« 読売新聞販売員が変死 あざ、胸腹に(29日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2011年8月29日 (月)

芸能界黒い交際、恩とカネ根深く…紳助さん引退(29日)

人気タレント島田紳助さん(55)が、指定暴力団山口組最高幹部との「黒い交際」を理由に芸能活動を引退した問題は、暴力団と芸能界とのつながりの根深さを改めて浮き彫りにした。

 近年、様々な分野で暴力団との関係遮断が進められているが、芸能界は遅れており、警察当局は、今回の問題を契機に芸能界からの暴力団の排除を加速させる。警視庁は近く島田さんが所属していた吉本興業の関係者を呼び、島田さんと暴力団との交際などについて詳しい説明を求める。

 「ヤクザ組織のBさんに悩みを解決していただき、人として恩を感じた」。島田さんは23日夜、都内で行われた記者会見で、引退に追い込まれた原因にもかかわらず、幹部のことを終始、丁寧な言葉で語った。捜査関係者によると、十数年前、テレビ番組での発言を右翼団体から攻撃されていた島田さんが、元プロボクシング世界王者・渡辺二郎被告(56)(恐喝未遂罪で実刑判決を受け上告中)を通じてこの幹部と知り合い、問題を解決してもらったことで親密になった。

 人気商売の芸能人にとって、トラブルなどによる評判の低下は、その後の活動にも影響する。そこで、水面下での処理を望む思惑が暴力団につけ込む隙を与える。暴力団捜査に詳しい警察幹部は「未払いのイベント出演料の回収や異性問題の解決などを頼んで付き合いが始まることが多いようだ」と指摘する。

 しかし、一度付き合うと、暴力団は“恩”を巧みに利用して関係を維持しようとするため、関係を断つことは難しくなる。暴力団の資金源になってしまうケースも多く、2001年に脱税事件で摘発された大手芸能プロダクションでは、所属タレントのトラブルの「対策費」として、暴力団関係者に定期的に数百万円単位の金を払っていたことが明るみに出た。

 

« 読売新聞販売員が変死 あざ、胸腹に(29日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸能界黒い交際、恩とカネ根深く…紳助さん引退(29日):

« 読売新聞販売員が変死 あざ、胸腹に(29日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »