« 節電でドア開けた家、泥棒は狙っていた(11日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2011年8月11日 (木)

愛知県警犬山署に男が「女性を殺した」と自首 女性は21歳の女子大学生、男に逮捕状請求(11日)

Logo4_2

11日未明、愛知県警犬山署に男が「女性を殺した」と自首し、男の車には、若い女性の遺体が乗せられていた。女性は21歳の女子大学生で、警察は男の逮捕状を請求している。
男が家族に電話し、「死にたい」と一言だけを口にしたのは、10日午後8時40分ごろ。
それから、およそ8時間後。
警察署の正面に乗りつけられた男の車には、全裸の女子大学生の遺体が乗せられていた。
男は車に乗って、入り口から警察署の真正面の位置に車を止めた。
そして、男は車を降りたあと、警察署の中へ入っていき、「女性を殺した」と伝えたという。
11日午前4時44分、愛知県警犬山署に「女性を殺した」と出頭したのは、一宮市に住む45歳の男。
対応した警察官が、警察署正面の駐車場に止めてあった男の軽自動車を調べたところ、助手席に、全裸でタオルのようなものをかぶせられた女性の遺体を発見した。
遺体は死後数時間が経過しており、首などに数カ所の刺し傷があったという。
男は「女性を殺しました」と話している。
また、女性について、「出張モデルをお願いしていた」と話しているという男。
男が持っていた学生証から、女性は、名古屋市内の21歳の女子大学生と判明した。
出頭した際、男は血のついたナイフを持っていたという。
男の自宅を調べたところ、2階の和室からは大量の血痕が見つかったという。
近所の人は「あまり外に出られない、内気な人」、「このへんであの子を知っている人はいない」などと話した。
周辺の住民は男について「よく知らない」と話す一方、「あいさつもしないし、会うこともない。大体、評判が悪すぎる」といった証言もあった。
男は、事件直前の10日昼すぎ、近所の飲食店でトラブルを起こしていた。
近所の飲食店店主は「財布を忘れたから、『きょうは貸してくれ』と、メモをバイトに渡して」と話した。
「今日、財布を忘れてしまい、今日の夕方か明日、払いにきますので、どうかお許しを」とメモを残し、飲食代を払わずに店を出たという男。
警察は、男の自宅で見つかった血痕の鑑定を急ぐとともに、男の逮捕状を請求し、引き続き、男からくわしく事情を聴いている。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« 節電でドア開けた家、泥棒は狙っていた(11日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県警犬山署に男が「女性を殺した」と自首 女性は21歳の女子大学生、男に逮捕状請求(11日):

« 節電でドア開けた家、泥棒は狙っていた(11日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »