« 2011年8月4日 | トップページ | 2011年8月6日 »

2011年8月5日

2011年8月 5日 (金)

カード現金化はヤミ金、警視庁が摘発 (5日)

 社会問題化している「クレジットカードの現金化」商法ですが、警視庁が東京の業者について、ヤミ金にあたると初めて認定し、摘発しました。商品の購入を装い現金を渡す手口について、高金利での貸し付けにあたると判断しました。

 「(Q.違法性は?)違法性というのはないですよね」(クレジットカード現金化業者「キャッシュバックス」)

 クレジットカードのショッピング枠を利用し、現金を提供していた東京・台東区の「クレジットカードの現金化」業者、「キャッシュバックス」。元経営者の橋本幸治容疑者(41)が警視庁に逮捕されました。

 去年3月頃から千葉県の男性ら4人にカードのショッピング枠の現金化により、法定金利の最大およそ23倍で違法に金を貸し付けた出資法違反の高金利の疑いがもたれています。クレジットカードの現金化業者が出資法違反で摘発されるのは全国で初めてのことですが、摘発前、橋本容疑者の店は、「違法性はない」と次のように主張していました。

 「うちの指定のものを買って頂ければ、それに現金がついてきますので。(Q.何を買えばいい?)お客さん、現金が欲しいんですよね。ものは何でもいいわけですよね。金融ではなく、換金なので」(クレジットカード現金化業者「キャッシュバックス」)

 警視庁は、橋本容疑者の店が5年ほど前から全国750人に高い金利で金を貸し、およそ8000万円を売り上げていたとみています。

 「どれくらいいるんですか?と聞かれ、大体50万円くらい(と言ったら)『(合計)60万円くらい』と説明があった」(利用した女性)

 関西地方に住むこの女性は、インターネットで橋本容疑者の店を知り、子供の学費や生活費のため、50万円の現金を申し込み、結果としておよそ10万円の利息を支払うことになりました。すでに借金があり、消費者金融から融資を断られていたため、選択の余地はなかったといいます。

 「確かに(金利が)高いなというのはあったが、その時はそこしかなかったので・・・。どうしてもどこかで助けてもらいたい時に、 すぐ現金というのは魅力的」(利用した女性)

 いわゆる「借金難民」と呼ばれる多重債務者などをターゲットに、「新たなヤミ金」として急増しているというクレジットカードの現金化業者。背景には、去年、施行された改正貸金業法により、消費者金融から収入の3分の1を超える現金を借りられなくなったことがあるといいます。

 「突発的な理由で、お金が調達できなくなる。それでやむなくショッピング枠を利用するところがある。一種の“偽装闇金”。カードの現金化の利用者が増えている皮肉な結果になっている」(東京情報大学 堂下 浩 教授)

 取り調べに対し、橋本容疑者は、容疑を否認したうえで、「逮捕されるとは思わなかった」などと供述しているということです。警視庁は今後、クレジットカードの現金化業者の摘発を強化する方針です。(05日16:23)

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4793999.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

霊園に男性変死体 自殺と事件両面で捜査 岡山県警(5日)

5日午前10時半ごろ、岡山市東区草ケ部の「上道霊園」の駐車場に止まっていた車のトランクに成人男性の変死体があるのを、岡山県警の警察官が見つけた。車両が放置されているとの通報を受け調べていた。

 岡山県警は身元を岡山市の職業不詳の男性(35)と確認。目立った外傷はなく、自殺と殺人・死体遺棄事件の両面で捜査を進めている。

 県警によると、男性は車の名義人で1人暮らし。7月下旬に知人の女性と会って以降、行方が分からなくなっていた。車は国産の高級車で鍵は掛かっておらず、車内から衣服と携帯電話などが見つかった。

 現場はJR山陽線上道駅の北東約1キロの高台で、近くに団地や小学校がある。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110805/crm11080519430025-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5,6日単位・レベル)

子供の事件を防ごう

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

201107311414000

 夏休みの真っ盛り。毎日散歩していると幼稚園や保育園の夏期保育で元気に遊ぶ子供達の声が聞こえてくる。裏路地では数人で遊ぶ子供達、自宅の庭にビニールのプールを置いて遊ぶ兄弟…夏休みに入ってこうした子供達が被害者になる事件が発生している。地域を挙げて守る必要がある。

