カテゴリー

« 東京・江東区の女性殺人事件 死体遺棄容疑で夫を逮捕(19日) | トップページ | 「ぼーっとして」パトカーが信号無視、車と衝突 岐阜(19日) »

2011年9月19日 (月)

昭和49年以来の惨劇 女性殺害、動揺広がる伊豆大島 「静かな島でなぜ…」(19日)

東京・伊豆大島で先月28日、島に住むアルバイト、金子エイ子さん(68)の変死体が発見された。顔や体には殴られたような跡や傷があり、警視庁は殺人事件とみて捜査を進めている。「静かな島で人が殺されるなんて。一体、誰が…」。37年も殺人事件とは無縁だった島に動揺が広がっている。

 東京から約120キロの太平洋に浮かぶ伊豆大島は、東京・竹芝から高速船で約2時間、調布飛行場からは飛行機で約30分。温暖な気候と青い海を求めて観光客が訪れる、人口約8500人の島で異変は起きた。

 8月28日昼前、島南部の大島町差木地の路上で、裸足で頭や耳から血を流して息絶えた金子さんを、散歩中の男性が発見した。

 現場は金子さんの自宅から約70メートル。警視庁によると、死後半日から数時間で、足に汚れはほとんどなかった。地元住民もあまり通らない道路には血痕が残っており、別の場所で暴行を受けて運ばれてきたとみられる。携帯電話もなくなっていた。

 「いつも笑顔で明るい人。近所とのトラブルはなかったと思うが…」。知人女性は首をひねる。

 

金子さんは約30年前、結婚をきっかけに、大島にやって来た。その後、離婚したものの、大手企業の保養所で働きながら3人の息子を育てた。

 約10年前からは島内の老舗ホテルに勤務。元同僚らによると、常連客に人気があり、金子さんのために土産を持ってくる客もいたほどだったという。

 一方で、金子さんは独り暮らしの寂しさからか、独立して島を離れた息子たちとの再会が楽しみだったようだ。

 ホテルの男性社長(56)によると、金子さんは昨年末、「神奈川県内に住む息子が『仕事を辞めて島に帰ってくる』と言ってくれた」と大喜びしていた。息子たちに会いに行くこともあったようで、今年のお盆に息子と東京・奥多摩を旅行した話をし、「『孫に会えるのがうれしい』と、楽しそうだった」(社長)という。

 社長は、事件2日前に、金子さんから「体調不良で休ませてほしい」と電話で連絡を受けたが、特に異変は感じなかった。翌27日夕、電話したが繋がらず、28日になって、金子さんの次男と三男から、その死を知らされた。「最後に一緒に旅行に行けてよかった」。次男と三男は社長にしみじみと話したという。

 昭和49年に容疑者が逮捕されて以来、殺人事件とは無縁だった島。現場近くの飲食店の男性は「ここのところ、話題は殺人のことばかり。早く平和な島に戻ってほしい」と嘆いた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110918/crm11091823310013-n2.htm

 

« 東京・江東区の女性殺人事件 死体遺棄容疑で夫を逮捕(19日) | トップページ | 「ぼーっとして」パトカーが信号無視、車と衝突 岐阜(19日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京・江東区の女性殺人事件 死体遺棄容疑で夫を逮捕(19日) | トップページ | 「ぼーっとして」パトカーが信号無視、車と衝突 岐阜(19日) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