27センチのポリエチレン製。1995年ごろに製造され、この頃に中国地方で流通したとみられる。

 捜査本部は遺体解剖時、小さなポリ袋片が付着しているのを発見。印刷された文字のインク成分を分析するほか、11年5月には字体を公表し情報提供を呼びかけていた。ポリ袋片が遺体に付着していた理由は分かっていない。

 平岡さんは09年10月26日午後9時15分すぎ、アルバイト先の浜田市内のショッピングセンターを退店してから行方不明となった。遺体は同年11月6日以降、広島県北広島町の臥龍(がりゅう)山で相次いで発見された。犯人は分かっていない。捜査本部は情報提供を呼びかけている。フリーダイヤル(0120・385・301)。【目野創、宮川佐知子】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111014k0000e040077000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団の名札シール作製・販売、暴排条例で指導(14日)

指定暴力団山口組系事務所に名札用シールを作製・販売したとして、奈良県警組織犯罪対策2課は13日、県暴力団排除条例(利益の供与の禁止)に基づき、県内の看板等製造業者に対する指導を行った。

 同条例に基づく指導は初めて。

 発表では、シールは事務所内に貼る役職や名前が書かれていた。8月頃に注文を受け、1枚1000円で販売した。

 同課によると、同社は10年以上にわたり、この事務所に年間約10枚を販売していたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

何が暴力団への利益供与? 警視庁、電話で相談受け付け(14日)

T_tky2011101402591

1日に施行された東京都暴力団排除条例への理解を深めてもらおうと、警視庁は14日午後から24時間対応の電話相談を始めた。どんな行為が「暴力団への利益供与」になるかといったQ&Aも近く公表する。同庁幹部は「条例施行前の過去の付き合いは問わない。困りごとがあればぜひ相談を」と呼びかけている。

 組織犯罪対策総務課によると、条例施行後、企業などから問い合わせが相次いだのがきっかけ。とりわけ「どこまでが利益供与にあたるのか」といった質問が多かったという。

 条例では、相手が暴力団と知りながら商取引などをすると違反の対象になる。ただし暴力団だと気づいた後に、警視庁本部や各警察署に「自己申告」すれば違反にはならない。

続きは朝日新聞デジタルでご覧いただけます

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「騒音が頭に来た」 隣人をナタで襲撃 59歳男逮捕 夫けが、妻子逃げ無事(14日)

 アパートの隣人をナタで切りつけ負傷させたなどとして、警視庁三鷹署は殺人未遂の現行犯で東京都三鷹市北野、大工、坂元良久容疑者(59)を逮捕した。同署によると、「隣の音がうるさくて頭に来てやった」と供述しており、詳しい経緯を調べている。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、13日午後10時20分ごろ、三鷹市北野のアパート2階で、隣人の男性会社員(26)を殺害しようとナタで切りつけ、右足に2週間のけがをさせたなどとしている。

 同署によると、坂元容疑者はベランダをつたい、窓を割って室内に侵入。室内には男性の妻や子供もいたが、玄関から逃げ出して無事だった。「助けて」という男性の悲鳴を聞いた近所の住民が110番通報。駆けつけた警察官が坂元容疑者を取り押さえた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警備先の球場で野球グッズ大量にもらう 警視庁警部補を懲戒免職(14日)

明治神宮球場の倉庫からプロ野球「東京ヤクルトスワローズ」のTシャツを盗んだとして警視庁四谷署警備課の警部補の男(51)が逮捕された事件で、この警部補が大量の野球グッズを球場関係者からもらったり、ゴミ置き場から拾ったりして、同僚に配っていたことが14日、警視庁への取材で分かった。同庁は「犯罪ではないが不適切な行為」としている。

 警視庁は同日、この警部補を懲戒免職処分とした。刑事手続き上は、すでに起訴猶予処分となり、釈放されているという。同庁によると、逮捕当初は容疑を否認していたが、現在では認めている。

 警視庁によると、警部補は平成21年5月~今年9月、新宿区霞ケ丘町の神宮球場で警備を担当した際、球場関係者からもらったり、場内のゴミ置き場から拾ったりしたボールやバット、Tシャツなど476点を署の同僚ら127人に渡していた。

