« 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月15日 »

2011年8月14日

2011年8月14日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)

盗みは盗み

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201108051112001

 今頃になると思い出すのが少年時代の夏。昭和20年代の半ばのころである。阿武隈川の川向こうに、収穫漏れしたスイカが残っている土手があった。

 対岸から見て人気のないのを確認して泳いで渡る。半分は割れて蝿が付いているものもあれば、運良く無傷のものもあり、ご馳走にありつく。足で踏みつけるように割り、食べていると「コラッ!なにしてんだおめぇ~ら」と叱られる。

慌てて阿武隈に飛び込み逃げるのだが川幅は30㍍もあり、途中で猛烈な石つぶの攻撃に遭う。収穫にも適さないスイカなのに……と何度も泣いたことか。

 最近の少年事件。警察庁によると今年7月までに窃盗で検挙された少年は2万6845人で前年同期比で1935人も減少した。罪種別で最も減少したのは自転車盗で894人減の4467人だった。次いで減ったのは万引きで-566人の1万5309人。

 これに対して増えたのは侵入盗の中の忍び込みは51人も増加した98人。出店荒らしは29人増の267人。スリは19人増の82人。さらにさい銭ドロは17人増の75人となっている。

 ようするに〝こそ泥〟が増えた訳だが、戦後の物不足の時代、飢えた10歳未満の少年が畑の土手に規格外で収穫に漏れ放置されたスイカを失敬するのは、非侵入盗の「その他」に該当するのだろう。

 窃盗の罪は罪として反省するが、育ち盛りで甘い物を窃取するのにはそれぐらいしかなかった時代である。中学になり、お巡りさんとそんな話をしていたら「鍛えなおしてやる」と言われて柔道を教わった。そんなお巡りさんに会いたい。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

公然わいせつ:容疑で1等海尉逮捕 下半身を露出 山口(14日)

山口県警長府署は14日、海上自衛隊小月教育航空群(山口県下関市)所属の1等海尉、工藤博永容疑者(31)を公然わいせつ容疑で現行犯逮捕した、と発表した。

 逮捕容疑は、同日午前2時40分ごろ、山口県下関市のJR小月駅前の路上で、電車の始発を待っていた男性4人に対し、ズボンを脱いで下半身を露出したとしている。

 工藤容疑者は14日は休日で、前夜は同駅前で他の基地の自衛隊員と酒を飲んだ帰りだった。第201教育航空隊司令の平木拓宏1等海佐は「誠に申し訳ない。服務指導を再度徹底したい」とコメントした。

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110814k0000e040050000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2人殺害か…足首発見の公園で別の足首や頭部(14日)

14日午前7時30分頃、大阪市天王寺区東高津町の東高津公園で、清掃中の近所の男性から、「一斗缶の中に人の足のようなものがある」と110番があった。

 駆けつけた天王寺署員が、一斗缶内に入っていた黒色ポリ袋の中に、人間の頭部と、右足首から先の部分二つが入れられているのを確認した。足先の一つに刃物で切断されたような跡があり、大阪府警捜査1課は死体損壊、同遺棄事件として同署に捜査本部を設置。少なくとも2人が殺害された疑いが強いとみて、身元の確認を急いでいる。

 発表や目撃者によると、一斗缶(18リットル缶)は縦横が24センチ、高さ35センチで、公園北東の植え込みに放置され、ふたの上から粘着テープが何重も巻かれていた。「3~4日前からあった」との証言もある。

 頭部や右足先二つはいずれもかなり腐敗していた。性別や年齢は不明だが、足先はそれぞれ大きさが異なっているという。

 現場は近鉄大阪上本町駅の北約300メートルの閑静な住宅街。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

栃木の警察署員ガラス割って立ち去る 示談成立「事件ではない」(14日)

栃木県警矢板署の男性署員が、同県那須塩原市の飲食店のガラス戸を破損していたことが14日、同署への取材で分かった。矢板署は、署員と店側の示談が成立し、被害届が出ていないとして立件しない方針。

 矢板署によると、署員は12日午前1時40分ごろ、酒に酔った状態で入店。店主の妻に閉店といわれて外に出たが、再び入店しようとガラス戸をたたき、ガラスが割れた。

 署員はそのまま立ち去り、妻が110番。駆け付けた警察官が付近を歩いていた署員を保護した。矢板署の宇賀持久男次長は「事件ではないため、署員の所属や階級は明らかにできない」と話した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110814/crm11081414520008-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

公園に頭部と2人の足首 刃物で切断、殺人か 大阪(14日)

14日午前7時半ごろ、大阪市天王寺区東高津町の「東高津公園」で、清掃ボランティアの男性が植え込みに捨てられていた一斗缶の中から人の足首を発見、110番した。大阪府警が確認したところ、1人の頭部と大きさの違う二つの右足首などが見つかった。

