« 2011年10月11日 | トップページ | 2011年10月13日 »

2011年10月12日

2011年10月12日 (水)

タクシー運転手ばかりを狙ったヤミ金業者を摘発(12日)

「タクシー運転手必見」と書かれたティッシュを配り、客を集めていました。

 東京・中央区で貸金業を経営する佐藤崇史容疑者(41)ら4人は、今年6月までの2年間、タクシー運転手(67)ら6人に法定利息の最大77倍の金利で金を貸した疑いが持たれています。警視庁によりますと、佐藤容疑者らは、「所在や身分が分かりやすいので逃げられにくい」などとタクシー運転手ばかりを狙っていました。1年間で、600人から約7700万円の利息を荒稼ぎしていたということです。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211012038.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県で84歳女性が振り込め詐欺で2,200万円だまし取られる 犯人は被災地支援かたる(12日)

神奈川県に1人で暮らす84歳の女性が、新手の振り込め詐欺により2,200万円をだまし取られた。現金を持ち去った男は、被災地の支援を口にしていた。
この詐欺の被害に遭ったのは、フジテレビ「スーパーニュース」の田中政和ディレクター(32)の祖母。
田中ディレクターの祖母(84)は、神奈川県の一軒家で1人暮らしをしている。
祖母は「(合計いくらとられた?)2,200万円。それも3回にわけて」と語った。
10月4日、孫の田中ディレクターを装う男から電話があり、それを孫だと信じきってしまったという。
男の要求に応じて、700万円、500万円、1,000万円と、3回にわけて合計2,200万円もの現金を、詐欺グループに手渡してしまったという。
これは、2011年に神奈川県で起こった振り込め詐欺事件の最高額。
祖母と田中ディレクターを装う男との電話のやり取りの一部は以下の通り。

祖母「もしもし?」
男「もしもし」
祖母「誰? 正和?」
男「そうだよ」
祖母「フジテレビで働いているのはどう?」
男「順調だよ」
男「地震があった東北地方の人たちが、品不足だから、新しい暖房器具とかを売ったんだ。テレビの仕事をしながら副業でね」
祖母「うん」
男「でも、仕入れをしたところに払う金が足りなくて、会社のお金を使っちゃって、今、700万円必要なんだ」
祖母「ええ?」

震災を理由にした悪質な手口。
祖母は、すぐに銀行に行き、大事にためていた年金から現金700万円を引き出して箱に詰めたという。

田中ディレクター「電話の声で俺だと思った?」
祖母「思ったの。電話の声って、はっきり聞こえないじゃない」
田中ディレクター「俺が、フジテレビの金を横領したから、早く返さないといけないと?」
祖母「そうそう。(金を)入れれば大丈夫だからと」
祖母「そういうから、かわいそうに、どれだけ苦しんでいるんだろうと、そう思って。詐欺なんて、絶対ひっかからないと自分では自信を持っていた」

祖母は、不整脈や目の白内障を患っているが、孫のためという一心で、指定された薬局前へ向かった。
そこに現れたのは電話で伝えられていた「ハマグチ」という代理人。
祖母は「(ハマグチと名乗る男は)ニコニコと笑っているの。(犯人はどっちに行った?)駅の方に走っていった」と語った。
現金700万円をだまし取ったハマグチを名乗る男は、背広姿で、駅の方向に走っていったという。
その後、また田中ディレクターを装う男から電話がかかってきた。
「やっぱり、これでは足りない」と、さらに現金を要求され今度は、玄関前で金を渡したという。
祖母は「(2回目はいくら渡した?)500万円。しばらくたったらまた電話がかかってきたの。どうしても、今度は1,000万円足りないと。駄目って言ったら、泣きそうな声を出して、最後だからお願いします。二度とこんなことしませんからって」と語った。
3回にわたり現金を取りに来た詐欺グループ。
2度目に取りに来たのは、1度目とは違う中年の男。
3度目は最初に金を渡した男だった。
1日で合計2,200万円の被害となった。
その日の夜になり、田中ディレクター本人と連絡をとって、ようやくだまされたことがわかった。
数少ない手がかりとして残っていたのは、田中ディレクターを装った男の携帯電話の番号だった。
かけてみると、つながらなかった。
その後も周辺の取材をしたが、目撃者なども見つからなかった。
祖母は「悔しいよ。夜眠れないもの」と語った。
そこに、1つの手がかりが見つかった。
現金を渡した薬局の斜め向かいにある防犯カメラに、怪しい男の姿がとらえられていた。
防犯カメラに映っていた男は、黒っぽい背広姿で、白っぽい荷物を抱え、小走りで駅のある方向へ向かっていた。
警察は、この防犯カメラの映像を回収していて、この男が今回の詐欺グループの1人の可能性もあるとして、メンバーの行方を追っている。

