« 2011年8月29日 | トップページ | 2011年8月31日 »

2011年8月30日

2011年8月30日 (火)

世田谷の路上で現金2200万円強奪 (30日)

白昼、現金2200万円が奪われました。警視庁によりますと、30日正午過ぎ、東京・世田谷区の路上で、通販会社役員の男性(33)が突然、男に殴る蹴るなどの暴行を受け、持っていた現金およそ2200万円入りのジュラルミンケースなどを奪われました。

 男性は軽いけがをしていて、「襲ってきたのは知らない男だった」と話していると言うことです。逃げた男は20代とみられ、身長170センチくらい、黒いサングラスをしていたということで、警視庁は強盗事件として捜査しています

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4814085.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性の遺体遺棄した疑い 神奈川の男に逮捕状 大分県警(30日)

大分県別府市明礬(みょうばん)の雑木林で昨年9月、温泉巡りをしていた神戸市垂水区の看護師横手宏美さん(当時28)の他殺体が見つかった事件で大分県警は、神奈川県内での傷害などの罪で起訴されている建設作業員の男(33)=大分県出身=が事件に関与している疑いが強まったとして死体遺棄容疑で逮捕状を取った。容疑が固まり次第逮捕する方針で、31日にも捜査本部のある別府署に移送するという。

 遺体は昨年9月4日、温泉地で名高い別府・明礬の山中にある「秘湯」の無人露天ぶろに続く林道のわきで発見された。バッグや携帯電話、財布などの貴重品がなくなっていた。横手さんは1人で軽乗用車を運転し、九州の温泉を巡る旅行をしていた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「無締まりが多い」と役場荒らし、無職男を逮捕(30日)

大阪府岬町役場から現金を盗んだとして、泉南署は30日、同府泉佐野市市場西、無職中尾貴光容疑者(40)を建造物侵入、窃盗容疑で逮捕したと発表した。

 中尾容疑者は「役場は窓の無締まりが多かったので狙った。生活費や遊興費がほしくて、(府南部の)7、8か所の役場に二十数回入った」と供述しており、同署で余罪を調べている。

 発表によると、中尾容疑者は6月21日午前2時半頃、岬町役場に侵入。机の中にあった人権擁護委員の活動補助金5万6000円を盗んだ疑い。同署は防犯カメラの映像から中尾容疑者を割り出した。

 同署管内では、泉南、阪南市と岬町の全3市町が被害届を提出している。泉南市役所では昨年6月以降、3回侵入され、そのうち2回は数万円ずつが盗難。阪南市役所も昨年12月中旬、現金や図書券計22万4000円が盗まれたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

サイト詐欺、20歳代主婦が4900万円被害(30日)

 埼玉県警深谷署は30日、同県深谷市の20歳代の主婦が現金約4900万円をだまし取られたと発表した。同署は詐欺事件として捜査している。

 発表によると、今月9日、主婦の携帯電話に「サイト登録の未納料金がある」とメールが届いた。記載されていた電話番号に主婦が連絡すると、サイト未納料金回収会社の社員を名乗る男から「解約手続きに料金がかかる。財産を供託すれば和解し、供託金を返済する」などと言われ、貯金などから20~30回、指定された銀行口座に金を振り込んだ。小包でも2回、計1000万円以上を指定された住所に送ったという。

 29日に相手の電話が不通となり、同署に相談した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

5歳女児を暴行、容疑の養父と実母を逮捕 千葉・流山(30日)

妻の連れ子を殴るなどし、けがを負わせたとして、千葉県警流山署は30日、傷害容疑で、当時養父だった同県流山市向小金、無職、鈴木優一(27)と、妻で母親の自称、風俗店店員、奈津子(27)の両容疑者を逮捕した。

 同署によると、優一容疑者は「最初は怒っただけだがエスカレートしてしまった」、奈津子容疑者は「夫から『しっかりしつけをしろ』といわれ、つねったりした」と、いずれも容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年12月13日から22日にかけ、当時住んでいた同市野々下の自宅アパートで、奈津子容疑者の連れ子だった当時5歳の女児(6)を殴るなどし、顔や腹に軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、同17日に女児が通っていた保育所で、保育士が女児の額にあざがあるのを見つけ、22日にはあざが体中にあったため、児童相談所が女児を保護し、県警に通報した。

