« すき家強盗の男2人を逮捕 ネットゲームで知り合い(29日) | トップページ | 芸能界黒い交際、恩とカネ根深く…紳助さん引退(29日) »

2011年8月29日 (月)

読売新聞販売員が変死 あざ、胸腹に(29日)

28日午後6時ごろ、大阪市平野区加美正覚寺の読売新聞の販売店で、この店の3階に住み込みで勤務する販売員、浦功彦(うら・のりひこ)さん(35)が、1階土間でうつぶせに倒れているのを同僚男性(35)が発見。119番したが、間もなく死亡が確認された。

 大阪府警平野署によると、浦さんは普段着姿で、腹部や胸部など数カ所にあざがあった。店内に荒らされた形跡はなかった。同署は29日午後から司法解剖し、死因などを調べる。

 浦さんは28日午前2時ごろ、男性に体調不良を訴え、店内で休息していた。男性が外出先から店に来たところ、浦さんを発見。店は施錠されていたという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110829/crm11082912090005-n1.htm

 

« すき家強盗の男2人を逮捕 ネットゲームで知り合い(29日) | トップページ | 芸能界黒い交際、恩とカネ根深く…紳助さん引退(29日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞販売員が変死 あざ、胸腹に(29日):

« すき家強盗の男2人を逮捕 ネットゲームで知り合い(29日) | トップページ | 芸能界黒い交際、恩とカネ根深く…紳助さん引退(29日) »