Logo_mainichi_s1_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00209381.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

さらに2件追送検、ひったくりで逮捕の警察官 熊本(12日)

熊本県警は12日、非番の日に熊本市内で窃盗容疑で逮捕した県警捜査2課の巡査部長杉野健一容疑者(39)=同市=がほかにも2件のひったくりを繰り返していたとして同容疑で追送検した。

 追送検容疑は6月28日午後8時15分ごろ、熊本市出水の路上で女性(83)から現金約1万円が入ったバッグをひったくり、8月23日午後7時35分ごろにも同市水前寺の路上で別の女性(83)のバッグを奪った疑い。2人にけがはなかった。

 県警によると、取り調べで杉野容疑者が2件への関与を自供した。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111012/crm11101219490027-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

出所直後にタクシーで長崎-北九州を無賃乗車。詐欺容疑で男を逮捕(12日)

タクシーで長崎県から北九州市まで無賃乗車し、約7万6千円を踏み倒したとして、福岡県警八幡西署は12日、詐欺の疑いで、北九州市八幡東区尾倉の建設業、呉重吉容疑者(57)を逮捕した。同署によると、呉容疑者は長崎県内の刑務所を出所した直後にタクシーに乗ったという。

 逮捕容疑は7月16日午前9時50分ごろ、長崎県諫早市泉町からタクシーに乗車し、「山口県下関市まで行ってほしい」と指示。下関市を経由してさらに北九州市に向かい、運賃と高速道路料金の計約7万6千円を支払わなかった疑い。

 呉容疑者は「後で払うつもりだった」と容疑を否認している。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111012/crm11101219490028-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日単位・レベル)

死体の数なんか分からない!

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201110091458000

 「この日本に発見されない死体がなんぼあるか分からん。自殺体だけでなく、中には殺人事件の死体もいっぱいあるだろう」-これは、小欄が警視庁捜査1課を担当していた昭和61年ころの捜査1課第2係のデカの言葉だ。

 2係とは「死体なき殺人事件」を専門に捜査して犯人を逮捕し、犯人に死体のある場所を案内させるというセクション。おもに家出人を捜査の端緒としている。気の長い捜査で1年に1、2件解決すれば良いほうだった。

 そんな事件が最近、頻発している。死体が先に出るからまだいいほうだ…

 神奈川県平塚市で人の胴体とみられる骨などが見つかった事件で、11日には胸と腰とみられる部分が、それぞれ別の袋に入れられて発見された。9日には男性の頭部が見つかっており、警察は同一人物とみているという。

 さらに9日に長野県の別荘地で白骨化した遺体が見つかった事件があり、遺体は豊胸手術の痕があり右腕に人魚の入れ墨がある男だったという。小欄はタトーではないかと思うのだが…

 3日には東京・東久留米市のマンション地下1階にある汚水槽で、男性とみられる白骨化遺体が見つかった。遺体は死亡してから半年以上たっているという。

 3年前の平成20年に栃木県の山林で旅行バッグから見つかった遺体は、大阪府の25歳の女性だったという。栃木県警が頭の骨格などから推測される女性の復顔図を作成し公開していたところ、大阪府警の警察官が、捜索願が出ていた女性と似ていることに気づき、DNA鑑定などを行って身元を特定したという。これが職人ですよ。

