カテゴリー

« サイバー攻撃:警視庁、本格捜査 三菱重から被害届受理へ(30日) | トップページ | 東京・葛飾区の商店街で男が放火 付近ではごみなどが燃える不審火6件相次ぐ(30日) »

2011年9月30日 (金)

首都高速・湾岸線で4台からむ事故 現場に残された乗用車が盗難車と判明(30日)

首都高・湾岸線で30日未明に発生した4台がからむ衝突事故で、運転手が逃走し、現場に残された車は、盗難車だったことがわかった。
事故からおよそ8時間がたった午前11時、千葉方面に向かう首都高は大変な渋滞となっていた。
30日朝、首都高・湾岸線の大渋滞を引き起こす原因となった交通事故。
事故は、30日午前3時ごろ、首都高・湾岸線の葛西出口付近で発生した。
千葉方面に向かう高速道路上に、何らかの理由で停車していたタクシーに中型トラックが追突した。
そのはずみで、タクシーは中央分離帯まで飛ばされた。
その後、60代のタクシー運転手は、事故が起きたことを自ら110番通報したという。
しかし、警察が現場に到着する前、事故を起こしたタクシーに別の白い乗用車が追突した。
さらに、大型トラックも接触し、あわせて4台がからむ多重事故になった。
この追突で、最初の事故を通報したタクシー運転手・石井一成さん(60)が死亡した。
一方、目撃者によると、タクシーに突っ込んだ白い乗用車の運転手は、高速道路上をバックして戻ってきた別の車に乗り込み、逃走したという。
現場に残された車は盗難車で、ナンバーも偽造されたものだった。
警視庁は、死亡ひき逃げ事件として、現場から逃走した白い車の運転手の行方を追っている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00208638.html

 

« サイバー攻撃:警視庁、本格捜査 三菱重から被害届受理へ(30日) | トップページ | 東京・葛飾区の商店街で男が放火 付近ではごみなどが燃える不審火6件相次ぐ(30日) »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« サイバー攻撃:警視庁、本格捜査 三菱重から被害届受理へ(30日) | トップページ | 東京・葛飾区の商店街で男が放火 付近ではごみなどが燃える不審火6件相次ぐ(30日) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