« 2011年8月21日 | トップページ | 2011年8月23日 »

2011年8月22日

2011年8月22日 (月)

被災車の無許可解体容疑、アフガン人ら4人逮捕 宮城(22日)

 津波で被災した車を無許可で解体したとして、宮城県警は22日、外国人4人を自動車リサイクル法違反の疑いで逮捕し、発表した。

 逮捕されたのは、愛知県弥富市の自動車部品販売会社長でアフガニスタン国籍モハメッド・イブラヒム容疑者(44)と、同社の自動車解体工で同国籍やシリア国籍の3容疑者。県警によると、4人は6月中旬~8月初旬、宮城県川崎町に設置した自動車解体場で、被災した冷凍車やトラックなど計8台を県の許可なく解体した疑いがある。いずれも容疑を認めているという。

 県警は22日、この会社や関係先を家宅捜索。今後、車の入手経路や販売先を調べる方針。被災地では津波をかぶった車が盗まれ、解体されて海外に運び出される事例が相次いでいる。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交番の非常電話を壊す 容疑の男を逮捕 (22日)

埼玉県警朝霞署は22日、器物損壊の現行犯で、住居・職業不詳、西和哉容疑者(30)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。

 朝霞署の調べによると、西容疑者は22日午前1時ごろ、和光市白子の同署和光交番に設置された非常通報電話機を、足で蹴って壊した。当時、交番は警察官が不在で、西容疑者は非常電話で朝霞署に「トラブルに巻き込まれた」と通報。署員の到着が遅いことに腹を立てていたといい、同署で詳しい経緯を調べている。

Msn_s1_10 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交番で警官に「手上げろ」 容疑の高校生逮捕 青森県警(22日)

22日午前10時40分ごろ、青森市合浦2丁目の青森署浪打交番で、同市の男子高校生(17)が、男性警部補(59)ら警察官3人を「手を上げろ、膝をつけ」などと脅し、拳銃のようなものを突きつけた。

 警部補らが説得した上で高校生を取り押さえ、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。拳銃は偽物だった。

 青森署によると、高校生はモデルガンと財布を「拾った」と言って交番に届けに来た。警部補らが拾得物の手続きをしていると、届け出たモデルガンとは別の拳銃のようなものを突き付けたという。詳しい動機を調べているhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110822/crm11082217080016-n1.htm

Msn_s1_9

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日単位・レベル)

警察は時代感覚をsign03

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201108160932000

 京都府八幡市のスーパーの駐車場に止まっていた乗用車の中から女性の死体が発見された事件で、被害者は岐阜県端浪市の女性(34)であることが警察の調べで分かった。

 女性と交際相手の23歳の無職の男は現在も逃げているという。一部報道によれば、女性が失踪当時、交際相手の男性と一緒にいたという情報もある。女性は、家族から1月に家出人届が出されていた。

 さらに6月ごろには、大阪府内で女性が車の中で交際相手ともめて、大阪府警に事情を聴かれていたことも明らかになった。

 警察はおそらく2人は夫婦でないのでDVではなく「男女間トラブル」として処理したのだろう。 詳細は、今後の捜査によるが、仮に「デートDV」を警察が見逃していたとすれば、また「不作為」が問をれることになる。

 男が女を暴力で支配し、女は〝奴隷〟のように束縛され逃げられない。それが「デートDV」だ。千葉県で母親が殺害され次女が連れ出され沖縄で発見された事件がその例だ。

 厚生労働省は扱いについて通達を出し、一部自治体は専用の110番制度を設けているが、警察は相談マニュアルにも交番の対処マニュアルにもその扱いはない。最先端を行かなければ事件対処なんて不可能。もっと時代を読む警察になってほしい。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

取り調べ中便宜供与?まんじゅう・飲料等与える(22日)

石川県警金沢中署の男性捜査員が今年7月、窃盗容疑で逮捕した無職の男(49)(大阪府枚方市)の取り調べ中、男に菓子などの飲食物を複数回、与えていた疑いがあることが、県警関係者への取材で分かった。

 この行為は、取り調べ監督制度で禁じられている「便宜供与」にあたる可能性があるとして、県警で事実確認を進めている。

 起訴状などによると、男は7月1日、金沢市内のディスカウントストアでカバンを盗んだ疑いで同署に逮捕され、その後、窃盗罪と覚醒剤取締法違反で起訴された。現在は公判中。

 県警関係者などによると、事件を担当した男性捜査員は、取り調べの際、男に「本当はだめなんだが」などと言いつつ、シュークリームやまんじゅう、缶コーヒーなどを繰り返し与えていた疑いが持たれている。男が、飲食物の供与を受けたとする内容の書面を県警に提出したため、県警が調査に乗り出した。