 それにしても、なんでこうも簡単にバラバラにしたり物のように捨てたりするのか? これが犯罪天国の入り口ですよ。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

駐車場の遺体に入れ墨か 神奈川の切断死体遺棄事件(12日)

神奈川県平塚市で切断された遺体の一部が相次いで見つかった事件で、11日に駐車場で見つかった袋入りの胴体の部分に、入れ墨をしていたような痕があったことが12日、捜査関係者の話で分かった。

 県警は12日に司法解剖して死因などを調べるとともに、9日に市内の空き地で頭部が見つかった男性の遺体かどうかを鑑定し、身元確認を進める。

 県警によると、平塚市夕陽ケ丘の駐車場で11日に見つかったのは人の胸と腰とみられる部分。胸の部分は紙袋に入れられ、肋骨が浮き出ていた。腰とみられる部分は青いポリ袋で包まれ、骨盤とみられる骨があった。遺体は新聞紙でくるまれ、一部白骨化していた。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111012/crm11101214100015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ニューハーフと偽装結婚 容疑の組長逮捕「女性だと思っていた」(12日)

福岡県警は12日、交際相手だったニューハーフのフィリピン人男性に在留資格を取得させるため偽装結婚したとして、電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで同県那珂川町片縄、指定暴力団道仁会系組長、川口勇容疑者(60)を逮捕した。「女性だと思っていた。偽装結婚ではありません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、2009年2月26日、福岡市博多区役所にフィリピン人男性(40)を妻とした虚偽の婚姻届を提出して受理させるなどした疑い。

 博多署によると、2人は数年前、フィリピン人男性が働いていた福岡市の歓楽街・中洲のキャバレーで知り合った。別の偽装結婚事件を捜査する中で発覚したという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111012/crm11101214380018-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・府中市大学院生ひき逃げ事件 翌日出頭の当時19歳男を逮捕「怖くなって逃げた」(12日)

東京・府中市の路上で2011年7月、大学院生の男性がひき逃げされ死亡した事件で、当時19歳の男が警視庁に逮捕された。
自動車運転過失致死などの疑いで逮捕されたのは、当時19歳の男(現在20歳)。
この男は2011年7月、府中市白糸台で、自転車に乗っていた東京外語大学の大学院生・野上郁哉さん(当時24)を車でひいて死なせたあと、現場から逃走した疑いが持たれている。
男は、警視庁の調べに対し、「死んだと思って怖くなって逃げた」と容疑を認めているという。

Logo4_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00209372.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺:被災者と偽り無償で宿舎借りた男再逮捕 また貸しで家賃など受け取る(12日)

東日本大震災の被災者と偽り、国の特例措置を悪用して公務員用宿舎を無償で借りたとして、東京湾岸署は11日、西東京市ひばりが丘3、無職、井上龍二被告(35)=別の詐欺罪で起訴=を詐欺容疑で再逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、都庁の申請窓口で4月下旬、福島県内で被災したために義父らと入居するといううその申込書を提出。6月上旬~7月下旬、江東区の国家公務員宿舎2室の提供を受けたとしている。

 東京湾岸署によると、井上容疑者は2室のうち1室をインターネットを通じてまた貸しし、申し込んだ女性から家賃と初期費用名目で18万5000円を受け取ったという。

 井上容疑者は8月、被災者にホテルが無償提供される制度を悪用して中央区のホテルに宿泊したとして詐欺容疑で逮捕・起訴された。【浅野翔太郎】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111012mog00m040025000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

学校で硫酸盗み、さい銭箱の錠溶かす計画?失敗(12日)

 北海道白老町東町の町立白老中学校で理科準備室の窓ガラスが割られ、薬品庫から硫酸入りガラス瓶(500ミリ・リットル)4本と、塩酸入り瓶(同)3本が盗まれた事件で、同校から北西に約1キロ離れた白老八幡神社で、硫酸を使ったとみられる窃盗事件が起きていたことが、12日、分かった。

