« 別府秘湯殺人事件 逮捕の容疑者、死体遺棄認める供述(13日) | トップページ | 過払い金返還:逮捕の組長ら、弁護士に顧客300人紹介(13日) »

2011年9月13日 (火)

JR北海道社長が所在不明 自室に書き置き、海近くに車(13日)

JR北海道は12日夜、同社の中島尚俊(なおとし)社長(64)が同日朝から行方不明になり、札幌市内の自宅の自室から書き置きが見つかったと発表した。道警によると、中島社長の家族から同日朝、札幌東署に捜索願が出された。書き置きは遺書のような内容という。

 同日午後8時から札幌市内の本社で記者会見した島田修常務によると、中島社長は11日夜遅くまで自宅にいたことが確認されているが、12日朝、自室にいないことに妻が気づいた。

 午後には社内会議が3件予定されていたが出席せず、携帯電話の電源は切れた状態が続いた。道警によると、書き置きは10通ほど見つかり、家族や会社関係者、知人あてだった。中島社長の車は、札幌市の北隣にある石狩市の海岸近くで見つかったという。

 中島社長は10日朝、JR札幌駅でのイベントであいさつをしたが、同社広報は「変わった様子はなかった」としている。

 同社をめぐっては、占冠(しむかっぷ)村のJR石勝線のトンネルで5月、特急列車が脱線・炎上し、その後も車両の不具合や運転士の居眠り運転などが相次いで起きた。6月に国土交通省から事業改善命令を受け、非常時のマニュアルが複数存在し、互いに矛盾点があることを指摘された。同社はマニュアルを一本化し、今月16日に事業改善命令・指示に対する回答をする予定だった。

 島田常務は「一連の事故の対応に苦労、心労が重なっていたことは事実。疲れは多少あったのかなと思う」と話した。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 別府秘湯殺人事件 逮捕の容疑者、死体遺棄認める供述(13日) | トップページ | 過払い金返還:逮捕の組長ら、弁護士に顧客300人紹介(13日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道社長が所在不明 自室に書き置き、海近くに車(13日):

« 別府秘湯殺人事件 逮捕の容疑者、死体遺棄認める供述(13日) | トップページ | 過払い金返還:逮捕の組長ら、弁護士に顧客300人紹介(13日) »