« 長野県建設業厚生年金基金23億円横領事件 指名手配の男に賠償命じる判決(7日) | トップページ | 暗証番号尋ねるメール 三菱東京UFJ銀顧客5人が被害(7日) »

2011年9月 7日 (水)

工具持ち起訴猶予:「職質は違法」…男性が国と都提訴(7日)

警視庁の警察官から職務質問を受けた後、犯罪事実もないのに送検され、起訴猶予処分になったのは違法として、東京都豊島区の男性会社員(42)が6日、都と国に採取された指紋データなどの抹消や慰謝料など計200万円の賠償を求め、東京地裁に提訴した。

 訴えによると、男性は昨年3月、東京・秋葉原を歩いていた際、警察官から職務質問を受けた。かばんにナイフ付きの多機能型携帯工具が入っていたことから、警視庁万世橋署で指紋や顔写真、調書をとられた。正当な理由なく刃物などの器具の携帯を禁じた軽犯罪法違反の疑いで書類送検され、東京区検は同5月に起訴猶予処分とした。工具は区検で破棄されたという。

 男性とともに会見した代理人弁護士は「男性は技術者で工具は業務上必要であり、隠し持っていたわけではない。職務質問されるいわれはなく、処分前に検察官による聴取も行われなかった」と警察・検察の対応を批判した。【和田武士】

 警視庁訟務課の話 訴状を見ていないのでコメントできない。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110907k0000m040151000c.html

 

« 長野県建設業厚生年金基金23億円横領事件 指名手配の男に賠償命じる判決(7日) | トップページ | 暗証番号尋ねるメール 三菱東京UFJ銀顧客5人が被害(7日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工具持ち起訴猶予:「職質は違法」…男性が国と都提訴(7日):

« 長野県建設業厚生年金基金23億円横領事件 指名手配の男に賠償命じる判決(7日) | トップページ | 暗証番号尋ねるメール 三菱東京UFJ銀顧客5人が被害(7日) »