« 60代男性入院患者が変死 ベッドで頭と耳から血、看護師が発見 愛知・豊橋市(4日) | トップページ | 同じ病院の患者を暴行死 傷害致死容疑で患者の男を逮捕(4日) »

2011年9月 4日 (日)

死者17人 行方不明54人に(4日)

台風の影響で土砂崩れなどの被害が相次ぎ、新たに奈良県五條市で11人の行方が分からなくなっていることが明らかになるなど、全国でこれまでに17人が死亡、54人が行方不明になっています。

このうち和歌山県では9人が死亡し、警察によりますと、今の時点で32人が行方不明になっています。田辺市では、4日未明、土砂崩れが起き、住宅3棟が全壊して住民1人が死亡、合わせて4人の行方が分からなくなっています。那智勝浦町では、湯川で水没した車の中で男性1人が死亡しているのが見つかったほか、井関地区でも壊れた住宅の中から40代から50代ぐらいの女性など3人が遺体で見つかりました。さらに、市野々地区の小学校に別の女性の遺体が運び込まれているほか、川関地区でも30代ぐらいの男性が遺体で見つかったということで、那智勝浦町では合わせて6人の死亡が確認され、12人の行方が分からなくなっています。みなべ町では、4日午前4時前、住宅の裏山で土砂崩れが起き28歳の男性1人が死亡しました。日高川町では、4日午前0時すぎ、冠水した道路で立ち往生した車に水が流れ込み、乗っていた男性が死亡したということです。新宮市でも行方の分からない人が13人いるなど、和歌山県警察本部は、今の時点の和歌山県内の行方不明者の数を合わせて32人と発表しています。奈良県では3人が死亡、19人が行方不明になっています。十津川村野尻では、3日夜、住宅2棟が川からあふれた水に流されました。2棟の住宅には合わせて11人がいて、4人が病院に運ばれましたが、岡美佳さん(36)が死亡し、7人が行方不明になっています。同じ十津川村の上湯川では、3日、山の斜面が崩れて住宅が押し流され、この家に住む73歳の男性が死亡しました。五條市では大塔町で60代の女性が崩れた土砂の下敷きになり、死亡したほか、住宅が流され、11人の行方が分からなくなっていることが新たに明らかになりました。天川村でも女性1人の行方が分からなくなっています。また、徳島県では三好市で川に流された75歳の女性と、佐那河内村の83歳の男性が死亡したほか、1人が行方不明になっています。三重県では御浜町で、80代とみられる女性が土砂崩れに巻き込まれ死亡しました。愛媛県では松山市で、3日、パート従業員の45歳の女性が川に流され死亡しました。広島県では尾道市で、2日、船を移動させると言って家を出た旗手正守さん(90)が、4日午前、遺体で発見されました。このほか、兵庫県で1人、鹿児島県で1人が行方不明になっていて、NHKが各地の放送局を通じてまとめたところ、全国でこれまでに17人が死亡し、54人が行方不明になっています。各地でけが人も相次ぎ、これまでに愛知県で25人、兵庫県で15人、三重県で12人など20の都道府県で合わせて102人がけがをしました。

住宅の被害も出ています。このうち全壊した住宅は、和歌山県や奈良県、三重県などで合わせて28棟に上ります。また、半壊したのが和歌山県や三重県などで11棟、一部損壊は京都府や三重県、香川県などで79棟に上っています。住宅が床上まで水につかる被害は、岡山県や兵庫県、和歌山県など、合わせて16の道と県で913棟に上っています。住宅の床下が水につかる被害は、岡山県や兵庫県、群馬県など19の道府県で合わせて6635棟に上っています。また、停電の被害も出ています。和歌山県で2万850世帯が停電しているのをはじめ、三重県、奈良県など合わせて5つの県で、2万9148世帯が停電しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110904/k10015370791000.html

 

« 60代男性入院患者が変死 ベッドで頭と耳から血、看護師が発見 愛知・豊橋市(4日) | トップページ | 同じ病院の患者を暴行死 傷害致死容疑で患者の男を逮捕(4日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死者17人 行方不明54人に(4日):

« 60代男性入院患者が変死 ベッドで頭と耳から血、看護師が発見 愛知・豊橋市(4日) | トップページ | 同じ病院の患者を暴行死 傷害致死容疑で患者の男を逮捕(4日) »