 神奈川・横浜市の小学校から8歳の男の子を連れ去り、17時間以上にわたって連れ回した37歳の無職の男(37)が、現行犯逮捕された。5日朝早く、およそ30km離れた大磯町の路上で、男の子と歩いているところを神奈川県警の警察官に発見され、未成年者略取の現行犯で逮捕された。

 小学3年の男児に「旅に出ようよ」と声を掛けて連れ去ったとして、未成年者略取の疑いで5日、横浜市旭区二俣川の無職の男(37)が神奈川県警旭署に現行犯逮捕された。

 なんとこれは、子供達を教育している先生が犯人だったとは…前日の4日午後1時前、小学校6年の女児(11)が歩いているところを果物ナイフ(刃渡り約10センチ)を突きつけ、「騒ぐな」などと脅迫。近くに止めた軽ワゴン車で連れ去る事件が発生した。

 幸い目撃した男性が110番通報。追跡中の同署のパトカーが現場から約400メートル離れた場所で車を発見し、停止を求めたがそのまま逃走。車はその後、現場から約1キロ離れた路地で、対向車と追跡してきたパトカーに進路をふさがれる形で確保されたという。女児は両手を粘着テープで縛られた状態で後部座席にいた。けがはなかった。調べると男は神奈川県川崎市立下布田小学校の教諭(33)で、わいせつ目的略取の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。

 子供達はいわば〝犯罪弱者〟。家庭の防犯意識は大事だが、なんと言っても地域社会に重要な役割が求められている。

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

刃物男、公園に宅配ピザ呼び現金奪う…逮捕(5日)

新潟市内の公園で7月、ピザ宅配の男性が刃物で脅され現金を奪われた強盗事件で、新潟東、新潟西の両署などは4日、同市秋葉区善道町、自称会社員藤原政基容疑者(29)を強盗容疑で逮捕した。

 発表によると、藤原容疑者は7月28日午後10時頃、同市東区船江町の山の下海浜公園駐車場で、同公園を配達先に指定して宅配ピザを注文。配達のアルバイト男性(25)に刃物を突きつけて脅し、現金約1万5000円とピザを奪った疑い。

 捜査関係者によると、3日夜、藤原容疑者から同市西区の宅配ピザ店に、区内の公園を配達先に指定した注文があり、店から通報を受けた署員らが、公園内で藤原容疑者を発見した。

 今月1日にも同市東区豊の会社敷地内でピザの配達員がナイフで脅されて現金とピザを奪われる事件が起きており、県警で関連を調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

放置車両のトランクから男性遺体 岡山の霊園(5日)

5日午前9時ごろ、岡山市東区草ケ部の「上道霊園」の所長を務める男性(65)が「駐車場に乗用車が放置されている」と交番に届け出た。岡山東署が調べたところ、車のトランク内から男性の遺体が見つかった。同署は死体遺棄容疑で男性の身元や死因、車の所有者などを調べている。

 同署によると、遺体は上半身裸で、背中に入れ墨があったという。車は霊園の第2区駐車場に数日前から止められており、届け出を受けた署員が午前10時半ごろ、車内にあったキーでトランクを開け、遺体を見つけたという。

 現場はJR山陽線上道駅の約1.6キロ北東の丘陵地で、近くには住宅団地もある。霊園近くに住む50代の男性は「霊園のほうには、地元の人でも用がない限りあまり行くことがない。こんなことがあるなんて」と驚いていた。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

NPO職員「路上で60万円奪われた」 大阪・泉佐野(5日)

5日午前9時ごろ、大阪府泉佐野市下瓦屋の路上で、同市内のNPO法人職員の男性(34)から「現金が入ったかばんを奪われた」と110番があった。泉佐野署によると、男性は歩いていて男にかばんをひったくられ、南約70メートルで追いついてもみあいになったが逃げられた。かばんには法人の経費など現金約60万円が入っていたという。男性はもみ合った際に手足に軽いけが。

 同署は強盗致傷容疑で捜査している。男は20歳くらいで中肉だったという。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110805/crm11080513570011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市旭区の小学校から8歳男児を連れ去った37歳無職男現行犯逮捕 17時間以上連れ回す(5日)

