« 振り込め詐欺:長岡高卒業生の親宅で4件目被害 /新潟(29日) | トップページ | オウム元信者ら手配8人、懸賞金延長(29日) »

2011年9月29日 (木)

水難事故装い妻殺害 目撃者いない中、名古屋地裁は「夫の犯行」と結論 懲役19年の判決(29日)

愛知県の木曽川で2008年、水難事故を装って妻を殺害したとして、殺人の罪に問われていた中部電力社員の男に対し、名古屋地裁は「夫の犯行によるもの」と結論づけ、懲役19年の判決を言い渡した。
被害者の遺族は「(懲役)19年という判決が出て、少しは久美子も喜ぶかなと思って」などと話した。
被告人に実刑判決が下されたあと、涙に暮れる被害者の遺族。
2008年、愛知・犬山市の木曽川で妻・久美子さん(当時28)にスタンガンで電気ショックを与えて、溺死させたとする事件。
殺人罪に問われていた、夫で中部電力社員・川井正俊被告(44)に、29日、懲役19年の判決が言い渡された。
検察側は、難航していた離婚調停などを理由に、川井被告が久美子さんにスタンガンを押し当てて体の自由を奪い、川で溺れさせたと主張した。
しかし、川井被告側は、2人がもみ合った際、久美子さんが過って川に転落した不慮の事故だったと殺意を否認した。
しかし現場にいたのは、当時2歳の息子だけで、検察側、弁護側双方の主張を裏付ける目撃者はいなかった。
名古屋地裁は29日の判決で、川井被告が犯行前に、呪術系サイトに久美子さんの殺害を依頼するメールを送っていたことなどから、「強固な殺意に基づいた、巧妙で計画性の高い犯行」として、懲役19年を言い渡した。
遺族は「何年の刑が出ても、納得はいきませんけど、有罪という、認めていただいたことは感謝しています」と語った。
一方、弁護側は、「極めて不適切な判決」として、控訴した。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« 振り込め詐欺:長岡高卒業生の親宅で4件目被害 /新潟(29日) | トップページ | オウム元信者ら手配8人、懸賞金延長(29日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水難事故装い妻殺害 目撃者いない中、名古屋地裁は「夫の犯行」と結論 懲役19年の判決(29日):

« 振り込め詐欺:長岡高卒業生の親宅で4件目被害 /新潟(29日) | トップページ | オウム元信者ら手配8人、懸賞金延長(29日) »