 同日午後には、公園の西約100メートルの住宅地で似たような一斗缶が見つかり、府警捜査1課が中身の確認を進めている。

 同課は、状況から少なくとも2人が事件に巻き込まれた可能性があるとみて、死体損壊・遺棄事件として天王寺署に捜査本部を設置。殺人事件の可能性もあるとみて、司法解剖して死因と身元を調べる。

 捜査1課によると、頭部などは黒いポリ袋に包まれて一斗缶の中に入れられ、ふたはテープでとめられていた。足首の一部には刃物で切断されたような痕があった。腐敗が進み、性別も分かっていない。

 近所の住民によると、この日は朝から町内会で公園清掃のボランティアをしており、男性2人が異臭に気付いた。町内会長の男性は「6日に公園で花火大会があった時には缶はなかった」と話している。

 現場は近鉄大阪上本町駅から北に約200メートルの閑静な住宅街。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110814/crm11081413230006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪市天王寺区の公園で一斗缶の中から切断された人の足首のようなものが見つかる(14日)

14日朝、大阪市天王寺区の公園で、放置された一斗缶の中から、切断された人の足首のようなものが見つかった。警察は、死体遺棄事件として調べている。
14日午前7時半ごろ、大阪市天王寺区東高津町(ひがしこうずちょう)の公園で掃除をしていた住民から、「植え込みの中に一斗缶があり、中に人の足のようなものがある」と、警察に通報があった。
警察によると、見つかったのは人の足首部分とみられ、黒いポリ袋に包まれた状態で一斗缶に入っていたという。
目撃者は「一斗缶が、木の下のところに、ころんと放ってあった。ふたの部分だけ(テープで)何重かに巻いてる感じ。開けたら、すごいにおいがした」と話した。
足の大きさや性別などはわかっておらず、警察は、死体遺棄事件として捜査本部を設置し、くわしく調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:郡山の主婦から543万円詐取 息子の実名かたり /福島(14日)

 郡山市の主婦(55)が12日、現金543万円をだまし取られる振り込め詐欺に遭ったと郡山署に届け出た。今月に入り、息子や甥(おい)の実名をかたって現金を要求する不審電話が急増しており、県警は「震災で深まる地域や親子のきずなにつけ込んでいる」と注意を促している。

 同署によると、今回被害にあった主婦は7~11日、別居している三男の実名を語る男から電話で、「株取引のため金融業者から金を借りたが、震災の影響で株の利益が入らない。何とかならないか」などと現金を無心された。8~11日に指定された銀行口座に二十数回にわたって振り込んだという。

 県警によると、3~7月の不審電話は毎月1~3件だったが、今月1~11日に確認できただけで21件、これとは別に未然防止2件、被害5件計500万円あった。不審電話の特徴は、「風邪を引いて声が出ない」「携帯電話が壊れて修理している」などと話し、借金返済や不倫の示談金を名目に現金を要求するという。【蓬田正志】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110813ddlk07040193000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ワゴン車、電柱や消火栓に衝突・大破…5人死傷(14日)

14日午前1時5分頃、札幌市白石区川下3の道道で、5人が乗ったワゴン車が道路脇の電柱などに衝突して横転、大破した。

5人は市内の病院に搬送されたが、同市白石区、高田愛さん(22)が間もなく死亡、4人も頭を強く打つなどして重傷となった。

 現場は片側2車線。札幌白石署などによると、ワゴン車は左隣を走っていた軽乗用車に接触し、十数メートルにわたって道路脇の電柱や消火栓に次々にぶつかったという。5人は中学時代の同窓生で、ワゴン車は、同窓生らでカラオケをした後、車3台に分かれて走行していた1台。同署で事故原因などを調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速道路の渋滞解消、Uターンピークは14~15日(14日)

お盆休みの高速道路の渋滞は13日朝にピークを迎えましたが、現在はすでに大半が解消され、道路はスムーズに流れています。

 日本道路交通情報センターによりますと、14日午前0時現在、高速道路の上り下りともに、全国的に目立った渋滞はないということです。13日の早朝には、東北道で一時、最大71キロの渋滞となっていました。14日の午後から15日にかけてはUターンのピークを迎える見通しで、東北道の上りでは宇都宮インターチェンジ付近で40キロ以上の激しい渋滞が予想されています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本市で万引きし4人にけがをさせ指名手配の中国人容疑者とみられる男を佐賀県内で目撃(14日)写真あり