神奈川・横浜市の小学校から8歳の男の子を連れ去り、17時間以上にわたって連れ回した37歳の無職の男が、現行犯逮捕された。
無職の鷲田拓洋容疑者(37)は4日正午ごろ、横浜市旭区の小学校から8歳の男の子を連れ去ったが、5日朝早く、およそ30km離れた大磯町の路上で、男の子と歩いているところを警察官に発見され、未成年者略取の現行犯で逮捕された。
男の子にけがはなかった。
調べによると、鷲田容疑者は、ボランティアとして現場の小学校で行われていたドミノゲームのイベントを手伝っていて、参加者の男の子を連れ去ったあと、バスと電車を乗り継いで、大磯町まで連れ回していたという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00204820.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「旅に出よう」小3男児連れ去りの疑い 男逮捕(5日)

神奈川県警旭署は5日、小学3年の男児に「旅に出ようよ」と声を掛けて連れ去ったとして、未成年者略取の疑いで、横浜市旭区二俣川の無職、鷲田拓洋容疑者(37)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は4日午前11時55分ごろ、横浜市旭区の市立小から男児(8)を連れ去ったとしている。

 同署によると「連れ回したことは間違いない。途中でお菓子を食べさせた」と供述している。男児にけがはなく、同署が詳しい動機を調べている。

 小学校では4日午前9時ごろからドミノゲームのイベントが開かれ、鷲田容疑者はボランティアとして手伝っていた。正午ごろ、2人の姿が見えなくなり、夜になっても男児が帰宅しないため母親が110番。5日早朝、約30キロ離れた神奈川県大磯町で、路上を歩いている2人を警察官が発見した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110805/crm11080511540005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

金融商品取引めぐる詐欺が急増 (5日)

今年の上半期に発生した社債や未公開株など、金融商品の取引をめぐる詐欺の被害額が18億7000万円に上り、去年の同じ時期に比べ20倍近く急増していることが警察庁のまとめでわかりました。

 今年1月には、鹿児島県の女性が偽物の社債およそ9000万円分を購入させられるなど、1件あたりの被害額が通常の振り込め詐欺より大きいうえ、被害にあったことに気づかない人も多いとみて警察庁は注意を呼びかけています

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4793100.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:799件、被害17億6850万円 震災便乗も--1~6月 /東京(5日)

 ◇45件、5億6710万円増

 警視庁は3日、都内で今年1~6月に起きた振り込め詐欺の認知件数は799件で、被害額は17億6850万円だったと発表した。前年同期に比べ、45件、5億6710万円増えていた。東日本大震災に便乗して、「(被災して運ばれた)病院で新しい携帯電話をもらって番号が変わった」と電話を掛けるケースもあり、警戒を強めている。

 振り込め詐欺のうち、家族などを装って電話を掛けるオレオレ詐欺は743件だった。このうち、「警察官がお金を取りに行くので渡してほしい」などと高齢者らをだまして現金やキャッシュカードを取りに行く「手渡し被害」が、57・5%(427件)を占めた。金融機関が振り込み時の本人確認を進めるなどした結果、犯人が手口を巧妙化させている可能性が高い。

 オレオレ詐欺の被害者の約95%は60歳以上で、特に80~85歳の高齢者が目立つ。警視庁は、「警察官や銀行協会の職員がキャッシュカードを預かりに行くことは絶対にあり得ない」と呼び掛けている。【長谷川豊】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110804ddlk13040244000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:1億1000万円被害 社債購入話で中野の男性 /東京(5日)

中野区内の70代の無職の男性が6月、架空の社債購入話を電話で持ちかけられる振り込め詐欺被害に遭い、計1億1000万円をだまし取られていたことが野方署への取材で分かった。都内の被害では今年最高額とみられ、同署は詐欺容疑で捜査している。

 同署によると、男性の自宅には5月上旬ごろ、金属販売会社から社債購入を勧めるダイレクトメールが届いた。その数日後、大手商社マンを名乗る男から電話があり、この会社について「将来性があるので、社債を購入したら高値で買い取る」などと持ちかけられたという。男性は、同月末までに数回に分けて計1億1000万円を振り込んだという。

 男性が6月上旬、都内にあるとされた金属販売会社の事務所が実在しないことに気付き、被害届を提出した。【川崎桂吾】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20110805ddlk13040294000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

いじめ、昨年度2517件増…調査で実態把握か(5日)

