« 詐欺事件 “アリバイ屋”関与か(6日) | トップページ | 震災を手本に広域支援 警察・自衛隊1000人体制で捜索・救助(6日) »

2011年9月 6日 (火)

「百貨店にガス」と虚偽通報 大阪の阪急、一時騒然(6日)

大阪市北区の阪急百貨店で6日午前11時40分ごろ、「7階でガスがまかれた。10人くらいが『目が痛い』と言っている」と匿名の男の声で119番があり、救急車と消防車計17台が駆け付ける騒ぎになった。実際にはけが人はなく、虚偽の可能性が高い。

 虚偽の通報が故意の場合、業務妨害罪にあたる可能性があり、曽根崎署が男の特定を急ぐ。

 7階は婦人服売り場。応急救護所も設けられ、客が店員に「何があったのか」と詰め寄るなど、一時パニック状態になった。

 近くにいた男性会社員(29)は「(東京の)渋谷のライブハウスで液体がまかれる事件が起きたばかりで『まさか』と思った」と話した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110906/crm11090613390014-n1.htm

 

« 詐欺事件 “アリバイ屋”関与か(6日) | トップページ | 震災を手本に広域支援 警察・自衛隊1000人体制で捜索・救助(6日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/52661805

この記事へのトラックバック一覧です: 「百貨店にガス」と虚偽通報 大阪の阪急、一時騒然(6日):

« 詐欺事件 “アリバイ屋”関与か(6日) | トップページ | 震災を手本に広域支援 警察・自衛隊1000人体制で捜索・救助(6日) »