 県警取調べ監督室によると、2009年4月から導入された取り調べ監督制度では、〈1〉身体への接触〈2〉不安や困惑を招く言動〈3〉有形力の行使〈4〉便宜供与――などを、任意性のない調べになる恐れのある「監督対象行為」として禁止している。今回の行為は、決められた食事や水、茶、湯以外のものを渡した「便宜供与」にあたる可能性があるという。

 県警によると、同制度の導入以降、7月末現在まで監督対象行為とされた事例は1件もないという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ミニパトで帰りたかった」乗り逃げ容疑者逮捕(22日)

 警視庁戸塚署のミニパトカーが22日、東京都新宿区内で約300メートルにわたって男に乗り逃げされていたことが同署への取材でわかった。乗り逃げしたのは新宿区内の無職の男(48)で、窃盗容疑で現行犯逮捕された。男は「ミニパトに乗って実家に帰りたかった」などと話しているという。

 同署によると、22日午前0時半ごろ、新宿区高田馬場1丁目の都道(早稲田通り)で、ミニパトを止めて検問していた男性巡査部長(36)と男性巡査(19)が、整備不良の車が反対車線に赤信号で止まったのを発見。職務質問しようとその場を離れたすきに、男が無人のミニパトに乗り込み約300メートル運転し、自分で停車したという。この間、男は別の乗用車と接触する事故を起こしたが、けが人はいなかった。通りかかった別のパトカーが追跡し、男を現行犯逮捕した。

 ミニパトは赤色灯をつけ、エンジンもかけたままだったという。中田智志副署長は「車両の管理を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「密着エステ」捜索 胸でマッサージ(22日)

水着姿の女性店員が男性客に胸を押しつけるなどの行為を「密着エステ」と称し、エステ店を装って禁止区域で性風俗店を営業した疑いが強まり、神奈川県警は22日午後、風営法違反(禁止区域営業など)の疑いで、川崎市川崎区砂子の「川崎SWEET」と「川崎EMODA」の2店舗の家宅捜索を始めた。容疑が固まり次第、各店舗の店長らを逮捕する。捜査関係者が明らかにした。

関連記事

記事本文の続き 捜査関係者などによると、川崎EMODAでは、オイルにまみれた「セラスト」と称する水着姿の女性店員が、胸や太ももを使って店内の個室で男性客にマッサージするなどのサービスを行っていた疑いが持たれている。

 各店舗は、「性的サービスを行う性風俗店ではなく、マッサージなどのサービスは合法」とホームページなどで紹介。風営法の規制対象外として、店舗型性風俗店の営業禁止区域内に相次いでオープンした。

 県警は、水着姿で体を密着させ胸などを押しつけていたのは性的サービスにあたると判断。実態は性風俗店だとして強制捜査に踏み切った。各店舗が入居するビルの壁面全体に設置した巨大な看板についても、同法違反(広告宣伝の禁止)にあたるとみて捜査を進める。

 神奈川県内には川崎EMODAなど、系列とみられる5店舗が横浜や川崎で営業。風営法の規制となる性的マッサージ店に該当しないとして、同様の店舗が営業禁止区域で増加傾向にある。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「静岡県警が自白強要」 介護士側が釈放申し入れ 93歳男性熱湯かけ事件(22日)

静岡市清水区の介護施設に入所していた男性=当時(93)=にシャワーで熱湯をかけ死亡させたとして、傷害致死容疑で介護士、藤沼佑介容疑者(26)が逮捕された事件で、同容疑者の弁護士が22日、「静岡県警が自白を強要するような取り調べをした」として静岡地検に即時釈放を申し入れた。

 申し入れ書によると、藤沼容疑者は逮捕前から、シャワー温度を確認しなかったことは認め、「熱い湯だと分からなかった」と供述していたが、県警の捜査担当者は「熱いことが分からなかったはずがない」と決めつけて取り調べたと指摘。

 逮捕して身体拘束したのは、故意に熱湯をかけたとの自白を強要する目的があったと主張している。

 申し入れ後の記者会見で、小川秀世弁護士は「証拠隠滅も逃走の恐れもなく、身体が拘束される理由はない」と述べた。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110822/crm11082214370009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ナンパ目的で背後から女性に抱きつく レポーターとしてTV出演の立教大生逮捕(22日)

