« 「光るキーホルダー」に放射性物質 中学生が海外サイトから購入、無許可で販売(27日) | トップページ | 現金輸送車襲撃、現場近くにバイク…逃走用か(27日) »

2011年9月27日 (火)

陸山会判決「古い政治」断罪 “剛腕の落日”不可避(27日)

東京地裁の判決は、小沢一郎民主党元代表の周辺が「古い政治」の象徴であったことを改めて印象付けた。被告となった元秘書全員に有罪判決が言い渡されたことで小沢氏の政治的、道義的責任は決定的だ。自身の公判について法廷戦術の練り直しを迫られる可能性もあり、「剛腕の落日」が不可避となりつつある。

関連記事

記事本文の続き 判決は小沢氏周辺のカネの動きを断罪した。西松事件について「小沢事務所は談合を前提とする公共工事の本命業者の選定に当たって強い影響力を有し、受注を希望する企業に多額の献金をさせていた」とし、陸山会事件では水谷建設からの裏金1億円の受領を認定。両事件の背景は「公共工事をめぐる小沢事務所と企業の長年の癒着」と指摘した。

 「政治とカネ」をめぐるダーティーな体質があったとする検察側の主張を、そのまま認めた格好だ。

 その上で「政治腐敗の根絶に向けた努力が積み重ねられていた状況の下で、その趣旨を踏みにじり、政治活動や政治資金の流れに対する国民の不信感を増大させたというほかなく、社会的影響を看過することはできない」と指弾した。

 この司法判断に留飲を下げる国民は少なくないだろう。小沢氏は当初から検察に対する不信感や、自身の潔白を強調するばかりで、事件への説明責任を果たしてこなかったのだ。

 平成21年3月に大久保隆規被告が逮捕され、小沢氏の事務所が家宅捜索されると、「私も秘書も違反していない。なぜ僕の事務所だけ強制捜査されるのか」と言及。「衆院選が取り沙汰されている時期の異例な捜査には、政治的にも法律的にも不公正な検察権力の行使という感じを持つ」とも述べていた。

 そうした訴えがいま一つ波及しなかったのは、国民の多くが感じた「やましさ」「うさん臭さ」を払拭できなかったからに他ならない。司法の認定を受けた以上、もはや“鉄面皮”は通用しない。幾重にも取り巻く「責任」にどう対処するのか。今後の挙動が注視される。

 (司法キャップ 

 酒井孝太郎)

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

石川被告ら元秘書3被告に有罪判決 陸山会判決

2011/09/26 13:58更新

この記事に関連するフォト・情報

記事本文

 小沢一郎民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金規正法違反罪に問われた衆院議員、石川知裕被告(38)ら元秘書3人の判決公判が26日、東京地裁で開かれ、石川被告と大久保隆規(50)、池田光智被告(34)の3人に有罪判決が言い渡された。

関連記事

記事本文の続き 判決によると、大久保被告に禁固3年、執行猶予5年、石川被告に禁固2年、執行猶予3年、池田被告に禁固1年、執行猶予3年を言い渡した。

 

« 「光るキーホルダー」に放射性物質 中学生が海外サイトから購入、無許可で販売(27日) | トップページ | 現金輸送車襲撃、現場近くにバイク…逃走用か(27日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陸山会判決「古い政治」断罪 “剛腕の落日”不可避(27日):

« 「光るキーホルダー」に放射性物質 中学生が海外サイトから購入、無許可で販売(27日) | トップページ | 現金輸送車襲撃、現場近くにバイク…逃走用か(27日) »