« マンション8階から男児転落も命に別条なし(17日) | トップページ | オウム・中川被告上告審、弁護側は死刑回避主張(17日) »

2011年9月17日 (土)

米砂漠の邦人女性遺体 殺人事件の可能性で捜査(17日)

米カリフォルニア州で遺体で見つかった島根県出身の小川文子さん(行方不明当時41)について、サンディエゴ市警は殺人事件の可能性が高いとみて捜査していることが15日わかった。現在ハワイに住む夫の米国人男性が何らかの事情を知っていると市警はみている。

 市警が今年8月24日付で同郡地裁に出した宣誓供述書によると、サンディエゴ郡内のアンザボレゴ砂漠で2007年1月20日、女性の遺体が浅く埋められた状態で見つかった。付近は動物も多いため遺体の損傷が激しく、当時の検視で死因は不明となったが、遺体のそばにあったTシャツには血痕があり、L字形に破れていたという。

 小川さんは1996年1月にこの男性と結婚。夫婦それぞれ歯科技師として働きながらサンディエゴ市内に住んでいたが、07年1月2、3日ごろを最後に日本の親族が連絡をとれなくなったといい、同年11月、小川さんの両親が捜索願を出した。DNA鑑定の結果、今年6月、遺体が小川さんだと判明した。(ロサンゼルス=藤えりか)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« マンション8階から男児転落も命に別条なし(17日) | トップページ | オウム・中川被告上告審、弁護側は死刑回避主張(17日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/52751467

この記事へのトラックバック一覧です: 米砂漠の邦人女性遺体 殺人事件の可能性で捜査(17日):

« マンション8階から男児転落も命に別条なし(17日) | トップページ | オウム・中川被告上告審、弁護側は死刑回避主張(17日) »