 両容疑者は直後の今年1月1日に入籍。4月には2人の間に子供が生まれた。

 女児は保育所であざのことを尋ねられた際、「つまずいて転んだ」と答えていたという。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110830/crm11083018030016-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団からの贈答品受注の自粛を百貨店協会に要請 大阪府警(30日)

大阪府暴力団排除条例が4月に施行されたことを受け、大阪府警捜査4課は30日、大阪百貨店協会に対し、暴力団名での中元や歳暮などを受注しないよう要請した。条例で禁じられている暴力団の活動助長や利益供与にあたる恐れがあるとしている。

 同様の取り組みはすでに福岡、兵庫、愛知などで実施されており、全国的に広がっている。

 同協会に加盟しているのは、大丸松坂屋や阪急阪神、高島屋など大手百貨店7社。府警は、送り主や受け手に暴力団の団体名が明記された贈答品の受注や、団体名が記載された商品製作の受注を自粛するよう求める要請書を渡した。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110830/crm11083020100017-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

寺の駐車場から乗用車約10メートル転落 神戸市北区(30日)

30日午後2時5分ごろ、神戸市北区山田町の清光寺の駐車場で、兵庫県三木市の飲食店員の女性(44)運転の乗用車がフェンスを突き破り、約10メートル下の急斜面に転落した。乗用車のフロントガラス部分などが大破し、女性は頭部を切るなど軽いけがをした。

 乗用車は前方から転落したとみられ、兵庫県警神戸北署は、女性が運転操作を誤った事故とみて原因をさらに詳しく調べている。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110830/dst11083020540019-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(30、31日単位・レベル)

高齢者用の自動車作れsign03

【治安つぶやき】
2009_1228_22521931

201108290913000

 警察庁のまとめによると今年7月の全国の交通事故による死者数は354人で、1ヶ月間としては、平成8年以来16年間で最も低い数字となった。この結果、今年上半期(1~6月)の死者数は2112人でやはり16年間で最も少なかった。

 7月の事故発生件数でワースト1は東京の4556件、2位が愛知県の4480件、3位が大阪府の4233件、4位が福岡県の3873件、5位が神奈川県の3433件と続く。

 死者数の1位は埼玉県と北海道の21人、3位が兵庫県の20人、4位が愛知県の18人、5位が東京の17人となっている。死者数を引き上げているのは65歳以上のお年寄りで構成率は50㌫に近い。

 かくなる上は、年齢に見合った性能の自動車、例えばブレーキとアクセルを間違って踏んだ場合、力の加え方でエンジンが停止するなどの技術革新を導入した「高齢者用自動車」の開発を提言したい。

 携帯電話などにあるのだから人命にかかわる自動車にもあって良いだろう。高齢化社会に一考を要する。

 30日正午過ぎ、東京・世田谷区の路上で、通販会社役員の男性(33)が突然、男に殴る蹴るなどの暴行を受け、持っていた現金およそ2200万円入りのジュラルミンケースなどを奪われた。警視庁は強盗事件として捜査している。マスコミの扱いもあるが、首都東京の体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ビルから鉄パイプ落下、児童2人軽傷 東京(30日)

30日午後1時半過ぎ、東京・荒川区のビルの4階部分から鉄パイプ1本が落下する事故があり、小学生2人が軽傷を負った。

 警視庁などによると、30日午後1時半過ぎ、荒川区のビルの4階部分から鉄パイプ1本が落下し、下を歩いていた小学生2人の足に当たった。2人は病院に搬送されたが、軽傷だという。このビルでは塗装作業用の足場を解体していたということで、長さ30センチ、直径4センチの鉄パイプが落下したという。

 警視庁は、業務上過失致傷の疑いがあるとみて、事故の原因などを詳しく調べている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2011/08/30/07189565.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ラウンドワン」で強盗、埼玉・入間市 (30日)

30日未明、埼玉県入間市の遊戯施設で友人と遊んでいた18歳の少年が、2人組の男に顔などを殴られたうえ、現金およそ2万7000円の入った財布を奪われました。警察で強盗傷害事件として捜査しています。