 同神社によると、10日朝、神社の境内でさい銭箱が横倒しにされているのを宮司が発見した。箱の下部にある引き出しの錠には、硫酸とみられる液体がかけられており、約10メートル離れた境内の庭には「硫酸」と書かれたラベル付きの瓶が投げ捨てられていた。さい銭箱は上部の格子状の木組みがノコギリで切られ、箱の中の現金が盗まれていた。

 中学校で盗まれた瓶と投げ捨てられていた瓶は同じ色であることから、苫小牧署では犯人が錠を硫酸で溶かそうとしてうまくいかなかったために、ノコギリで木組みを壊してさい銭を盗んだ可能性があるとみて調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

サインレス悪用、偽造カードで商品購入容疑(12日)

 サインなしでクレジットカードで買い物ができる「サインレス」の仕組みを悪用して、偽造カードで商品を購入したとして、警視庁は12日、埼玉県戸田市本町、不動産業上野靖夫(59)、東京都江東区北砂、ディスカウントショップ店長日高直哉(53)ら5容疑者を詐欺などの疑いで逮捕したと発表した。

 発表によると、上野容疑者らは今年6月と8月、サインなしでカードが使える江東区内のスーパーなど3店で、ビールとたばこ計約7万6000円分を偽造カードで購入し、だまし取った疑い。日高容疑者が希望の商品を上野容疑者に伝え、5~7割の値段で買い取って、自分の店で販売していた。5人は容疑を認めており、被害総額は昨年6月以降、約3000万円に上るとみられるという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神社の紙袋から両足の骨 神奈川・平塚死体遺棄事件(12日)

12日午後2時5分ごろ、神奈川県平塚市夕陽ケ丘の三嶋神社境内で、異臭のする紙袋を捜索中の平塚署員が発見した。紙袋に入っていたポリ袋四つから人の両足の骨が見つかった。

 平塚市内では9日にバスロータリー脇で男性の頭部、11日には駐車場で胴体が見つかっている。県警は同じ遺体の可能性があるとみて身元の確認を急ぐとともに、死体遺棄事件として捜査している。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親への注意に腹立て…16歳息子が喫煙防止指導員殴る(12日)

 路上でたばこを吸っていた母親が路上喫煙防止指導員に注意されたことに腹を立て、指導員を暴行し、けがを負わせたとして、警視庁竹の塚署は、公務執行妨害と傷害の現行犯で、東京都足立区に住む会社員の少年(16)を逮捕した。同署によると、「うるさくて腹が立った」と供述しているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、11日午前10時40分ごろ、足立区の東武伊勢崎線竹ノ塚駅東口近くの路上で、一緒にいた母親(38)が同区の路上喫煙防止指導員の男性(62)ら2人に喫煙を注意されたことに腹を立て、胸ぐらをつかんだり顔を殴るなど暴行、1人に軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、指導員が母親に条例や科料について説明していたところ、少年が「うるせぇ、あっちいけ」などといきなり殴りかかったという。偶然近くを通りかかった同署員が少年を取り押さえた。少年は喫煙していなかった。

 足立区によると、同区の歩行喫煙防止条例は平成18年10月1日に施行され、駅の周辺など人通りの多い場所は、禁煙特定区域に指定され、喫煙した場合は科料1千円が科せられるという。指導員17人は区の非常勤職員で、全員が警察OBだった。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

成年後見人の男 母親の貯金4400万円を横領 不動産業の男逮捕 東京地検(12日)

母親の成年後見人の立場を悪用し、母親の預金を着服したとして、東京地検は12日、業務上横領の疑いで、東京都板橋区の不動産業、石田和幸容疑者(64)を逮捕した。

 地検の調べによると、母親(86)の成年後見人だった石田容疑者は平成18年11月から19年3月までの間、母親の口座から3回にわたり計4400万円を引き出し、自分の口座に振り込むなどして横領した疑いが持たれている。

