« 水源地投資:新たに男3人を詐欺容疑で逮捕(21日) | トップページ | 女性店員に刃物突きつけ…また「すき家」強盗被害(21日) »

2011年9月21日 (水)

気象庁、最大級の警戒を呼びかけ (21日)

気象庁は、台風は明日21日には西日本から東日本に接近し、上陸する恐れもあるとして、大雨や高波などの災害に最大級の警戒をするよう注意を呼びかけています。

 気象庁によりますと、現在、台風は本州から離れた場所にありますが、次第に速度を増しながら進んでいて、21日の日中には本州に近づき、西日本から東日本に接近し、上陸する恐れがあるということです。

 今回の台風15号は今後、かなり早い速度で進むということですが、気象庁によりますと、このような台風では中心から離れた場所でも風が急に強くなったり波が高くなることがあり、過去にも大きな被害が出ているということです。また、現在、広い範囲で雨量が増えていますが、今後、さらに増えるということです。

 気象庁は、雨が強くなっている中での行動は危険が伴うため、東日本や北日本など、現在、雨があまり強くない地方では早めの対策を取るよう注意を呼びかけています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4831315.html

 

« 水源地投資:新たに男3人を詐欺容疑で逮捕(21日) | トップページ | 女性店員に刃物突きつけ…また「すき家」強盗被害(21日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気象庁、最大級の警戒を呼びかけ (21日):

« 水源地投資:新たに男3人を詐欺容疑で逮捕(21日) | トップページ | 女性店員に刃物突きつけ…また「すき家」強盗被害(21日) »