« 暴力団からの贈答品受注の自粛を百貨店協会に要請 大阪府警(30日) | トップページ | サイト詐欺、20歳代主婦が4900万円被害(30日) »

2011年8月30日 (火)

5歳女児を暴行、容疑の養父と実母を逮捕 千葉・流山(30日)

妻の連れ子を殴るなどし、けがを負わせたとして、千葉県警流山署は30日、傷害容疑で、当時養父だった同県流山市向小金、無職、鈴木優一(27)と、妻で母親の自称、風俗店店員、奈津子(27)の両容疑者を逮捕した。

 同署によると、優一容疑者は「最初は怒っただけだがエスカレートしてしまった」、奈津子容疑者は「夫から『しっかりしつけをしろ』といわれ、つねったりした」と、いずれも容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年12月13日から22日にかけ、当時住んでいた同市野々下の自宅アパートで、奈津子容疑者の連れ子だった当時5歳の女児(6)を殴るなどし、顔や腹に軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、同17日に女児が通っていた保育所で、保育士が女児の額にあざがあるのを見つけ、22日にはあざが体中にあったため、児童相談所が女児を保護し、県警に通報した。

 両容疑者は直後の今年1月1日に入籍。4月には2人の間に子供が生まれた。

 女児は保育所であざのことを尋ねられた際、「つまずいて転んだ」と答えていたという。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110830/crm11083018030016-n1.htm

 

« 暴力団からの贈答品受注の自粛を百貨店協会に要請 大阪府警(30日) | トップページ | サイト詐欺、20歳代主婦が4900万円被害(30日) »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5歳女児を暴行、容疑の養父と実母を逮捕 千葉・流山(30日):

« 暴力団からの贈答品受注の自粛を百貨店協会に要請 大阪府警(30日) | トップページ | サイト詐欺、20歳代主婦が4900万円被害(30日) »