Nj2011081304_531

8月8日、熊本市で万引きしたあと警備員を切りつけるなどして逃走し、指名手配されている中国人の容疑者とみられる男が12日、佐賀県内で熊本県警の捜査員に目撃されていたことがわかった。
この事件は8月8日、熊本市内のスーパーで、万引きをして取り押さえられた男が、警備員や通行人、タクシー運転手など4人に刃物などでけがをさせ逃走したもの。
警察は、中国国籍の職業不詳・温徳軍容疑者(25)を指名手配し、行方を捜査しているが、12日午後4時半ごろ、温容疑者が以前住んでいた佐賀・基山町の交差点で、熊本県警の捜査員が温容疑者とよく似た男を発見し、声をかけようとしたところ、男は自転車で逃走したという。
男の服装は、事件当時の温容疑者の服装とほぼ同じだったという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00205394.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者外出制限:「鍵の預かり、市が了解」業者ら会見(14日)

大阪市の訪問介護業者が堺市のマンションに利用者を住まわせ、外出などを制限していたとして、市がマンションに立ち入り調査をした問題で、業者の役員らが13日、大阪市内で会見し、利用者の鍵や通帳を預かっていたことなどについて「市の了解を得ていた」などと説明した。しかし、市側は同日の会見で「(担当する)ケースワーカーに確認できていない」としながらも、業者側の説明内容を否定した。

 役員らは会見で、マンションに入居する利用者11人のうち7人の部屋の鍵を持っていると説明。鍵については「本人や家族から同意書をもらい預かったことはあるが、こちらから取り上げたことは一切ない」と話した。一部の入居者から預かっていた預金通帳に関しても「家族らから同意書も取っているし、すべて市に相談している。市の担当者に通帳も見せている」と述べた。

 認知症の入居者の部屋を中から開けられないようにしたことについても「市のケースワーカーから了解を得ていて、仕方がないと言われていた。今から考えるとやるべきでなかった」とした。非常階段にロープを張るなどしたことに対しては、「階段で転倒する人が多いのでやった」と述べる一方、「認識が甘かった部分もある」と、不適切さを一部認めた。

 堺市は業者の会見後、同意書について業者側の責任を回避した不適切な内容もあると説明。部屋の鍵を内側から開けられないようにしていたことについては「業者から連絡はあったが、何度も改善を申し入れてきた」と反論した。【内田幸一、三上健太郎】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110814k0000m040102000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

無免許診療の男性「法に抵触、裁かれるだろう」(14日)

 宮城県石巻市で医師免許を持たない男性が医師を名乗り、けが人の治療などをしていた問題で、この男性は13日、読売新聞の電話取材に、「法に抵触するから裁かれるだろう。近いうちに(警察に)出頭したい」などと話した。

 男性が市災害ボランティアセンターに提出した、実際にはない「医師国家資格認定証」は、大阪市の住民基本台帳カードをもとに「人に作ってもらった」と認め、「国は言えないが海外の医師免許は持っている」などと主張した。

 宮城県警は、医師法違反の疑いがあるとして捜査している。

 男性はボランティア団体代表の「米田きよし」と名乗り、同センターを拠点に活動。東京都町田市の民間団体の役員で「小児科医」と書かれた名刺も所持していたが、6月に外部から「医師ではない」との指摘があり、今月上旬から所在不明となっていた。

(2011年8月14日03時07分  読売新聞)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

テロ再発懸念、半数切る ニューヨーク世論調査(14日)

 ニューヨークの地元テレビ局「NY1」とマリスト大が13日までに発表した共同世論調査で、ニューヨーク市で再び大規模テロが起きるとの懸念を抱く市民が49%と、半数を切ったことが分かった。中枢同時テロ発生翌月の2001年10月に調査を開始して以降、最も低い数字。

関連記事

記事本文の続き ことし7月に行われた調査結果によると、ニューヨーク市で再び大規模なテロ攻撃が起きる可能性について、17%が「とても心配している」、32%が「心配している」と回答。一方、「それほど心配していない」が34%、「全く心配していない」は17%だった。

 「心配」「とても心配」を合わせた数字は、同時テロ直後の01年10月に73%を記録して以降、緩やかに下降。国際テロ組織アルカーイダ指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者が殺害された直後のことし5月の調査では、51%だった。(共同)

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤使用、確認できず 埼玉県警が逮捕女性を釈放(14日)

埼玉県警岩槻署は13日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、さいたま市岩槻区の無職女性(24)を12日夜に逮捕し、尿の鑑定で陰性だったため翌13日に釈放したと明らかにした。

 岩槻署によると、12日午後、「覚醒(かくせい)剤をやっているかもしれない」と知人が署に通報。自宅を訪れた署員に女性も「7月下旬に打った」と使用を認めた。署に任意同行し、尿の簡易検査で陽性とみられる反応が出たほか、腕に注射痕もあったことから同午後9時ごろ、女性を緊急逮捕した。

 ところが、科学捜査研究所の本鑑定で「陰性」と判明、13日午後0時半ごろ女性を釈放した。須田照男副署長は「適正な捜査に努める」とコメントした。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110813/crm11081321400016-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月15日 »