Crm11082214430010n11

帰宅途中の女性会社員に後ろから抱きついたとして、警視庁大塚署は暴行の疑いで、東京都文京区大塚、立教大学生、添田大地容疑者(21)を逮捕した。同署によると、「ナンパ目的で抱きついた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、11日午後9時半ごろ、東京都文京区の路上で、帰宅途中の30代の女性会社員に後ろから抱きついたとしている。女性会社員に大声を出されたため、添田容疑者は逃走。女性会社員にけがはなかった。添田容疑者は12日夜に同署に出頭した。

 同署によると、6月以降、現場近くの東京メトロ茗荷谷駅付近では、女性に抱きつくなど同様の事件が数件起きており、同署が関連を調べている。

 添田容疑者は以前、芸能事務所に所属し、学生レポーターとしてテレビの情報番組に出演したことがあるという。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110822/crm11082214430010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

竹脇無我さん死去 クールな二枚目俳優(22日)

クールな二枚目俳優として活躍した竹脇無我(たけわき・むが)さんが21日午後2時5分、小脳出血のため死去した。67歳。葬儀は22日、近親者のみで行った。喪主は長女、竹脇友加さん。

 昭和19年、千葉県生まれ。名アナウンサーとして知られた故竹脇昌作(しょうさく)さんの3男で、青山学院高等部に在学中の35年に映画デビュー。渋い二枚目役として、映画「人生劇場」などで一躍スターになった。また「岸辺のアルバム」「大岡越前」などテレビドラマにも多く出演し、父譲りの美声で女性ファンの支持を集めた。

 二枚目役を演じ続けるストレスから、40代後半に鬱病を患い、長く闘病。平成9年には2人の娘をもうけた妻と離婚。12年に糖尿病と鬱病治療のため入院し、退院後も仕事を1年休養した。

 15年に鬱病との闘いをつづった初著書「凄絶な生還 うつ病になってよかった」を出版したのを機に現場復帰。最近では昨年公開の映画「大奥」(二宮和也主演)に出演したほか、講演活動や絵の個展を開くなど活躍。来年1月には明治座創業140周年記念公演「女たちの忠臣蔵」の出演も決まっていた。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110822/ent11082215330009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性警官10年倍増計画…茨城県警、目標は1割(22日)

茨城県警は、女性警察官を10年後の2021年4月までに、現在の270人から倍増させ、全警察官に占める割合を約10%に引き上げる増員計画をまとめた。

少子化で人材確保が困難になることを視野に入れ、体力的に男性より劣っても頭脳

明晰

(

めいせき

)

だったり、特に秀でた能力があったりする女性を積極的に採用する。女性の採用条件には身長・体重制限が設けられているが、今後は制限を緩和するなどして門戸を広げる方針だ。

 県警警務課によると、女性警察官は11年4月現在、270人。全警察官4715人の5・7%にとどまり、全国平均の6・5%を下回っている。ここ数年、自然増で少しずつ増えてはいるものの、ペースが遅いため本腰を入れることにし、計画初年度の今年度は36人の新規採用を見込んでいる。

 県警の女性警察官は、1947年1月に1期生30人を採用したのが始まり。性犯罪被害者の心のケアや女性容疑者の取り調べ、留置人の管理などで活躍してきた。しかし、結婚や出産などによる退職もあり、現在、県警本部の課長補佐や各署の課長となる「警部」はわずか3人しかいない。

 警察庁は今年2月、男女共同参画の推進を目的に、都道府県警に対し、女性警察官の雇用促進を指示。これを受け、県警は警務部内に「女性警察官の採用・登用拡大検討会」を設置し、増員計画を策定した。

 計画では、現在の身長1メートル55、体重45キロ以上の女性警察官の受験資格を緩和。警察署や交番の女性の仮眠施設、トイレなどの整備を進めるとともに、育児休業者の復職支援や先輩警察官が新人の相談役となる「メンター制度」の導入など、職場環境の充実を図るとしている。

 職域も拡大する方向で、これまでほとんど配置されなかった交通事故捜査班や自動車警ら隊、サイバー犯罪の捜査などにも登用する。装備の充実、軽装化を進め、特に体力が必要な機動隊などへの入隊も検討する。

 5月の女性警察官採用の競争倍率は8・2倍の狭き門だったが、今後、倍率は下がるとみられ、県警警務課の吉田浩一総括理事官は「女性警察官の働きやすい環境を作り、優秀な人材の確保、職域拡大に努めたい」としている。

 県警警務課採用係長の森川由紀子警部補(31)は倍増計画を受け、「男性も女性も同じ警察官。女性だからできないということはない」と、女性に積極的な挑戦を促す。

 森川警部補は2003年4月、刑事ドラマ「踊る大捜査線」の刑事にあこがれて県警に入った。警察について、漠然と“男の職場”というイメージは持っていたが、「ここまで男性が多いとは」と驚いたという。

