« 住居侵入容疑で福祉施設長を逮捕 長崎県佐世保市(21日) | トップページ | 振り込め詐欺:撲滅へ電話作戦 来月から県警、被災者ら雇用し注意呼び掛け /長野(21日) »

2011年8月21日 (日)

「天竜の北島三郎」と言われた…死亡の船頭さん(21日)

 「“天竜の北島三郎”と言われるくらい歌のうまい人で、船上でもよく歌を披露してくれていたのに」

 浜松市の天竜川で川下り船が転覆した事故で、20日午前、遺体で発見された、船頭北橋国幸さん(66)を知る人たちは「朗らかな性格で、仕事も熱心だった」と口をそろえ、死を悔やんだ。

 転覆した船の後ろの船で船頭をしていた市川覚次さん(76)によると、北橋さんが船頭になったのは、市川さんの勧めがきっかけだったという。

 釣り仲間だった市川さんが「生まれも育ちも天竜で川や船を知り、気配りもできる」と会社に推薦、北橋さんにも「船頭をやってみないか」と勧めたという。天竜浜名湖鉄道によると、北橋さんは2008年10月1日、船頭として同社に雇われ、風景などのガイドをする前方船頭を務めた。

 かじ取りをする後方船頭に必要な2級小型船舶操縦士特定操縦免許を取得したのは今年4月4日。免許取得後、5~6月は熟練船頭に付き添われて後方船頭を務め、6月21日に独り立ち。その後は10回前後、一人で後方船頭をこなした。

 市川さんによると、北橋さんは操船を熱心に練習し、勤務後、市川さんと船に乗り、転覆現場となった「渦」を繰り返し通過、かじ取りをしていたという。

 市川さんは「しゃべりも達者で歌もうまく、前方船頭でガイドをやらせると素晴らしかった」と話す。

 

« 住居侵入容疑で福祉施設長を逮捕 長崎県佐世保市(21日) | トップページ | 振り込め詐欺:撲滅へ電話作戦 来月から県警、被災者ら雇用し注意呼び掛け /長野(21日) »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「天竜の北島三郎」と言われた…死亡の船頭さん(21日):

« 住居侵入容疑で福祉施設長を逮捕 長崎県佐世保市(21日) | トップページ | 振り込め詐欺:撲滅へ電話作戦 来月から県警、被災者ら雇用し注意呼び掛け /長野(21日) »