 文部科学省は4日、全国の小中高校、特別支援学校を対象とした2010年度の「児童生徒の問題行動調査」の結果を発表した。

 学校が把握したいじめは前年度から2517件増の7万5295件となり、同省がいじめの定義を変更した06年度以降では初めて増加した。群馬県桐生市で昨年10月、いじめを受けていた小6女児が自殺したことなどから、いじめ把握のための児童生徒へのアンケートを実施した学校が前年度から24・5ポイント増加して90・4%となり、実態の“掘り起こし”が進んだとみられる。

 調査によると、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県を除く全国3万7183校の4割を超える1万5675校でいじめを把握した。児童生徒1000人あたりでは5・6件(前年度5・1件)だった。被災3県では、09年度把握されたいじめは2407件で全体の3・3%だった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

カードでの買い物装う「現金化商法」を初摘発(5日)

クレジットカードでおもちゃのネックレスなどを高い金額で売却した後、代金の8~9割をキャッシュバックの形で融資し、違法な高金利で金を貸したとして、警視庁は5日、東京都板橋区仲宿、飲食店経営・橋本幸治被告(41)を出資法違反(高金利)の疑いで逮捕した。

 クレジットカードのショッピング枠を悪用した「現金化商法」と呼ばれる新たなヤミ金商法の一種で、全国各地の消費生活センターにも多数の相談が寄せられていた。同庁によると、同商法の摘発は全国初という。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性宅に侵入の疑い、高校教諭を逮捕(5日)

埼玉県の私立高校の教諭がさいたま市内の20代の女性宅に侵入し、室内を物色したとして逮捕されました。

 住居侵入と窃盗未遂の疑いで逮捕されたのは、私立・埼玉栄高校の数学教諭、前田竜治容疑者(42)です。

 警察の調べによりますと、前田容疑者は今年5月下旬から6月上旬にかけて、数回にわたってさいたま市見沼区内の20代の女性宅に侵入し、室内を物色した疑いが持たれています。

 先月、さいたま市内で「不審者がいる」との110番通報があり警察官が警戒していたところ、デジタルカメラを持っていた前田容疑者を発見し、後日、カメラを解析した結果、女性の自宅にあったスケジュール表が映っているのが見つかり逮捕に至ったということです。

 取り調べに対し、前田容疑者は「下着などを取ろうと思った」と供述し、容疑を認めているということです。デジタルカメラには、ほかにも別の女性の下着や女性の着替え中の写真が数十枚、入っていたということで、警察は余罪を追及しています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4793202.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京消防庁、お盆やお彼岸などを前にろうそくの炎による火災に注意喚起(5日)

お盆やお彼岸などを前に、東京消防庁は、ろうそくの炎による火災への注意を呼びかけている。
東京消防庁が公開した実験映像を見ると、仏壇に供えられたろうそくの炎が、衣服に燃え移る様子がわかる。
ろうそくによる火災は2011年に入って、すでに30件発生し、4人が死亡している。
7月31日にも豊島区のアパートで、82歳の女性が死亡する火災があったが、原因はろうそくによるものとみられており、お盆やお彼岸などを前に、東京消防庁では注意を呼びかけている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00204779.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

仙台市職員、罹災届調査で被災女性にセクハラ(5日)

仙台市は4日、

罹災

(

証明発行のための調査先で被災者の女性にセクハラ行為をした男性職員(53)を停職6か月の懲戒処分に、上司1人を訓告処分とした。

 発表によると、男性職員は6月10日午前、同市若林区の女性宅で、罹災証明発行のための建物被害認定の2次調査後、女性にキスを迫るなどのセクハラ行為を行った。女性の家族が市に相談して発覚した。本来、被害認定業務は2人1組で行うが、この日は1人で調査に訪れていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

わいせつ目的で小6女児連れ去り容疑 小学校教諭を逮捕(5日)

わいせつ目的で小学6年の女児(11)を車で連れ去ったなどとして、警視庁は4日、川崎市立下布田小学校教諭、富山浩平容疑者(33)をわいせつ目的略取の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「女の子の裸の写真を撮りたかった」と容疑を認めているという。

 南大沢署によると、富山容疑者は4日午後0時55分ごろ、東京都八王子市内の路上で、歩いていた女児に果物ナイフ(刃渡り約10センチ)を突きつけ、「騒ぐな」などと脅迫。近くに止めた軽ワゴン車で女児を連れ去った疑いがある。