 成年後見人は認知症など判断能力が十分でない人の財産管理などを行う。石田容疑者は18年9月、東京家裁から母親の成年後見人に指定されていた。

 家裁が23年4月、業務上横領罪で地検に告発していた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111012/crm11101213550013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「宝くじ当せん番号教える」と詐欺 青森、県警が注意呼び掛け(12日)

青森県警七戸署は12日、青森県内で宝くじの当せん番号を教えるとの名目で情報提供料をだまし取る詐欺事件が起きたと明らかにした。「宝くじで必ず当せんすることはない」と注意を呼び掛けている。

 同署によると、9月中旬に30代の会社役員の男性が電話で「情報提供料を支払えば1005万円が当せんする」などと持ち掛けられ、10月6日までに3回にわたり計210万円を首都圏の金融機関口座に振り込み、だまし取られた。

 電話は青森県外からとみられ、青森以外でも同様の被害が確認されているという。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111012/crm11101214040014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国地域安全運動 警視庁・東大和警察署、自転車盗難なくすため街頭で注意呼びかけ(12日)

全国地域安全運動初日の11日、警視庁の東大和警察署は、自転車盗難をなくすため、街頭で注意を呼びかけた。
東大和・留安敬一署長は「自転車の鍵はしめてください」と訴えた。
東大和警察署の管内では、自転車の盗難事件が、2011年9月末までに、およそ610件起きていて、2010年の同じ時期に比べて160件も増加している。
盗難被害のうちおよそ7割が「鍵をかけていない自転車」だということで、東大和警察署は、出勤前に署員が街頭に立って、自転車で通勤・通学する人に自転車に鍵をかけるよう盗難防止を呼びかけた。
また、自転車が関係する交通事故も増加しており、警察署は、交通マナーを守るよう呼びかけている。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00209328.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

栃木・宇都宮市で学生服姿の高校生が現金を奪おうと酒店に押し入ったとして逮捕される(12日)

栃木・宇都宮市で11日、学生服姿の高校生が現金を奪おうと酒店に押し入ったとして逮捕された。
強盗致傷の疑いで逮捕された16歳の男子高生は、11日午後4時半ごろ、宇都宮市大谷町の酒店に現金を奪おうと押し入り、男性店主(86)の頭を殴り、けがを負わせ逃走したが、目撃証言などからおよそ2時間後に逮捕された。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年に栃木・塩谷町で見つかった遺体は大阪・守口市に住む当時25歳の女性と判明(12日)

2008年、栃木・塩谷町でスーツケースに入れられた女性の遺体が見つかった事件で、遺体は、大阪・守口市に住む当時25歳の女性であることがわかった。
この事件は2008年6月、塩谷町の道路脇の草むらで、スーツケースに入れられた女性の遺体が見つかったもの。
その後の捜査で、遺体は大阪・守口市に住む太田 佐知子さん(当時25)であることがわかった。
警察は、頭の骨格などから推測される女性の復顔図を作成し公開していたが、2011年8月になって、大阪府警の警察官が、捜索願が出ていた太田さんと似ていることに気づき、DNA鑑定などを行って身元を特定したという。
これまでの調べで、太田さんは2007年9月、「知り合いに会いに行く」と行って出かけていたほか、家族が自宅近くのバス停に立っているのを見かけて以降、行方がわからなくなっていた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00209336.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

八王子警備員刺殺:事前把握も防げず…再犯防止に限界(12日)

東京・八王子のスーパー警備員刺殺事件で逮捕された男が、刑務所から出所したわずか2カ月後に、かつて襲撃した交番を訪れ、強い殺意を示していた事実に、捜査現場は衝撃を受けている。満期出所者の再犯リスクに対する有効な手だてはなく、警察幹部は「殺人や殺人未遂罪で服役し、矯正施設が再犯の恐れが高いと判断した場合は、出所後の居住地の把握などができる制度を検討すべきではないか」と話す。