 30日午前3時過ぎ、入間市小谷田にある遊戯施設「ラウンドワン入間店」で、友人と遊んでいた18歳の少年が2人組の男に「入間方面の道を教えてくれ」と声をかけられ、店の外に出て案内をしようとしたところ「金を出せ」と脅されました。少年は、その場で顔を殴られるなどしたうえ、現金およそ2万7000円の入った財布を奪われました。

 警察によりますと、2人組の男は徒歩でその場を立ち去り、2人とも年齢20歳くらい、身長170センチくらいで、1人は紺色の作業着に白い帽子をかぶっていたということです。警察は強盗傷害事件として2人の行方を追っています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4813774.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

口論の夫を包丁で刺した妻、殺人未遂容疑で逮捕(30日)

埼玉県警大宮西署は30日、さいたま市西区植田谷本、無職横田和子容疑者(61)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、横田容疑者は同日午前0時半頃、自宅台所で、夫の力一さん(70)と口論になり、腰を包丁で刺して殺害しようとした疑い。同居の長男が110番通報した。力一さんは入院したが、命に別条はないという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中2男子、飛び降り自殺か「対人関係で悩み」(30日)

30日午前9時ごろ、札幌市手稲区前田8条の9階建てマンションの屋上に少年がいるのを近くの中学校の教諭らが見つけて110番したが、少年は飛び降りた。全身を強く打ち、搬送された病院で死亡が確認された。手稲署によると、少年は近くに住む市立中学2年の男子生徒(13)。教諭らは生徒が登校しないことから、自宅や学校周辺を捜していたという。

関連記事

記事本文の続き 遺書は見つかっていないが、同署は状況などから飛び降り自殺したとみて詳しく調べている。

 手稲署によると、29日朝、生徒の親から「出掛けたまま帰ってこない」と届け出があり、署員が数時間後に知人宅にいた生徒を保護。この日は帰宅し、30日は午前8時半ごろ、制服姿で家を出たまま行方が分からなくなっていた。

 学校関係者によると、生徒は2年になってから休みがちで「学校生活の対人関係で悩みがある」と周囲に話していたという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生の裸画像 学校に送信の疑い 無職女逮捕(30日)

 【苫小牧】苫小牧署は29日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ提供)の疑いで、苫小牧市北光町3、無職及川ちづ子容疑者(35)を逮捕した。

 逮捕容疑は7月下旬、胆振管内の女子高校生の裸などが写った画像を、生徒が通う高校にメールで送信した疑い。同署は共通の知人男性との交友関係をめぐり、及川容疑者が高校生に一方的に恨みを募らせたとみている。また、誰が画像を撮ったか調べている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/314996.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「すき家」に包丁強盗、7.5万円奪う 姫路(30日)

30日午前3時45分ごろ、兵庫県姫路市南条の牛丼チェーン店「すき家姫路南条店」に男が押し入り、男性店員(24)に文化包丁を見せ「お金を出せ」と脅した。男はカウンター内のレジや、店の奥の手提げ金庫から現金計7万5千円を奪って逃走した。店員にけがはなかった。

 兵庫県警姫路署によると、男は25歳くらいで身長173センチ。青色のジャージー姿で、眼鏡とマスクで顔を隠していたという。同署は強盗事件として男の行方を追っている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110830/crm11083011150005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アパートで18歳の男性死亡 殺人容疑で同居の男女3人逮捕「掃除をしない」(30日)

29日午後9時35分ごろ、名古屋市中川区伏屋のアパートで「友人が息をしていない」と、男から119番があった。同市消防局の救急隊員が、住人の無職河合孝翼さん(18)が顔などから血を流し、玄関であおむけに倒れ死亡しているのを発見、警察に通報した。

 河合さんの頭部などに、殴られたような傷やあざがあり、中川署が119番した男を含め、同居の男2人、女1人から事情聴取。暴行を認めたため30日朝、殺人の疑いで無職、柴田真佳容疑者(24)ら3人を逮捕した。