 この警部補は8月28日、球場倉庫に侵入し、球団名が入ったTシャツ6枚などを盗んだとして逮捕されていた。その後の調べで、ほかにも3回にわたって倉庫に侵入したことを認めたが、「めぼしいものはなく盗んでいない」と供述したという。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111014/crm11101417310027-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

勤務中に女性呼び出しわいせつ行為(14日)

佐賀県警は14日、勤務中に知人女性にわいせつな行為をしたとして、所轄署に勤務する刑事課の男性巡査長(28)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査長は同日、依願退職した。

 県警監察課によると、巡査長は7月29日午後10時ごろ、捜査車両で佐賀地裁を訪れ令状の発付を待っている間に、20代の知人女性に電話して女性の自宅近くに呼び出し、車の中で無理やり首筋にキスをするなどした。巡査長は「性的関係を持ちたかった」と話している。女性が告訴しなかったため、県警は立件を見送った。

 黒田弘首席監察官は「職員の指導監督を徹底し、信頼回復に努めたい」とコメントした。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111014/crm11101417070025-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

猫鳴き、屋根裏に…時効近い窃盗事件の証拠発見(14日)

大分県警宇佐署は13日、窃盗罪で実刑判決を受けて服役中の中津市出身の男(26)を住居侵入、窃盗容疑で逮捕した。

 時効(7年)が約1か月後に迫っていたが、新たな証拠から容疑者を特定した。

 発表によると、男は2004年11月14日午後3時から15日午前1時40分にかけて、宇佐市内の女性(69)方の窓ガラスを割って侵入し、百数十万円と手提げバッグなどを盗んだ疑い。容疑を認めているという。

 男がかつて住んでいた家の住人が、屋根裏から女性のバッグを見つけ、同署に届け出た。中には女性名義のカードと通帳が入っており、男の指紋が付いていた。

 バッグは、猫が鳴いたため、住人が心配になり、屋根裏に入った際に見つけたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

三重で川岸に女性遺体、深い刺し傷…殺害か(14日)

13日午後2時40分頃、三重県鈴鹿市上野町の鈴鹿川左岸の草むらで、女性が倒れているのを散歩中の近所の男性が見つけ、近くの交番に連絡した。

 県警鈴鹿署員が駆けつけると、女性は手首や首から血を流し、すでに死亡していた。深い刺し傷もあり、付近に刃物のようなものがないことなどから同県警は殺害された可能性が高いとみて、身元の確認を急ぐとともに、14日に司法解剖して死因を調べる。

 発表によると、女性は身長約1メートル50、50~60歳。小太りで、黒のワンピースを着ており、近くに女性のものとみられるサンダルがあった。傷は首と胸に5~6か所あり、左手の指には防御創とみられる傷があった。所持品はないという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁長官に片桐次長昇格(14日)

Crm11101409470004s11

警察庁の安藤隆春長官(62)が勇退し、後任に片桐裕(かたぎり・ゆたか)次長(60)=写真=が昇格することが、14日の閣議で承認された。17日付で発令される。

 安藤長官は愛知県出身。昭和47年に警察庁に入り、警視庁公安部長、警察庁次長などを経て、平成21年6月に長官に就任した。

 長官在任中は指定暴力団山口組の集中取り締まりを推進するなど暴力団対策に力を入れたほか、昨年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)の警備や今年3月の東日本大震災と福島第1原発事故の災害警備で陣頭指揮に当たった。

 片桐次長は東京都出身。昭和50年に警察庁に入り、京都府警本部長、警察庁生活安全局長、官房長などを経て、平成21年6月から次長を務めていた。

 次長には米田壮官房長(59)、官房長には金高雅仁刑事局長(57)がそれぞれ就任する。

 安藤長官の勇退で、8月5日付で就任した警視庁の樋口建史警視総監(昭和53年警察庁入庁)と警察庁長官との入庁年次の差は、6年から3年に縮小する。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111014/crm11101409470004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交番に駐車パトカーの窓ガラス割られる 大阪(14日)

14日午前2時55分ごろ、大阪府高石市千代田の高石駅前交番前に止めてあったパトカーの窓ガラスが割られているのを、別のパトカーで交番に戻ってきた大阪府警高石署員(51)が発見した。

