« 震災がれき、火災相次ぐ 金属と水反応、熱たまり発火(18日) | トップページ | 東京・江東区女性他殺体事件 遺体発見現場近くに車いす 事件との関連を調査(18日) »

2011年9月18日 (日)

失踪のJR北社長、違法残業で謝罪の書き置き(18日)

 行方不明となっているJR北海道の中島尚俊社長(64)が自宅に残していた遺書とみられる十数通の書き置きのうち、同社の労組関係者に宛てた1通の内容が17日、判明した。

 書き置きは、同社が社員に違法な残業をさせていたとして、今年7月に札幌中央労働基準監督署から是正勧告を受けたことに触れ、「申し訳ありませんでした」などと謝罪が記されていたが、失踪の理由には触れていなかった。19日で不明から1週間を迎えるが、真相は依然として闇に包まれている。

 ◆労使交渉

 労組関係者に宛てた書き置きは、A4判の紙1枚にパソコンでタイプ打ちされ、表に宛名、裏に「中島」と署名された封筒に入っていた。同社は7月21日、同労基署から労使協定(36協定)を結ばないまま過去3年間で延べ約800人の社員に違法な残業や休日出勤をさせていたとして、是正勧告を受けた。JR北海道労組によると、中島社長は勧告後の労使交渉で「社員の労働時間を厳正に管理したい」などと陳謝したという。

 このため、書き置きには「36協定については申し訳ありませんでした」と7月の是正勧告について改めて謝罪が記され、「会社の発展の

(

)

に今後もご尽力下さい」と書かれていた。石勝線事故や国土交通省へ報告する改善措置に関する記述はなかったという。

 失踪翌日の13日に中島社長と会う予定だったという同労組の榎本一夫委員長は、「個別課題で意見が食い違うことはあったが、『乗客の命と安全を全てに優先する』という方針では一致していて、互いに腹を割って話せる仲だった。また元気に戻り、指導力を発揮してほしい」と語った。国交省に提出する改善措置の報告書について会社と組合で会議を重ね、今月上旬に大筋合意していたことから、榎本委員長は「労使関係が原因で失踪したわけではないのでは」としている。

 

« 震災がれき、火災相次ぐ 金属と水反応、熱たまり発火(18日) | トップページ | 東京・江東区女性他殺体事件 遺体発見現場近くに車いす 事件との関連を調査(18日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失踪のJR北社長、違法残業で謝罪の書き置き(18日):

« 震災がれき、火災相次ぐ 金属と水反応、熱たまり発火(18日) | トップページ | 東京・江東区女性他殺体事件 遺体発見現場近くに車いす 事件との関連を調査(18日) »