« 「強盗やる者いないか」“首謀者”が人集めを指示(10日) | トップページ | 「暴力ふるわれ刺した」交際男性に重傷負わせる 28歳の女逮捕(10日) »

2011年9月10日 (土)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)

次々新手口に勝てないのか

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201109091030000

 テレビなどで話題を呼んだ「夜逃げ屋」とか、土地売買の手助けをする「地上げ屋」、家賃を支払わずにマンションなどに居座る人を排除する「追い出し屋」、振り込め詐欺などの口座や携帯を闇売買する「道具屋」…など「○○屋」の存在は数々あれど、今度は「アリバイ屋」なる商売が初めて北海道警に摘発された。

 住宅ローン詐欺事件をめぐり、融資先の女について問い合わせた札幌市の税務担当者に「自分の会社で働いている」とうその説明をしたなどとして、北海道警は7日、地方税法違反(虚偽答弁)容疑で、東京都新宿区の会社社長(32)と新宿区の別会社の役員(33)を逮捕した。道警によると、2人は無職や勤務先を知られたくない利用者に架空の会社勤務を装うサービスをする「アリバイ屋」を運営しているという=産経新聞電子版

 その時代時代の社会情勢や経済状態などを背景に次から次に生まれる〝犯罪屋〟。屋号は付かないものの、オレオレ詐欺の犯人たちは、高齢化社会を背景に、高度経済成長期から冷え込んだ現在、老後を細々と生きようとする「タンス預金者」をターゲットにしたまさに〝頭脳〟犯罪。

 決して褒めているわけではなく、なぜ?抑止できないのか、小欄はむしろ憤りを書いているのです。

 根底にあるのは家族と地域社会の崩壊だ。刑法犯認知件数が昭和59年代にまで抑止できたのだから、今度は人間関係を昭和の時代に戻したいものである。それは警察力ではない。我々個人の意思改革にゆだねられている。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

 

« 「強盗やる者いないか」“首謀者”が人集めを指示(10日) | トップページ | 「暴力ふるわれ刺した」交際男性に重傷負わせる 28歳の女逮捕(10日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 「強盗やる者いないか」“首謀者”が人集めを指示(10日) | トップページ | 「暴力ふるわれ刺した」交際男性に重傷負わせる 28歳の女逮捕(10日) »