 逮捕容疑は29日午後、アパートの部屋で、河合さんの顔面や頭部を拳やバットで殴ったり、蹴るなどして殺害した疑い。

 中川署によると、3人は容疑を認め「掃除をしないなど、言うことを聞かないので以前から殴っていた」と供述。日常的な暴行がエスカレートしたとみて、詳しい動機や状況を捜査している。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110830/crm11083007570002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アパートで若い男性が顔から血流し死亡 名古屋(30日)

名古屋市のアパートで、若い男性が顔などから血を流して死亡しているのが見つかり、警察は室内にいた男女3人から事情を聴いています。

 29日午後9時半すぎ、名古屋市中川区のアパートから男性の声で、「男が息をしていない」と119番通報がありました。消防が駆けつけたところ、玄関先で20歳前後の男性が顔などから血を流して死亡していました。警察によりますと、室内には20代の男性2人と女性1人がいて、「死亡した男性は同居している知人だ」と話しているということです。男性には顔に殴られたような傷があったほか、体にもあざがあり、警察は、男性が死亡した経緯について3人から詳しく事情を聴いています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリンスタンドに強盗、現金奪い逃走 (30日)

29日夜、神奈川県大井町で閉店間際のガソリンスタンドに刃物を持った男が押し入り、現金およそ35万円を奪って逃走しました。

 29日午後10時ごろ、大井町金子のガソリンスタンド「マルネン株式会社 大井松田給油所」の事務所に男が押し入り、従業員に長さおよそ30センチの包丁を突きつけ、「金を出せ」と脅しました。

 男は売上金など現金35万円が入ったプラスチック容器を奪い、逃走しました。従業員にけがはありませんでした。

 警察によりますと、当時、店は閉店間際で従業員は1人しかおらず、客もいなかったということです。

 逃げた男は年齢20歳くらいで、身長は170センチ前後、上下とも黒っぽいジャージを着て、顔に白いタオルを巻いていたということです。警察は強盗事件として、男の行方を追っています。(30日05:30)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4813652.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

石川・かほく市の海岸で妻が友人と堀った穴に落ちた夫婦が死亡 穴は海岸法違反の規模(30日)

27日夜、石川・かほく市の海岸で、金沢市の出村裕樹さん(23)と里沙さん(23)夫婦が穴に落ち、死亡した事故で、この穴の深さが法律に違反することが29日、わかった。
海岸法では、深さ1.5メートル以上の穴を掘る時には、知事への届け出が必要だというが、この穴は申請がなかったという。
穴掘りを目撃した人は、「『これ、何するの?』って聞いたら、『サプライズがあるんですよ』って」と話した。
2人が落ちた穴は、亡くなった里沙さんが、数人の友人と掘ったものだった。
穴はおよそ2.4メートル四方で、深さは2.5メートルほど。
事故のあった現場で29日、県の了承を得て、穴を掘ってみた。
中の方は非常に締まった状態になっていたが、一方で表面はすぐに崩れるようなサラサラとした状態になっていた。
警察では、穴が掘られた27日昼には湿っていた砂が、27日午後10時ごろには乾燥し、崩れやすくなっていたとみていて、警察は30日以降、穴を掘った友人から再び事情を聴く方針。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00206435.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「幼い遺体の検視つらかった」被災地派遣警官(30日)

秋田県警は29日、東日本大震災で岩手、宮城、福島3県の被災地に派遣され、救出活動や遺体の捜索活動に加わった警察官の座談会を開いた。参加した10人は「幼い遺体の検視には涙が止まらなかった」などと語った。

関連記事

記事本文の続き 佐藤正司警部(52)は、ピンクのリュックサックを背負った3歳くらいの女児の遺体を検視し、リュックにたくさんの折り紙が入っているのをみて、涙が止まらなかったという。「やさしい母親が詰めたのだろうが、なぜ、その分早く逃げなかったのか-」と悔しさをにじませた。

 身元確認の際、DNA鑑定に関わった堀井久志警部補(54)は、行方不明の父親をさがすため、母親に手を引かれ、DNA採取に訪れた3歳くらいの男児を忘れない。採取が終わった後、ドアの前で、ちょこんと敬礼した姿を-。「何とかしてお父さんを見つけてやらないと」と思った。

