« 熱した1円玉、同級生に…高1男子2人傷害容疑(9日) | トップページ | 元暴力団員“警備手薄 億のカネ”(9日) »

2011年9月 9日 (金)

国民生活センター、放射線測定器の一部商品で正確な測定ができなかったと発表(9日)

原発事故後、需要が高まっている放射線測定器だが、過大な期待は禁物であることがわかった。
会見で、国民生活センターは「テストを実施した比較的安価な放射線測定器では、食品・飲料水等の放射線量が、暫定規制値以下であるかどうか、こういった判定はできない」と話した。
国民生活センターには、測定値が正しいかどうかわからないという相談などが、7月末までに400件近く寄せられていた。
今回、相談の多かった中で、9種類の測定器の性能を調べたところ、なんと全種類で正確な測定ができないことがわかった。
そのすべてが、インターネット販売されていた中国製と製造国記載なしのもので、値段が1~10万円までの比較的安価なものだったという。
会見で、国民生活センターは「最近は、内部被ばくっていう、食品系のニーズが大変高いと思いますが、そういったものに対しては、こういったものは対応できないということを、明確にメッセージとして伝えたい」と話した。
国民生活センターでは、環境中の放射線量を測定する場合、測定器の数値を直ちに信頼しないよう注意を呼びかけている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00207155.html

 

« 熱した1円玉、同級生に…高1男子2人傷害容疑(9日) | トップページ | 元暴力団員“警備手薄 億のカネ”(9日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民生活センター、放射線測定器の一部商品で正確な測定ができなかったと発表(9日):

« 熱した1円玉、同級生に…高1男子2人傷害容疑(9日) | トップページ | 元暴力団員“警備手薄 億のカネ”(9日) »