 採用後は、交番勤務や刑事課、留置管理課などを経験。その中で「女性ならではの仕事ができた」と自負する実績がある。筑西署刑事課勤務の頃、連続性犯罪事件があり、被害女性からじっくりと話を聞いた。徐々に心を開いてくれ、容疑者逮捕を報告すると、涙を流し、裁判にも証人として出廷してくれたという。

 昨年11月に先輩警察官と結婚。家事とのバランスや出産などもあるが、「上司や先輩が気を使ってくれる。普通の会社と同じです」と笑う。これまで警察署や交番に女性用トイレや休憩所が少なかったり、同じ職場に相談できる女性の先輩がいなかったりと苦労することも多かったが、「本人の適性があれば女性でもできることはたくさんある。女性のポストを広げていきたい」と意欲を燃やす。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

調査:看護学生の6割が、患者からの暴力を経験(22日)

看護学生が実習中に患者から受けた暴力の実態を、筑波大の江守陽子教授(看護科学)らの研究チームが調査した。学生の6割が暴力を受け、うち性的暴力が精神的暴力と並んで4割を超えていた。日本看護協会の調査では看護職員への暴力は約3割とされ、学生は2倍もあった。看護学生への暴力の実例に基づいた本格的な調査と分析は初めてという。

 関東地方の看護専門学校、短大、大学計15校の看護学生712人を対象に07年に調査した。593人(83.3%)が有効回答をした。

 暴力を受けたと答えた学生は352人(59.4%)で、総件数は1498件。種類別では▽精神的暴力44.7%▽性的暴力43.1%▽身体的暴力12.2%。性的暴力では「胸を触られた」「手を握られ、お尻を触らせてと言われた」「後ろから抱きつかれ、頬にキスをされた」「声をかけられ、ずっと追いかけられたり、わいせつな発言があった」などの被害があった。

 最も困った事例について具体的に記述した95人のうち20.0%は、暴力を受けた際、誰にも相談しなかった。「怒り」「嫌悪感」を覚え、「辱めを受けた」「人格を否定された」と感じたという。

 研究チームは、担当看護職員に向けられた不満やストレスのはけ口として経験が浅い学生が攻撃対象となったと分析。三木明子准教授は「暴力は弱い立場の者に向く。患者との距離感の取り方など暴力防止の実技講習を行い、まず予防が大切。防犯ブザーを持たせるなど暴力を受けない環境作りも必要だ」と話している。【安味伸一】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/science/news/20110822k0000m040126000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

衣装ダンスに女性遺体、直前に男性飛び降り死亡(22日)

21日午後11時30分頃、広島市西区中広町のマンション6階の一室で、40歳代の女性が衣装ダンスの中で死んでいるのを、訪ねてきた女性の母親と広島中央署員が見つけた。

 現場にいた50歳代の男性がこの直前にベランダから飛び降りて死亡しており、広島県警は死体遺棄容疑で捜査、女性の遺体を司法解剖して死因を調べる。

 発表によると、女性の遺体は衣装ダンスの中で足を抱え、座り込んだ姿勢で見つかった。着衣に乱れはなく、目立った外傷もなかったという。

 この日午後9時頃、母親らがマンションを訪ねた際、男性が玄関を開けずに応対し、不審に思った母親が110番。駆け付けた同署員と再び訪ねた際、男性が玄関の鍵を開けなかったため、署員が無施錠の窓から室内に入った。男性はベランダに逃げ、直後に飛び降りて路上に転落。全身を打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 現場はJR山陽線横川駅南西約800メートルの住宅街。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸空港に侵入容疑で男逮捕(22日)

神戸水上署は22日、正当な理由なく神戸空港の敷地内に侵入したとして、建造物侵入の疑いで男を現行犯逮捕した。運用時間外で、運航に支障はなかった。

 逮捕容疑は21日午後11時20分ごろ、神戸市中央区の神戸空港に、フェンスを乗り越えて侵入した疑い。神戸水上署によると、管理事務所から通報を受けた署員が、敷地内を歩いている男を発見して取り押さえた。

 男は30~40代とみられ、身元を詳しく調べている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110822/crm11082209480002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

寝室から遺体運ぶ? 階段転落を偽装か(22日)

自宅で里子を虐待死させたとして声優の女が傷害致死容疑で逮捕された事件で、声優「遊魚静(ゆなしずか)」こと鈴池静容疑者(43)=東京都杉並区成田東=が、暴行を加えた里子の渡辺みゆきちゃん=当時(3)=を寝室で寝かせ、後から死んだのに気づいて階段からの転落死を偽装した疑いがあることが21日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は同日、鈴池容疑者を送検した。