 高石署によると、後部ガラスと左側のサイドミラーが割られており、車内などにこぶし大の石が2個が落ちていた。当時、交番内には別の署員がいたが仮眠中で異変に気が付かなかったという。同署は器物損壊事件として調べている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111014/crm11101410380005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺対策で警視庁が高齢者への声かけ訓練(14日)

振り込め詐欺の最後の砦(とりで)は銀行の窓口です。警視庁が、銀行員を対象として高齢者への声かけ訓練を行いました。

 行員:「(息子さんに)再度、電話されましたか」「以前の番号に電話して、本当か確認を」
 訓練は、息子を装った人物から振り込みを依頼された高齢者が、銀行の窓口を訪れる設定で行われました。警視庁の指導のもと、銀行員が息子などに再度、確認するように勧めました。9月末現在、都内の振り込め詐欺の認知件数は去年の同時期に比べて減少傾向ですが、被害総額は25億3280万円と約4億円増加しています。警視庁は、14日から11月末までを「特殊詐欺撲滅期間」として取り締まりを強化する方針です。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強奪の現金 運んだ疑いで逮捕(14日)

東京・立川市の警備会社で現金およそ6億円が奪われた事件でこのうちのおよそ4000万円を主犯格の男とともに運んだなどとして指名手配されていた男が警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、住所不定、職業不詳の進藤和哉容疑者(26)です。
この事件は今年5月、「日月警備保障」の立川市の営業所で現金6億円が奪われたもので、警視庁はこれまでに主犯格の元暴力団員の男ら13人を逮捕するとともに奪われた金のうち、およそ4000万円を知人宅に運んだなどとして進藤容疑者を指名手配して行方を捜査していました。
その結果13日夕方、東京・中野区内で進藤容疑者を見つけ盗品等運搬の疑いで逮捕しました。
調べに対し、進藤容疑者は「札束を見た記憶はあるが現金は運んではいない」などと供述しているということです。
進藤容疑者は主犯格の元暴力団員の運転手だったということで警視庁は見つかっていない現金の行方を捜査するとともに犯行グループが内部事情に詳しい人物から情報を入手したとみて調べています。

10月14日 04時43分

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003246112.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁、自転車がからむ交通事故の増加を受けて取り締まり強化など対策に乗り出す(14日)

東日本大震災以降、通勤・通学で自転車を利用する人が増加し、自転車がからむ交通事故が多発していることを受けて、警視庁は、違反者の取り締まりを強化するなど、対策に乗り出した。
警視庁が13日、東京・中野区の中学校で開いた交通安全教室では、スタントマンが実際に自転車に乗って、事故の危険性を実演した。
東京都内では、3月の大震災以降、通勤・通学で自転車を利用する人が増加したことで、自転車がからむ交通事故が多発し、中でもブレーキがついていない「ピストバイク」と呼ばれる競技用自転車など、整備不良に関する摘発が半数以上を占めている。
警視庁は、自転車通勤を奨励する企業などと緊急会議を開催し、今後、企業に出向いて講習を行う方針。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00209468.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷の高線量:原発事故と無関係 床下の瓶にラジウムか(14日)

東京都世田谷区弦巻の区道から毎時3.35マイクロシーベルトの高い放射線量が検出された問題で、文部科学省は14日未明、東京電力福島第1原発の事故とは無関係と断定した。同区は13日、区道に面した住宅の床下から見つかったガラス瓶が発生源と発表。通報を受けて調べた文科省が、ガラス瓶は数十本で、表面は最大で毎時600マイクロシーベルト、中身は粉状で大半は放射性物質のラジウム226と推定されると明らかにした。一方、東京都北区の小学校と千葉県船橋市の公園で毎時1マイクロシーベルトを超える放射線量を測定した。【黒田阿紗子、川崎桂吾、吉住遊、橋本利昭、野田武】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111014k0000m040083000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

三井住友ネット銀行、不正送金被害1000万円(14日)

 三井住友銀行は13日、インターネットバンキングを利用する顧客が、同行からの連絡を装った電子メールを通じて契約者番号や暗証番号を盗み取られ、不正に現金が送金される被害が6件(被害総額は約1000万円)あったと発表した。

偽メールなどで個人情報を盗み取る「フィッシング詐欺」は、三菱東京UFJ銀行でも9月に起きている。三井住友銀行は警視庁に通報し、顧客に注意を呼びかけている。

 同行によると、10月4日以降、「三井住友銀行より大切なお知らせです」などの表題の電子メールが、匿名でも利用できるフリーメールのアドレスから不特定多数に送られているという。

