« 一斗缶死体遺棄事件 男を逮捕(23日) | トップページ | 【大阪バラバラ遺体】天王寺区の57歳無職男を逮捕 遺体は妻と大学生の息子か(23日) »

2011年8月23日 (火)

一斗缶事件で57歳男を逮捕、切断遺体は妻子か(23日)

大阪市天王寺区の公園と路上で、切断された遺体が入った一斗缶3個が相次いで見つかった事件で、大阪府警捜査1課は23日、第3の缶が放置されていた現場南隣のマンション5階に住む無職藤森康孝容疑者(57)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 藤森容疑者は調べに対し、容疑を否認しているという。DNA鑑定などから、一斗缶に詰められた遺体は、藤森容疑者の妻と息子と判明。府警は2人の死亡の経緯や、一斗缶に詰めて遺棄した理由などについて追及する。

 発表では、藤森容疑者は、切断された妻の遺体の一部を一斗缶に詰め、同区内の「東高津公園」の植え込みなどに遺棄した疑い。

 第1の缶は14日朝、同区の「東高津公園」内の植え込みで、清掃中の近所の男性が発見した。頭部と右足首二つが入っていた。

 

« 一斗缶死体遺棄事件 男を逮捕(23日) | トップページ | 【大阪バラバラ遺体】天王寺区の57歳無職男を逮捕 遺体は妻と大学生の息子か(23日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一斗缶事件で57歳男を逮捕、切断遺体は妻子か(23日):

« 一斗缶死体遺棄事件 男を逮捕(23日) | トップページ | 【大阪バラバラ遺体】天王寺区の57歳無職男を逮捕 遺体は妻と大学生の息子か(23日) »