 捜査関係者によると、みゆきちゃんは平成22年8月23日夜、暴行を受けて死亡したと推定されるが、同課の調べに対し、鈴池容疑者の夫と次女は「その直後の24日午前0時ごろまでに、寝室で寝かされているのを確認した」などと説明。鈴池容疑者自身も「前日の23日午後9時半ごろ、寝ているのを確認した」と説明した。

 みゆきちゃんは24日早朝には、寝室と同じ地下1階の階段下で横たわっているのを、起きてきた次女に発見されていることから、夫らが確認した午前0時ごろから未明にかけて、鈴池容疑者が布団の中で死んでいるのに気づき、寝室から階段下に遺体を運んだ疑いがあるという。

 鈴池容疑者は事件直後、「里子は夜に目を覚まして1階のトイレに上がることがあり、階段から転落したのではないか」などと説明していたことから、捜査1課は階段下に運んだのは転落死を偽装するためだったとみているが、鈴池容疑者は逮捕後も容疑を否認しているという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110822/crm11082209530003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・久喜市でひき逃げ、男性死亡 (22日)

 21日夜、埼玉県久喜市で自転車の男性がトラックにはねられ死亡しました。警察で死亡ひき逃げ事件として逃げたトラックを追っています。

 21日午後8時過ぎ、久喜市菖蒲町の県道で「トラックに人がはねられた」という通報がありました。警察が駆けつけたところ、近くに住む会社員の野崎正さんが倒れていて、野崎さんは病院に運ばれましたが間もなく死亡しました。

 野崎さんは近くであった盆踊り大会に参加したあと、自転車に乗って自宅に帰る途中、後ろから来たトラックにはねられたということです。

 逃げたトラックは中型トラックとみられていて、野崎さんをはねた後、茨城方面に逃走したということです。警察は死亡ひき逃げ事件として、逃げたトラックの行方を追っています。(22日00:43)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4806888.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

モルディブ:日本人夫婦が行方不明 海でおぼれた可能性も(22日)

【ニューデリー共同】在スリランカ日本大使館は21日、インド洋のモルディブに滞在していた日本人夫婦が16日夜にホテルを出たまま行方が分からなくなっていると明らかにした。日本から親族らが既に現地入りしているという。

 夫は30代で、妻は20代。現地の警察は海でおぼれた可能性もあるとみて捜索。ホテル近くで21日に1人の遺体が見つかり、夫婦のどちらかの可能性があるとみられるという。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110822k0000m040131000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

募金中の大学生に「俺はやくざ」と入れ墨見せ恐喝容疑 酒代欲しさに千円奪う(22日)

愛知県警中村署は21日、恐喝の疑いで、住所不定、無職、土屋宮敏容疑者(65)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は21日午後1時50分ごろ、JR名古屋駅前の歩道で、東日本大震災の募金活動をしていた甲府市の男子大学生(23)に「俺はやくざだ。一声かければこんな活動できなくなるぞ」と入れ墨を見せて言い、現金千円を脅し取った疑い。

 同署によると、土屋容疑者は容疑を認め「酒代が欲しかった」と供述。大学生はNPO法人のメンバー数人で募金活動していた。1人が近くの交番に知らせた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110821/crm11082120400010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男が突然スタンガン押しつけ逃走 OLが軽傷 東京・世田谷(22日)

21日正午ごろ、東京都世田谷区上馬の路上を歩いていた女性会社員(29)が背後から近づいてきた男に突然、スタンガンのようなものを突きつけられ、背中に軽いけがを負った。男はそのまま逃走しており、警視庁世田谷署は暴行事件として捜査している。

 同署によると、男は20代くらいで茶色の上着に黒色のズボン姿だったという。現場は、環状7号線沿いの交通量の多い通り。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110821/crm11082118350008-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

仙台の路上でけんか 暴力行為容疑で5人逮捕 震災工事の出張同士(22日)

仙台東署は21日、暴力行為法違反(集団暴行)の疑いで、横浜市金沢区の会社員、原口正広容疑者(40)、北海道苫小牧市新中野町の会社員、柳谷勝城容疑者(39)ら男計5人を逮捕した。

 逮捕容疑は21日午前2時45分ごろ、仙台市宮城野区のスナックで原口容疑者ら2人と、柳谷容疑者ら3人のグループが口論となり、近くの路上で互いに暴行を加えた疑い。

 同署によると、原口容疑者ら2人は横浜市から、柳谷容疑者ら3人は北海道から東日本大震災関係の工事で宮城県に来ており、それぞれ酒を飲んでいた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110821/crm11082122070011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月21日 | トップページ | 2011年8月23日 »