カテゴリー

« 羽田空港トンネルで車8台が水没 水位一時1メートルに(26日) | トップページ | ひき逃げ・酒気帯び運転容疑、東村山市職員を逮捕(26日) »

2011年8月26日 (金)

7歳長男暴行死 「SOSサインあったのでは」 平松市長、市の対応に疑問投げかけ(26日)

大阪市は26日、関係部署の所属長や区長を集めた緊急の関係局会議を市役所で開催。平松邦夫市長は「(亡くなった藤永翼君からの)SOSを受け取るセンサーに問題あったのではないか」と市の対応に疑問を投げかけるとともに、児童虐待の再発防止の徹底を呼びかけた。

 会議で平松市長は、翼君の通っていた小学校から虐待が疑われる情報が寄せられていた経過などに関し、「(市こども相談センターなどの)施設を拡充しても、運用する側のセンサーに問題があれば、『仏作って魂いれず』だ。二度と痛ましい事件を起こさないためにも、非常事態宣言ともいえる取り組みを」と述べた。

 一方、全市立学校園長を集めた緊急の会合も市教育センター(港区)で開かれ、翼君の担任が7月27日に家庭訪問した後は、2回の電話連絡で対応していた経過が報告された。

 永井哲郎教育長は「心配な子供がいれば、電話で済ませるのではなく、直接会って顔をみてほしい」と出席した学校園長に指示した。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110826/crm11082619570029-n1.htm

 

怒鳴り声、夜中に泣き声も 住民「施設にいたら…」 大阪の7歳長男暴行死 

 近所中に響く両親の怒鳴り声、小学生には見えないやせ細った体-。26日に死亡した藤永翼君(7)の異変に、近隣住民らは以前から気付いていた。

 住民らによると、翼君は傷害致死容疑で逮捕された母親の連れ子で、大阪市内の児童養護施設に預けられていたが、再婚した両親にその後引き取られた。同じく連れ子の次男(4)は今も施設に預けられたまま。両親の間で生まれた三男(2)だけは自宅でかわいがられていたという。

 近所の男性(80)は連日「出るな、こら」などと両親の怒鳴り声を聞いていた。「弟(三男)はかわいがられていたが、翼君はあまり外出せずやせていた。小学2年生には見えなかった」と話す。25日夜、ぐったりした翼君が救急車で運ばれていくのを見たという女性(73)は「夜中によく泣き声が聞こえていた。施設にそのまま預けられていたら、こんなことにはならなかったのに…」と話した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110826/crm11082612400013-n1.htm

 

« 羽田空港トンネルで車8台が水没 水位一時1メートルに(26日) | トップページ | ひき逃げ・酒気帯び運転容疑、東村山市職員を逮捕(26日) »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽田空港トンネルで車8台が水没 水位一時1メートルに(26日) | トップページ | ひき逃げ・酒気帯び運転容疑、東村山市職員を逮捕(26日) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

留置所

無料ブログはココログ