 航空隊員として岩手、宮城の空からヘリで情報収集に当たった水ノ江拓治警部(52)は「大災害が起きたときは、妻に『連絡はしない。あとは任せる』と言ってある」と話す。被災地の空は、報道も含めて数十機のヘリが飛び交い、ニアミスの危険にもさらされた。

 被災者から逆に励まされることも多かった。佐々木悟警部補(40)は捜索や救助の活動中、余震のために高台に避難することもしばしば。

 一緒になった住民から「がんばってください」と、お菓子をもらった。「自分がいつ次に食べられるか分からない状態で、私にお菓子を差し出してくれる気持ちに、(感激して)とても言葉が出なかった」

 被災地派遣を通して、自分たちの存在意義を再認識した警察官たち。高橋直樹巡査部長(39)は、「警察官は、ふだんは感謝されることが少ないが、被災地では、混乱の中で毅然(きぜん)としてやっている警察官はまぶしく見えるのか、住民から感謝される存在だということを実感した」と話した。

 秋田県警が派遣した警察官・職員は同日現在でのべ79部隊725人にのぼる。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

乗用車の後部座席から女性遺体 死体遺棄容疑で63歳男を逮捕 栃木・日光(30日)

遺体を乗用車の後部座席に乗せていたとして、栃木県警今市署は29日、死体遺棄の疑いで、住居不定、無職、古田島敏容疑者(63)を逮捕した。容疑を認めている。

 調べによると、古田島容疑者は同日午後2時半ごろ、栃木県日光市藤原の路上で、梱包(こんぽう)用のビニールなどで包まれた高齢の女性とみられる遺体を、乗用車の後部座席に積んでいた疑いが持たれている。

 同署によると、古田島容疑者と母親(93)、叔母(90)の3人が8月上旬から行方が分からないとして、親類が28日に福島県警南会津署に捜索願を出していた。今市署員が日光市内で、古田島容疑者と母親が乗った乗用車を発見した。

 古田島容疑者は調べに対し、「車で走っていたら叔母が亡くなってしまった。そのまま車に乗せていた」と供述。遺体が古田島容疑者の叔母の可能性が高いとみて、身元と死因の特定を急いでいる。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110830/crm11083000160001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【神世界事件】「教祖」の妻を逮捕 組織詐欺容疑で(30日)

有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)グループによるヒーリングサロンを利用した霊感商法事件で、神奈川県警は29日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で、同グループ幹部、斉藤葉子容疑者(44)を逮捕した。斉藤容疑者は同容疑で逮捕状が出ている「教祖」と呼ばれるグループトップの男(53)の妻という。

 県警の調べでは、斉藤容疑者は平成16~18年、東京都内の傘下サロンで、病気などに悩む客5人に「子ギツネの霊が右脳に取り付いている」などと虚偽の説明をし、祈願料名目で計1340万円をだまし取った疑いが持たれている。

 県警によると、斉藤容疑者は「逮捕事実に納得できない」と容疑を否認。29日午後、捜査本部がある加賀町署に出頭したが、出頭の理由は説明せず、ほかに逮捕状が出ている教祖や幹部計3人の所在については「知らない」と話しているという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110829/crm11082921240013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【東日本大震災】関東96自治体で液状化 整備局と地盤学会調査(30日)

東日本大震災による地盤の液状化が関東7都県の96市町村で発生し、住宅、道路、ライフラインなどの被害は184カ所に上ったことが29日、国土交通省関東地方整備局と地盤工学会の共同調査で分かった。

 同整備局は「地盤の液状化が起きた場所を把握することで復旧作業に役立つ。今後はなぜ特定の場所で液状化が起きたのか解析していく必要がある」としている。整備局によると、国による液状化被害のとりまとめは初めてという。

 30日から関東地方整備局と地盤工学会のウェブサイトで、発生場所ごとにまとめた調査結果を公表する。

 被害が最も集中していたのは、東京都から千葉県にかけての東京湾沿岸。利根川下流域などにも集中しており、河川や沼や湖だった低地、埋め立て地での発生が多かった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110830/dst11083000290001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月29日 | トップページ | 2011年8月31日 »