 連れ去りを目撃した男性が110番通報。追跡中の同署のパトカーが現場から約400メートル離れた場所で富山容疑者の車を発見し、停止を求めたがそのまま逃走した。富山容疑者の車はその後、現場から約1キロ離れた路地で、対向車と追跡してきたパトカーに進路をふさがれる形で確保されたという。保護した際、女児は両手を粘着テープで縛られた状態で後部座席にいた。けがはなかった。富山容疑者は、女児と面識はなかったという。

 川崎市教委によると、富山容疑者は2009年4月に採用され、現在は小学2年の学級担任をしていた。市教委は「校長からは、日常の教育活動に問題はなかったと聞いている。事実であれば大変申し訳ない。今後、事実関係を確認したうえで適切に対応したい」としている。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

防衛庁に標的型メール 狙われる機密(5日)

特定の企業や官公庁に不正プログラムを仕組んだメールを送り、機密情報を盗み出すサイバー攻撃「標的型メール」が防衛省経済産業省にも届いていたことが4日、わかった。安全保障や原発、軍事転用可能な物資の不正輸出などに関する情報が狙われている可能性があり、標的型メールの脅威が浮き彫りになっている。中国の関与が疑われるケースが目立っており、民間企業の被害も多いことから、関係当局は警戒を強めている。

関連記事

記事本文の続き 標的型メールは、開いたりすることで感染、強制的に外部のサーバーに接続。別のプログラムがパソコンに侵入してきて、機密情報を盗み出す仕組み。

 防衛省によると、他省庁の職員らに成りすまし、ウイルスが組み込まれたメールが数年前から職員に届いていた。その後も同様のメールが一定数、届いているといい、標的型メールと断定した。これまでに情報漏洩(ろうえい)は確認されていないが、「セキュリティーに関わるため詳細は明らかにできない」としている。

 同省は、不審なメールが届いた場合は開封せずに削除するよう指示。開けてしまった場合はLANケーブルを抜き、パソコン端末をサイバー防護分析装置にかけてウイルスの駆除を行っているという。

 経済産業省は昨年11月、複数の職員に標的型メールが一斉に送りつけられた。「最新資料」というタイトルで、実際にあった大臣と外国要人の会談を伝える内容だったことから、約20人が添付ファイルを開けてしまい、感染したという。ただ、情報漏洩はなかったとしている。

 機密情報を狙ったサイバー攻撃をめぐっては、米国の軍需産業で今年3月、2万4千点のファイルが流出する事件があったほか、各国で多数の被害が確認されている。

 経産省によると、大手メーカーや金融機関などに標的型メールの被害実態についてアンケートしたところ、攻撃を受けた企業は平成19年は5%だったが、今年は33%に急増。実際に情報を抜き取られた企業もあった。

 警察庁は4日、今年上半期に同庁の職員が受信した計29通の標的型メールの分析結果を正式に公表。不正プログラムによる強制接続先は中国が14通、韓国3通、不明12通。関係者は「多数のメールに中国が関与している疑いがある」と指摘している。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

電車で20歳女性の顔切りつける 容疑の男子高校生を逮捕 京都府警(5日)

4日午後7時50分ごろ、京都府木津川市のJR関西線の電車内で、同市の女性(20)が男に果物ナイフで顔を切りつけられ、軽傷を負った。駅員の110番で駆け付けた京都府警木津署員が傷害などの疑いで同市の男子高校生(17)を現行犯逮捕した。

 同署によると、高校生は座っていた女性を羽交い締めにするような格好で、切りつけた。高校生は「知り合いだと思い、脅そうと思った」と話している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110805/crm11080501000000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

公金不正受給の5割は暴力団絡み 大阪府警、資金源の可能性(5日)

「貧困ビジネス」など公金の不正受給事件を捜査している大阪府警不正受給事犯対策本部は4日、発足した昨年7月20日から1年間の摘発結果を発表。被害総額は約3億5010万円で、このうち暴力団組員や関係者が関与した事件の被害額が、全体の5割を超える約1億7650万円であることを明らかにした。

 同本部は「不正受給した公金の一部が暴力団の資金に流れている可能性がある」とみている。摘発した件数は52件で、暴力団や関係者が関わったのは約4割の21件。

 最も被害額が大きかったのは、雇用対策など国の融資制度を悪用した事件で計約1億5040万円。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011080401000899.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月4日 | トップページ | 2011年8月6日 »