 再犯防止のために、出所後の居住予定先などの情報を法務省が警察庁に提供する制度は、子供への暴力的性犯罪に限っては実施され、今回のようなケースは対象外だ。警視庁は男が矯正施設にいる当時の言動も調べているが、仮に施設側が再犯リスクが高いと考えても、満期出所する男の居住先などは警察には伝えられない。

 今回のケースについて、中央大学の藤本哲也名誉教授(犯罪学)は「責任能力があるとして実刑判決を受けた場合は心神喪失者等医療観察法の対象外で、現行法では対応できない」と話す。米国では性犯罪者以外でも出所後の居場所を全地球測位システム(GPS)で監視するシステムがあるが、藤本名誉教授は「プライバシーや二重処罰などの問題がある」と指摘した上で、「再犯の恐れがあれば、出所時に住所を聞いておくと対応できることもある」と話す。

 一方、元法務省矯正局専門官で大阪大学大学院人間科学研究科の藤岡淳子教授は「再犯リスクの高い受刑者はいると思うが、そうではない人の方が多い」とし、「外の世界に段階的になじめるような処遇プログラムを刑務所にもっと導入するなど、社会に戻りやすいシステムを作っていくことが再犯防止につながる」と指摘している。【内橋寿明、小泉大士】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111012k0000m040177000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

八王子警備員刺殺:逮捕の男、事件前に交番で犯罪示唆(12日)

東京都八王子市のスーパーで9月、警備員が刺殺された事件で、逮捕された無職の男(55)が事件前、JR八王子駅北口交番に立ち寄り「10年前に俺が事件を起こしたのを知っているか。今度はハジキ(拳銃)でやってやる」などと話していたことが捜査関係者への取材で分かった。男は01年、同交番の警察官を切り付けたとして実刑判決を受けていた。警視庁は男の行動を警戒していたが、刺殺事件を防げなかった。

 男は9月25日、同市内のスーパー「エコス大横店」前の歩道で、警備員の袖山修さん(61)を包丁で刺したとして、殺人未遂容疑などで現行犯逮捕された。袖山さんは死亡し、八王子署は容疑を殺人に切り替えて調べている。「話は聞けねえ。俺の話は分かるだろう」と供述しているといい、東京地検立川支部は11日、責任能力を判断するため鑑定留置の手続きを取った。

 男は01年の警察官殺人未遂事件で責任能力があるとされ、懲役9年の実刑が確定。今年4月に満期出所した。精神的に不安定な状態だったため、精神保健福祉法に基づき、6月まで都内の精神科病院に措置入院していた。

 捜査関係者によると、男は6月13日午前に退院し、午後には八王子駅北口交番に立ち寄り、再び事件を起こすことを示唆。その後も新宿の歌舞伎町交番で暴力団事務所の場所を聞くなど不審な行動をとり、新宿署は男を職務質問するなどした。また、男が都内や福岡県の複数の暴力団事務所を訪れ「警察官と刑務官が絶対に許せない。必ずぶっ殺してやる」と話したという情報も得ていた。

 警視庁は、男の親族と連絡を取って警戒し、立ち回り先などの情報は入手したが、居場所がはっきりしない状態が続いたという。9月になって八王子市内のワンルームマンションへの入居が判明したものの、警戒中に具体的な犯罪の容疑はなく、有効な対応は取れなかったという。【内橋寿明、小泉大士】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111012k0000m040176000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

対艦ミサイル情報流出か…三菱重サイバー攻撃(12日)

総合機械メーカー「三菱重工業」がサイバー攻撃を受けていた事件で、自衛隊のミサイル「80式空対艦誘導弾」を製造する「名古屋誘導推進システム製作所」(愛知県小牧市)のサーバーに約30万回の不正なアクセスがあり、同誘導弾の管理情報が流出した恐れがあることが分かった。

 流出部分は防衛省の指定する「保護すべき情報」には該当しなかったが、警視庁では、攻撃者が重要情報を抜き取ろうとしたとみて不正アクセス禁止法違反の疑いなどで捜査を進めている。

