« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 刃物振り回し 指名手配の容疑者名公表 熊本県警(11日) »

2011年8月11日 (木)

被害1億円超か けがと偽り手当金詐取未遂、会社役員の男ら3人逮捕 大阪府警 (11日)

けがをしたと偽って健康保険の傷病手当金をだまし取ろうとしたとして、大阪府警捜査2課は11日、詐欺未遂の疑いで、イベント企画会社代表の川井亜希子容疑者(38)=大津市田辺町=や、派遣会社役員の星泰雄容疑者(51)=大阪市城東区中浜=ら3人を逮捕した。府警は、星容疑者を指南役とするグループが同様の不正受給を繰り返して1億円以上をだまし取った疑いがあるとみて捜査している。

 捜査関係者によると、星容疑者らは不正受給を目的に複数のペーパー会社を設立。病気やけがなどで仕事を休んだとして虚偽の申請をするよう、従業員らに指南していたという。

 こうした会社の多くは、平成18年から認められている「合同会社」という形態で、設立や運営の手続きが簡単なことを星容疑者らが悪用していたとみられる。

 逮捕容疑は、昨年2月上旬、川井容疑者が階段で転んで腰などを打ったために仕事を休んだとする虚偽の支給申請書を、全国健康保険協会大阪支部に提出。傷病手当金として約45万円を同協会からだまし取ろうとしたとしている。

 傷病手当金は、病気やけがなどで仕事を休んだ際、収入の約3分の2が、最長1年半まで健康保険から支給される制度。

 支給額は仕事を休む以前の賃金を基準に決まるため、川井容疑者は支給額が最高ランクになるよう架空の収入を申請書類に記入していたという。府警は、イベント企画会社自体が不正受給のために設立された実体のない組織だったとみている。

 旧社会保険庁から中小企業などの健康保険を引き継いだ同協会が昨年6月、府警に告訴していた。

Msn_s1_10 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110811/crm11081120150027-n1.htm

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 刃物振り回し 指名手配の容疑者名公表 熊本県警(11日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/52450457

この記事へのトラックバック一覧です: 被害1億円超か けがと偽り手当金詐取未遂、会社役員の男ら3人逮捕 大阪府警 (11日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 刃物振り回し 指名手配の容疑者名公表 熊本県警(11日) »