« 警戒区域 盗み被害件数26倍(13日) | トップページ | 能登半島沖で脱北者? 海保が救助(13日) »

2011年9月13日 (火)

バス襲撃 水戸地裁、被告に懲役3年6か月(13日)

去年12月、茨城・取手市のJR取手駅前で、バスに乗り込んだ男が高校生らを包丁で切りつけるなどした事件の裁判で、水戸地裁は12日、男に懲役3年6か月の判決を言い渡した。

 この裁判は、去年12月、JR取手駅前に止まっていた2台のバスに乗り込み、高校生ら8人に包丁で切りつけたなどとして、無職・斎藤勇太被告(27)が傷害などの罪に問われていたもの。

 12日の判決で、水戸地裁は「自身の死刑願望を実現するために無関係な多くの人を巻き込むという独りよがりな発想は、身勝手極まりない」などと指摘した。一方で、兄や姉の協力で被害者のうち5人に対して弁償金を支払ったなどと情状を認め、斎藤被告に懲役3年6か月の実刑判決を言い渡した。

2010_0318_173406banner011

http://www.news24.jp/articles/2011/09/13/07190500.html<

« 警戒区域 盗み被害件数26倍(13日) | トップページ | 能登半島沖で脱北者? 海保が救助(13日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バス襲撃 水戸地裁、被告に懲役3年6か月(13日):

« 警戒区域 盗み被害件数26倍(13日) | トップページ | 能登半島沖で脱北者? 海保が救助(13日) »