« 新鑑定でどうなる? 東電OL殺害事件(1日) | トップページ | 東京・北区の環状7号線でパトロール中のパトカーが横転 警視庁の警察官を病院搬送(1日) »

2011年8月 1日 (月)

歯科医を書類送検へ インプラント手術で業過致死容疑(1日)

東京都中央区の歯科医院で2007年、インプラント手術を受けた患者がその後死亡した事故で、警視庁は1日にも、施術した60代の経営者の男性歯科医を業務上過失致死容疑で書類送検する。手術中に注意を怠って口内の動脈を傷つけ、死亡を招いたと判断した。

 インプラント手術は、あごの骨にドリルで穴を開けて人工の歯根を埋め込み、人工の義歯を装着する。捜査関係者らによると、歯科医はこの手術の権威とされ、事故当時で約20年の経験があり、症例数は約3万本にのぼるという。

 捜査関係者らによると、都内の会社役員の女性(当時70)は07年5月22日午後、下あごの右奥歯の手術を受けている最中に具合が急変。近くの総合病院に運ばれたが翌23日午前に死亡した。捜査1課が調べたところ、右奥歯の人工歯根を埋め込むために開けた穴があごの骨を貫通して、その下の動脈が切れており、死因は出血などによる窒息と判明した。

 この動脈の存在について、歯科医は事故当時の医学水準では一般的ではなかったとして事故は予見できなかったと主張。同課は複数の専門家から聴取するなどした結果、一般的に知られていることで、歯科医は危険性を認識できたと判断。それにもかかわらず注意が不十分で、動脈を損傷させたと結論づけた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 新鑑定でどうなる? 東電OL殺害事件(1日) | トップページ | 東京・北区の環状7号線でパトロール中のパトカーが横転 警視庁の警察官を病院搬送(1日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯科医を書類送検へ インプラント手術で業過致死容疑(1日):

« 新鑑定でどうなる? 東電OL殺害事件(1日) | トップページ | 東京・北区の環状7号線でパトロール中のパトカーが横転 警視庁の警察官を病院搬送(1日) »