 メールは偽サイトで暗証番号などを入力するよう求めており、応じた顧客の預金口座から不正送金が行われたとみられる。

 同行のネットバンキングは約1200万口座あり、これまでに約50件の問い合わせがあった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕後、自室から飛び降り死亡 覚醒剤共同所持の容疑者(14日)

愛知県警中村署は13日、覚醒剤取締法違反(共同所持)の疑いで現行犯逮捕した無職林美仙容疑者(39)=名古屋市千種区=が、連行前にマンション4階の自室から飛び降り、全身を打って死亡したと発表した。

 同署によると、13日午後4時20分ごろ、署員ら9人が林容疑者の自宅を捜索。林容疑者は同日午後5時ごろ、同居中の東野彰徳容疑者(43)と共に、自宅に覚醒剤約0.1グラムを所持していた疑いで現行犯逮捕された。その直後、林容疑者は捜査員のすきをみて玄関から廊下に出て、下の駐車場に飛び降りたという。2人は容疑を認めるような供述をしていたという。

 署員は、林容疑者に身の回りの物などを準備させるため手錠をかけていなかった。同署の松永潤副署長は「逮捕手続きは適正に行われたが、逃走を企てられたことは遺憾。再発防止に努めたい」と話している。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅で血を流した女性の遺体 首に圧迫された跡 大分(14日)

13日午後6時50分ごろ、大分市岡川の飲食店従業員平松保子さん(58)方で「母が布団の中で死んでいる」と、次男(37)から110番通報があった。大分南署員が調べたところ、平松さんは布団をかぶった状態で、口から血を流して死亡していた。首に圧迫されたような痕があり、殺人事件の可能性があるとみて調べている。

 同署によると、平松さんは次男と2人暮らし。次男は仕事で数日間留守にしたあと帰宅。1階の仏間で肩まで布団をかぶり、仰向けで口から血を出している平松さんを見つけた。普段着姿で、玄関は鍵がかかっていたという。14日に司法解剖し、死因などを調べる。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄出身の37歳男性と判明 長野の白骨遺体(14日)

長野県南牧村の別荘地で9日、一部が白骨化した遺体が見つかった事件で、身元は沖縄県出身で住所、職業不詳の徳原マイケルウイリアムさん(37)であることが13日、県警の調べで分かった。

 遺体が毛布にくるまれていたことも捜査関係者への取材で判明。土がかぶさった状態だったと分かっており、県警は死体遺棄事件と断定し、死因の特定を急ぎ、徳原さんの交友関係を中心に捜査を進める。

 県警によると、身体的特徴や知人から寄せられた「同僚ではないか」との情報から特定した。住民票から東京都内に住んでいたとみられるが、現在はその住所に別人が住んでいる。沖縄県に住む家族は長期間、連絡を取っていないという。

 遺体は9日午前9時ごろ、「八ケ岳高原海の口自然郷」の分譲中の土地で散策中の男性が発見した。司法解剖の結果、死後2~3カ月経過していた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111013/crm11101320360023-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗殺人未遂容疑で逮捕 警官はねられ重傷の事件 大阪府警(14日)

軽乗用車を物色中に警察官に見つかり、車ではねて重傷を負わせたとして、大阪府警捜査1課は13日までに、強盗殺人未遂容疑などで、堺市堺区の無職、藤木元博容疑者(29)と住所不定、無職、山下由記容疑者(20)の男2人を逮捕した。

 逮捕容疑は、2人は共謀し5月31日午前4時20分ごろ、堺市西区の団地駐車場で、軽乗用車を盗もうとした際、巡回中の西堺署の男性巡査部長(52)らに見つかり、近くに止めていた車で巡査部長をはね逃走、職務を妨害した疑い。

 捜査1課によると、藤木容疑者は「助手席に乗っていただけ」と否認。山下容疑者は「殺すつもりはなかった」と供述している。巡査部長は左足骨折などの大けが。

 事件の約5時間後に北西約4キロの住宅街で藤木容疑者らが乗り捨てたとみられる車が見つかり、遺留物から割り出した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111013/crm11101323140028-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月13日 | トップページ | 2011年10月15日 »