« 新小岩駅で成田エクスプレスにまた飛び込み 男性死亡 7月以降、4人目 (25日) | トップページ | 容疑者の妻子、5年前に死亡か…一斗缶遺体事件(25日) »

2011年8月25日 (木)

7年前も患者の爪計49枚はがし実刑 逮捕の看護助手の女(25日)

認知症の症状がある入院患者の女性(80)の指のつめをはがしたとして、京都府警五条署は25日、傷害容疑で毛利病院(京都市中京区)の看護助手、佐藤あけみ容疑者(37)=同市西京区川島六ノ坪町=を逮捕した。同署によると、「仕事のことでストレスがたまっていた。むしゃくしゃしてやった」と容疑を認めている。

 ■履歴書に記載なし

 佐藤容疑者は平成16年にも、当時看護助手として勤務していた京都市南区の病院で、自らの意思を表せない入院患者6人のつめ計49枚をはがしたとして傷害罪で起訴され、18年に1審京都地裁で懲役3年8月の実刑判決(確定)を受けていた。

 逮捕容疑は今月24日午前10時半ごろ、病院内の病室で、手首やひじなどを骨折して入院していた女性の左足親指のつめをはがしたとしている。

 同日午後、巡回中の女性看護師が女性のつめがはがれて出血しているのを発見。病院側の調査に対し、佐藤容疑者が「私が手ではがした」と認めたため、病院側や女性の息子が五条署に被害を届けた。

 毛利病院では今月以降、同様の被害が数件相次いでいるといい、五条署は関連を調べている。

 佐藤容疑者は今月6日から毛利病院に勤務。高齢患者のおむつやシーツを替えるなどの作業に従事していた。履歴書には16年の事件に関する記載がなく、同病院は「(佐藤容疑者の犯行に)こちらも驚いている」としている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110825/crm11082511150010-n1.htm

 

« 新小岩駅で成田エクスプレスにまた飛び込み 男性死亡 7月以降、4人目 (25日) | トップページ | 容疑者の妻子、5年前に死亡か…一斗缶遺体事件(25日) »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/52563141

この記事へのトラックバック一覧です: 7年前も患者の爪計49枚はがし実刑 逮捕の看護助手の女(25日):

« 新小岩駅で成田エクスプレスにまた飛び込み 男性死亡 7月以降、4人目 (25日) | トップページ | 容疑者の妻子、5年前に死亡か…一斗缶遺体事件(25日) »