« 衣装ダンスに女性遺体、直前に男性飛び降り死亡(22日) | トップページ | 女性警官10年倍増計画…茨城県警、目標は1割(22日) »

2011年8月22日 (月)

調査:看護学生の6割が、患者からの暴力を経験(22日)

看護学生が実習中に患者から受けた暴力の実態を、筑波大の江守陽子教授(看護科学)らの研究チームが調査した。学生の6割が暴力を受け、うち性的暴力が精神的暴力と並んで4割を超えていた。日本看護協会の調査では看護職員への暴力は約3割とされ、学生は2倍もあった。看護学生への暴力の実例に基づいた本格的な調査と分析は初めてという。

 関東地方の看護専門学校、短大、大学計15校の看護学生712人を対象に07年に調査した。593人(83.3%)が有効回答をした。

 暴力を受けたと答えた学生は352人(59.4%)で、総件数は1498件。種類別では▽精神的暴力44.7%▽性的暴力43.1%▽身体的暴力12.2%。性的暴力では「胸を触られた」「手を握られ、お尻を触らせてと言われた」「後ろから抱きつかれ、頬にキスをされた」「声をかけられ、ずっと追いかけられたり、わいせつな発言があった」などの被害があった。

 最も困った事例について具体的に記述した95人のうち20.0%は、暴力を受けた際、誰にも相談しなかった。「怒り」「嫌悪感」を覚え、「辱めを受けた」「人格を否定された」と感じたという。

 研究チームは、担当看護職員に向けられた不満やストレスのはけ口として経験が浅い学生が攻撃対象となったと分析。三木明子准教授は「暴力は弱い立場の者に向く。患者との距離感の取り方など暴力防止の実技講習を行い、まず予防が大切。防犯ブザーを持たせるなど暴力を受けない環境作りも必要だ」と話している。【安味伸一】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/science/news/20110822k0000m040126000c.html

 

« 衣装ダンスに女性遺体、直前に男性飛び降り死亡(22日) | トップページ | 女性警官10年倍増計画…茨城県警、目標は1割(22日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調査:看護学生の6割が、患者からの暴力を経験(22日):

« 衣装ダンスに女性遺体、直前に男性飛び降り死亡(22日) | トップページ | 女性警官10年倍増計画…茨城県警、目標は1割(22日) »