 関係者によると、同製作所のサーバーと外部サイトとの不正な通信は8月中旬以降、約30万回記録され、そのうち1回は比較的容量が大きいことから、この時にデータが移転された恐れがあるという。

 流出の可能性があるのは、同製作所で製造している80式空対艦誘導弾の耐久性や性能を記した管理報告書の一部。報告書そのものは同省の「保護すべき情報」にあたり、部外持ち出しなどが禁じられるが、流出の可能性があるデータは秘密の度合いが低く、保護の対象外だったという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

平塚で新たに胸や腰の一部発見 ポリ袋と紙袋の中から(12日)

11日午後1時15分ごろ、神奈川県平塚市夕陽ケ丘の駐車場で、男性会社員(54)から「9月20日ごろから置いてある紙袋とポリ袋から異臭がする」と、近くの交番に届け出があった。平塚署員が調べたところ、中から人体とみられる胸や腰の一部が見つかった。

 約2.5キロ西にある市内のバスロータリー脇の草むらでも9日、手提げバッグに入った男性の頭部が見つかっている。県警は同じ遺体の可能性があるとみて、司法解剖やDNA鑑定で身元の確認を急ぐとともに、死体遺棄事件として捜査している。

 県警によると、紙袋(縦40センチ、横30センチ)からは胸の部分、青色のポリ袋からは腰の部分とみられる遺体が見つかった

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親が子供2人と無理心中? 女性と女児が死亡、男児が搬送(12日)

 11日午後3時50分ごろ、東京都江東区豊洲のマンションの一室で、女性と女児が布団の上で死亡しているのが発見された。警視庁深川署によると、室内には練炭がたかれており、別の部屋に男児がいるのが見つかった。男児は病院に搬送されたが命に別条はないという。

関連記事

記事本文の続き 深川署によると、死亡したのはマンションに住む40代の女性と8歳くらいの娘で、病院に搬送されたのは女性の息子(11)とみられる。身元確認を急ぐとともに、女性が無理心中を図ったとみて調べている。

 マンションを訪れた児童相談所の職員が、室内から応答がないことを不審に思い、別居していた女性の夫に連絡。夫が合鍵で玄関のドアを開けたところ、女性と女児が死亡しているのを発見した。2人に目立った外傷はなく、室内に物色の跡はなかったという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

81歳女性が高校に侵入して放火 器物損壊容疑で逮捕(12日)

高校のグラウンドに侵入してハンドボールのゴールネットに火をつけたとして、大阪府警住吉署は11日、器物損壊などの疑いで、大阪市住吉区長居の無職、吉田レイ容疑者(81)を逮捕した。同署によると「生徒らがキャッチボールなどで遊ぶのがうるさかった。再三苦情を言ったが聞いてもらえなかった」などと話しているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、11日午後1時10分ごろ、同区長居の大阪学芸高校に侵入。灯油のような液体をハンドボールのゴールネットにかけ、マッチで火をつけたなどとしている。

 同署によると、ネット約1平方メートルが焼けたが、けが人はなかった。

Msn_s1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察署前で知人刺す 50代女性を殺人未遂容疑で逮捕(12日)

宮崎県警延岡署は11日、同署の玄関前に止まっていたタクシーの中で知人の男性(66)を刺し殺そうとしたとして、殺人未遂容疑で延岡市伊形町の無職、佐藤とみ子容疑者(57)を逮捕した。

 逮捕容疑は11日午後4時50分ごろ、同県延岡市の延岡署玄関前で、タクシーの後部座席に同乗していた男性の左脇腹を果物ナイフで刺したとしている。男性は市内の病院で治療を受け、命に別条はないという。

 延岡署によると、男性は同署に到着したタクシーから降りる直前に刺され、署員が佐藤容疑者を取り押さえて逮捕した。タクシーの運転手は2人が車内で口論していたのを聞いており、同署は動機やトラブルの原因を詳しく調べる。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111011/crm11101121560028-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月11日 | トップページ | 2011年10月13日 »