« 男性死亡、複数の車がひき逃げか (4日) | トップページ | 電車で20歳女性の顔切りつける 容疑の男子高校生を逮捕 京都府警(5日) »

2011年8月 5日 (金)

公金不正受給の5割は暴力団絡み 大阪府警、資金源の可能性(5日)

「貧困ビジネス」など公金の不正受給事件を捜査している大阪府警不正受給事犯対策本部は4日、発足した昨年7月20日から1年間の摘発結果を発表。被害総額は約3億5010万円で、このうち暴力団組員や関係者が関与した事件の被害額が、全体の5割を超える約1億7650万円であることを明らかにした。

 同本部は「不正受給した公金の一部が暴力団の資金に流れている可能性がある」とみている。摘発した件数は52件で、暴力団や関係者が関わったのは約4割の21件。

 最も被害額が大きかったのは、雇用対策など国の融資制度を悪用した事件で計約1億5040万円。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011080401000899.html

 

« 男性死亡、複数の車がひき逃げか (4日) | トップページ | 電車で20歳女性の顔切りつける 容疑の男子高校生を逮捕 京都府警(5日) »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公金不正受給の5割は暴力団絡み 大阪府警、資金源の可能性(5日):

« 男性死亡、複数の車がひき逃げか (4日) | トップページ | 電車で20歳女性の顔切りつける 容疑の男子高校生を逮捕 京都府警(5日) »