« 「家族に会えなくなる」 逃走の男を窃盗容疑で逮捕(28日) | トップページ | 国保滞納者の差し押さえ急増、4年で5倍 朝日新聞調査(29日) »

2011年8月28日 (日)

京都の爪剥がし事件 容疑者の女が他3件の犯行も認める供述(28日)

京都市中京区の毛利病院で入院患者の爪を剥がされた事件で、認知症の症状がある女性入院患者(80)の爪を剥がしたとして傷害容疑で逮捕された看護助手の佐藤あけみ容疑者(37)が、ほかの入院患者3人の爪も剥がしたことを認める供述をしたことが28日分かった。

 京都府警五条署によると、逮捕容疑となった女性入院患者以外に、今月中旬以降、ほかの男女3人の入院患者の足の親指の爪計4枚が剥がされていたことを病院が確認している。

 佐藤容疑者は取り調べで「3人の入院患者からも爪を剥ぎ取りました」と供述。3人のうちの1人の家族からは27日に同署に被害相談があり、同署が調べている。

 また、午前10時ごろから約30分にわたって行われた同病院の家宅捜索では、佐藤容疑者が犯行時着ていた可能性のある看護服やナースシューズなど数点を押収。既に病院側が提出している佐藤容疑者の勤務日報や患者への対応を記した書類などの証拠品と合わせて、同署は事件当時の詳しい状況を調べる。

 佐藤容疑者は、逮捕容疑について「上司との人間関係でいらいらしていた。おむつ交換のときに爪を剥がした」と認めている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110828/crm11082818200009-n1.htm

 

« 「家族に会えなくなる」 逃走の男を窃盗容疑で逮捕(28日) | トップページ | 国保滞納者の差し押さえ急増、4年で5倍 朝日新聞調査(29日) »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/52590176

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の爪剥がし事件 容疑者の女が他3件の犯行も認める供述(28日):

« 「家族に会えなくなる」 逃走の男を窃盗容疑で逮捕(28日) | トップページ | 国保滞納者の差し押さえ急増、4年で5倍 朝日新聞調査(29日) »